子供の症状・発達

子供が大人しいから心配!人間関係や将来が気になるママへ

投稿日:2017年10月10日 更新日:

 

 

little-boy-1635062_640 子供が大人しいから心配!人間関係や将来が気になるママへ

 

娘の幼稚園の年長さんで、今年から小学生になるお友達がいます。そのお友達は男の子ですが、大人しい子。

 

自分の意見を言ったり、言い返したり、反発したりする事ができず、気が弱い所があり、お母さんが小学生になってからとても心配だとよく話をしていました。

 

今年、その子が小学生になり、やはり洗礼を受けてしまったようで、強い子に物を隠されたり、叩かれたりしてしまっていたようです。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

そのお母さんは、息子に「言い返しなさい!」「もっと強くなりなさい!」と言っているようなのですが、子供に「強くなれ」と言っても難しいのではないかと感じました。

 

しかし、親としては子供がいじめに合っていると知ったら、胸が張り裂けそうなほど苦しい思いをするでしょう。

 

できれば、そのような事態になる前になんとかしたいと思う親がほとんどです。

 

今回は、いじめに合うのではないかと心配してしまう位、大人しく気の弱い子供はどの様に対応すれば良いのかを考えてみたいと思います。

 

気が弱い=気が優しい

 little-boy-1635062_640 子供が大人しいから心配!人間関係や将来が気になるママへ

娘のお友達もそうでしたが、強く言えなかったり、自分の意見を言えなかったり、言いなりになってしまいがちな気の弱い子は、気の優しい子です

 

「〇〇は、弱いのではなく、優しい子なんだよ。」という事を子供に何度も話してあげましょう。

 

子供自身の中で、「言いたいことを言えない自分が悪いんだ」と、自己嫌悪に陥ってしまうと、余計に気持ちを伝えられなくなっていきます。

 

自分の気持ちを伝えなければ、「これ位なら大丈夫なんだ」と、相手の言動は段々とエスカレートしていってしまいます。

 

よく、短所は長所と言いますが、その通りで、弱点を弱点として自覚させるのではなく、良い方向に捉え自己肯定感を高めてあげましょう。

 

自己肯定感が高くなると、「自分がいけないんだ」という思考にならずに、嫌な事に対して「嫌だ」という意思表示ができるようになります。

 

*関連記事*

子供が「愛されてる」と実感できる言葉を伝えていますか?

自己効力感と自己肯定感|2つの感情を併せ持つ子供を育てる

☝こちらの記事も良かったらどうぞ!

 

相手の気持ちが分かる子に育てる

little-boy-1635062_640 子供が大人しいから心配!人間関係や将来が気になるママへ

 

気の弱い子に「強くなれ!」と言っても、なかなかそうはいきません。

 

実際、私がずっと気の弱い子供でしたが、(自分でも自分の意見を言わない、人に逆らわないと自覚していました)

 

当時、「言い返しなさい、もっと強くなりなさい!」と言われたとしても無理で、変わることなんて出来ませんでした。

 

私は小学生の時は、友達から嫌われる事を恐れ、ひたすら目立つ事を避け、人に意見するような事は言わず、強い子にはやたらに逆らわないという子供でした。

 

しかし中学入学後、部活のキャプテンをする事になり、嫌でも部員に指示を出したり、時には意見したりしなければならなくなった頃から、自分の中で何かが変わり始めました。

 

そこで学んだのが、意見を言う事は人から嫌われる要素ではないという事でした。

 

大切なのは、日頃の友達との付き合い方です。自分には厳しく、人には優しく、そして決して自分の得意な事をひけらかさないという姿勢を心掛けていると、周りの友達は評価してくれるものです。

 

私自身も、いつも怠けている人より、頑張っている人の方が好感が持てますし、憧れたり、ついていきたいと思います。

 

そして自分には厳しいのに、人の事を気に掛けてあげられたり、気遣ってあげられたり、助けてあげられたりする優しい人は人望も厚くなります。

 

更に自分の努力や、結果について自慢しない事で、人はその人の事を認めてくれるのではないでしょうか。

 

普段の生活の中で友達とそのような人間関係を構築できていたのならば、時に厳しい意見を言ったとしても反感を買う事はまずありません。

 

そのような人間関係を築く事ができる様に子供を育てたいですね。子供はママの分身ではないので、一筋縄ではいきません。しかし、ママにできる事があるとすれば相手の気持ちを考える事ができる子供に育てる事です。

 

その為には常に相手の気持ちを考えさせる、イメージさせる習慣が必要です。それは悪い事をした時だけに限りません。

 

例えば、私は「今日ママに歌を歌ってくれたね、ママはどんな気持ちで聞いていたと思う?」と聞いて、その後に「めちゃくちゃ嬉しかったよ、録音しちゃったよ」などと気持ちを伝え、ぎゅーとしてあげます。

 

すると娘は自分がした事によってママが喜んでくれたと嬉しそうな顔をします。

 

悪い事をした時に「入れてと言って駄目よと言われたら〇〇ちゃん、どんな気持ちだったと思う?」などと悲しい気持ちを想像させる事は大切です。

 

同時に、相手が喜んでくれると、自分も嬉しい気落ちになるとイメージする事が出来る様になれば、悲しい事だけでなく、相手の事を想って喜ばせてあげたい!という思いやりの気持ちも育まれていくのです。

 

スポンサーリンク

 

子供に安らぎの場所を与えてあげる

little-boy-1635062_640 子供が大人しいから心配!人間関係や将来が気になるママへ

 

自分の子供がいじめられたらどうしようと思う親は沢山います。しかし、子供の世界に親が手も口も出し過ぎる事はよくありません。

 

口を出し過ぎたり、何でもかんでも親が関わったりすると過干渉になり、子供が自分の力で人生を歩んでいく力が身に付きません。

 

子供には自分で転んで、自分で起き上がり、また歩き出す勇気をもって欲しいですよね。その為には難しいけれど、見守るという事も大切です。

 

例えば、「こういう事を言ったら嫌われるから言わない方がいいよ」などは良いアドバイスの様にも感じますが、子供が自分でそのように本心から思わなければ意味がありません。

 

子供が自分で「今日言ってしまった事で相手を傷つけてしまったな、嫌な思いをさせてしまったな」などと時には落ち込んだりして転ぶ事が必要です。そして、その気持ちを一つずつ乗り越える事が大切です。

 

親にできる事は、子供が落ち込んだ時に受け入れてあげられる場所を作る事です。思春期になると、子供はなかなか自分の思いを親に話してくれなくなりますが、子供が幼い内は何でも話せる環境を作ってあげましょう。

 

もし、嫌な事があった事を教えてくれた時にはまず、「ママに教えてくれてありがとうね」と伝えましょう。

 

そして、「一緒にどうすればよいか考えよう」と、一人ではない事、ママはいつも味方でいる事、どんな時もサポートしてあげるよという気持ちを伝えましょう。

 

決して話を遮ったり、ママが頭ごなしに「それは違うよ!」と決めつけたりしないで受け入れてあげて下さい。

 

幼稚園児であっても嫌な事はあるものです。嫌な事があった時に家にママに話をして安心できる環境を作ってあげて下さいね。

 

もしいじめにあってしまったら

little-boy-1635062_640 子供が大人しいから心配!人間関係や将来が気になるママへ

 

どんなに自分の子供を大切に育てていても、些細な事からいじめにあってしまう事もあるかもしれません。女の子に多いのが「人より目立つ子を排除したがる」という嫌な空気があります。

 

人より美人であったり、先生が大好きで先生にべったりする子であったり、勉強ができる子であったり、と嫉妬心からくる事が多いようです。

 

自分に特段いじめられるような理由もないのに、このような理不尽な理由でいじめの対象にされてしまうことが現実世界で起こっています。

 

もし自分の子供がいじめにあってしまったら、その時は子供だけでなく、大人も介入しても良い場面です。

 

一度いじめが始まってしまうと、子供達だけでは解決が難しい事がほとんどです。いじめた側、いじめられた側、どちらでもない人達、先生という大人が介入し、対処法を考えるべきでしょう。

 

ちなみに、いじめた子に謝らせて終わり!と表面上だけの対処で終わってしまう事も少なくありません。

 

もし、「いじめに合っている」と子供から打ち明けられた時は、打ち明けてくれた事を感謝し、上記でも述べましたが、絶対にママ達が守る!という気持ちを伝えてあげる事が大切です。

 

そして、いじめの実態を紙に残すという事が重要です。いつ、どこで、誰がをまとめておく、怪我がある時は必ず軽症でも病院へ行き、診断書を貰うなど紙で残しておくと先生も真剣に向き合ってくれます。

 

*まとめ*

いじめのない社会にしたい!と切に思わずにはいられませんが、大人になっても、いじめの存在はなくならず、人間は心がすさんでいる時にはいじめをしてしまうという現実があります。

 

のような社会の中でこれから荒波に揉まれながら成長していく我が子の将来を思うと不安になりますね。

 

特に気の弱い子、大人しい子を持つママは「大丈夫なのかしら」と、一度は思うのではないでしょうか。しかし、子供の世界は子供の世界でとても大切です。大人が入っていかない方が良い所も沢山あります。

 

大人は言われる前に入っていくのではなく、つねに見守っている姿勢が大切です。親が見守っていてくれているという安心感があるから、子供は子供の世界で戦ってこれるのです。

 

何もしない、放置するのではなく、見て、知っているけれど見守るという事です。親としては苦しい事ですが、子供にとっては大切な事ですね。

 

時には一緒に歩いてあげたり、手を支えてあげる事も必要でしょう。どんなに弱い子でも親が道を作ってしまってはいけません。

 

子供自身に道を作らせ、歩ませるために親は、常に子供を全力で見守ってあげましょうね。

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…

 

little-boy-1635062_640 子供が大人しいから心配!人間関係や将来が気になるママへ

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

-子供の症状・発達
-, ,

執筆者:

関連記事

脱ぽっちゃりさん!子供の肥満はダイエットするべきなの?

    自分の子供が周りの子供よりぽっちゃりしていると、太っている?肥満?と不安になってしまいますね。   私の子供達も、成長するにつれ、なんだかぽっちゃりしてきた様な& …

暑いけど、行く?行かない?夏の公園ライフを楽しもうよ!

  夏、子供を公園に連れて行きますか?熱中症、日焼け、虫刺されなど、心配することばかりで悩む所ですよね。   今回は、夏の公園の危険を考えつつ、その対策と必需品について、私の実体験から得たこ …

泣かないおとなしい赤ちゃん|サイレントベビーになってしまったの?

    「赤ちゃんは泣くのが当たり前」出産前は、そう覚悟していたのに…   産まれて育児を始めてみると、「あれ?なんだか思ったより泣かないな」、そう感じているママはいま …

怖い!子供を熱中症から守るためにママが知っておくこと

夏!熱中症対策の季節です   寒かった冬も終わり春が来たと思えば、あっという間に夏ですね!   元気一杯の子供達は季節に関係なく、外で遊ぶことが大好き!どんなに暑くても、外へ飛んで …

言葉が詰まる(ブロック)!子供のどもりが心配なママへ

  吃音(きつおん)は治るの?  子供の成長は本当に早いものです。毎日できる事が増えていき嬉しい気持ちで一杯ですが、それと同時に発育への不安もでてきます。

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む