乳児(0歳から)

赤ちゃんの激しい人見知り|祖父母になつかない場合の対処法

投稿日:2017年8月20日 更新日:

 

baby-443390_640 赤ちゃんの激しい人見知り|祖父母になつかない場合の対処法

 

子供が産まれると、おじいちゃん、おばあちゃんはとても可愛がり、頻繁に会いたがるようになります。

 

初めのうちは赤ちゃんも静かに抱かれているのですが、6か月過ぎた頃から抱っこされるとギャーギャーと激しく泣くようになって困った経験はありませんか?

 

人見知りです。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

人見知りはほとんどの赤ちゃんにみられる自然な現象で、順調に成長している証でもあります。

 

ところが、せっかく会いたがっていたおじいちゃん、おばあちゃんが近づくだけでも泣いてしまったりすると何だか申し訳なくなってしまいます。

 

どうして人見知りしてしまうのでしょうか?

 

また人見知りをしている間はどのような対応をとれば良いのでしょうか。今回は人見知りについてご紹介します。

 

人見知りは赤ちゃんの成長の証

baby-443390_640 赤ちゃんの激しい人見知り|祖父母になつかない場合の対処法

 

人見知りは生後6か月頃から始まる事が多く、2歳までには終わる子が多いと言われています。

 

赤ちゃんの成長は子供によって差が大きく中には3か月頃から人見知りをしたり、人見知り自体全くしない子もいます。

 

生後6か月頃になると赤ちゃんの脳が発達し、いつも一緒にいる人の顔を覚えられるようになっていきます。この成長が人見知りの原因です。

 

いつも一緒にいてお世話をしてくれるママの事を1番安心する対象だと感じるようになります。

 

反面、初めての場所に行った時やまだ認識できていない人がいる所へ行くと不安になり、安心の対象であるママの元へすがりよってくるのです。

 

よく知っている人と知らない人との区別がつけられるようになると、知らない人に対しては「怖くないかな」「意地悪されないかな」などの恐怖心がまず起こります。

 

しかし、人見知りとはただの「恐怖心」だけでなく、そこには「好奇心」も含まれていると言われています。

 

ですから、知らない人に近づいてみたい、だけど怖いというのが人見知りです。

 

このように、ママやいつも一緒にいる人以外の人が近づくと泣いてしまったり、顔をこわばらせたりする人見知りが見られるという事は、脳が記憶する事ができるようになってきているということです。

 

いつもお世話してくれる人とそうでない人を区別できるようになってきているという大きな成長の証なのです。

 

人見知り中の対応

baby-443390_640 赤ちゃんの激しい人見知り|祖父母になつかない場合の対処法

 

人見知りが始まるとママは外へ行く時も大変になります。赤ちゃんがママにべったりになり離れてくれなくなるからです。

 

成長の証だから仕方ないとはいえ、この状況が長く続くと大変です。特に祖父母の家に遊びに行く時は気を遣うようになってしまいます。

 

私自身、実家の近くに住んでいた事もあり、長女が1歳になるまでは毎日のように実家へ連れて行っていました。

 

ですから、私の親とは毎日顔を合わせており、人見知りで泣く事がありませんでした。

 

しかし、パパと義理の両親に対しての人見知りがかなりあり、義理の実家へ行くとずっと私が抱っこしていなければならなかったのです。

 

祖父母(義理の両親)に抱っこさせてあげられない申し訳なさで、体力的にも精神的にもかなり疲れる時期がありました。

 

この時期に学んだ人見知り中の対応をいくつかご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

① 義理の実家へ行く頻度を増やした

自分の親へ人見知りしているのであれば、まだ、「人見知りだから」で済ませることができます。

 

ところが、義理の関係だとただでさえ、お嫁さんの子供で手を出しにくい環境の中、泣かれてしまうと義父母は、なかなか近づきにくくなってしまいます。

 

嫁の立場からすると、とても申し訳なく思います。

 

人見知りは辞めさせるものでもありませんし、順調に成長している証である事は私も義父母も重々承知いているのですが、やはりがっかりしている様子がわかり、私も居心地が悪かったです。

 

ですから、思い切って義理の実家へ行く頻度を増やしました。

 

人見知りしているという事はまだ、おじいちゃん、おばあちゃんの顔を覚えていないという事なので、早く覚えてもらう為には沢山会いに行くしかないのです。

 

月に1回行っていた所を月に2~3回は行くようにしました。パパが土日しか休めないので、平日に子供と2人で行ったりもしていました。

 

この努力は子供にとっても、義父母にとっても良い方向に働きました。

 

子供も義理の実家の家に慣れ始め、義父母も子供に対して怖々接する態度がなくなりました。私も、子供を通して義理の両親と距離が縮まった様に感じています。

 

もし遠くに住んでいる関係であれば、スカイプなどテレビ電話したりして顔をみる機会を増やしてみてはどうでしょうか。

 

② ママが慌てない、いつもと同じ態度で

泣いたからと言ってママが慌てておじいちゃん、おばあちゃんから赤ちゃんを取り上げてしまうと、赤ちゃんも「この人は怖い人なのかもしれない」とインプットしてしまいます。

 

泣いても、「じいじだよ~」とか「可愛がってもらって良かったね」など笑顔で対応しましょう。

 

そうする事で子供も「ママが笑っているから大丈夫かもしれない」と少しずつ記憶していきます。

 

また、人見知りだからと言って泣く前からずっと抱っこしていたり、構えていたりするとそのママのいつもと違った態度や雰囲気は赤ちゃんに伝わるものです。

 

「人見知り中なんだから泣いても良し」という大きな心でいましょう。いつもと変わらない態度で接している事が赤ちゃんにとっても自然体でいられる環境になります。

 

③ 人見知り中である事を事前に伝えておく

祖父母には、赤ちゃんをいきなり抱っこさせるのではなく、「今凄い人見知りが激しいので」と前置きをしておきましょう。

 

そうすれば、そのつもりで抱っこできますし、泣かれても人見知りだからと心の準備ができているので、ダメージも少なくて済みますね。

 

④ 少しずつその環境に慣らしていく

初めから初めての場所、知らない人の環境に放り込まれたら誰でも委縮します。

 

まずはママが抱っこしたまま、赤ちゃんに「ここは、じいじのお家だよ」など笑顔で説明し、おじいちゃん、おばあちゃんと親しげに会話などして、その場所や人達が危険でない事を体感させてあげます。

 

徐々に部屋に座らせてみたり、抱っこしたまま、握手させてみたりと少しづつスキンシップを取るようにすると良いでしょう。

 

赤ちゃんの警戒心が解けたら自分から手を出し始めます。

 

⑤ 特定の環境にだけに引きこもらない

baby-443390_640 赤ちゃんの激しい人見知り|祖父母になつかない場合の対処法

 

これは私が反省している点でもあります。長女の時は初めての子だったので、不安も多く、家と私の実家の往復ばかりしていました。

 

ですから、私と私の親だけは顔見知りだけれど後の人に対しては警戒心が強い子になってしまっていました。

 

同年代の友達を作りに児童館へ行ったり、もっと外の世界へ子供を連れて行けば良かったと思っています。

 

長女は1歳になるまで初めての人に対して警戒心が強く全く口を利かないような子でした。

 

1歳過ぎて公園や児童館でママ友ができて、同年代のお友達とよく遊ぶ機会が増えると、良い影響を受け、自分から初めてのお友達にも声をかけて遊べるようになりました。

 

次女はその教訓から、初めから児童館や、友達との遊びに連れて行っています。

 

個性もあるのだとは思いますが、長女より遥かに場所見知りや、人見知りの程度が低く、少し慣らしてあげれば、環境に順応し、一人でスタコラとハイハイして遊びに行ってしまいます。

 

また、義理の妹が保育園の一時保育を頻繁に活用していますが、次女とほぼ同じ月齢ですが、誰にでもニコニコとしていて、人見知りや場所見知りが少ないそうです。

 

やはり家にいるだけでなく、沢山の人と接する事や色々な場所へ連れて行ってあげる事が、とても大切なんだなと感じています。

 

*まとめ*

人見知りは赤ちゃんにとって大きな成長の証です。

 

ママは大変な時期に差し掛かりますが、「ママ以外は嫌!」と言ってくれる特別な時期でもあります。

 

ママの人生の中でもこんなに誰かに必要とされて、頼られる時期はありませんよ。

 

私にとって、人見知りの時期は自分が一生懸命子供と関わった事による子供からの勲章のような感じがしてちょっぴり嬉しい時期でもあります。

 

いつまで続くのかと不安なママもいるかと思いますが、人見知りの時期は過ぎ去ればあっという間です。

 

順調に成長している子には必ず通る道だと、温かい目で見守りましょう。

 

そして周りの人には人見知りである事を理解してもらえるよう、説明し、傷つかないようフォローしておくと後から楽になります。

 

必ず人見知りが終わる時が来ますので、焦らず、ママも引きこもらないで外へ出て沢山の人に出会い、子供に沢山の経験をさせてあげてくださいね!

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…

baby-443390_640 赤ちゃんの激しい人見知り|祖父母になつかない場合の対処法

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

-乳児(0歳から)
-, , , ,

執筆者:

関連記事

授乳を終えるタイミングと方法|卒乳と断乳はどう違うの?

  赤ちゃんの離乳食が始まり、歩き出した頃、ママは、そろそろ授乳(母乳・ミルク)の卒業を考え始めますよね。 そこで浮かぶ言葉は、「卒乳」「断乳」。今回は卒乳、断乳の違いや断乳の時期、方法についてご紹介 …

二人目育児は幸せ?またイライラ、ストレスを感じそうで不安

    またイライラ?二人目の寝かしつけ   現在二人目の子を考えている、または、お腹に二人目の子がいる、そんなママは、一人目の子を産んでからこれまでの間、数々の苦労をさ …

赤ちゃんの誤飲|家庭内で事故が多いものと防ぐための対策

    ほんの少し前までは、同じ場所でずっと過ごしていた赤ちゃん。   次第に寝返りを打つようになり、身体を起こし始め、座ったりハイハイしたり…行動範囲が広くなっていきますね。 …

赤ちゃんがベビーカーに乗ってくれない!嫌がり泣く理由と対策

    街中で、ベビーカーを嫌がって泣きじゃくる赤ちゃんの姿を目にします。   周囲の目が気になり、大きな荷物を持ちながら赤ちゃんを抱きかかえるママの姿、他人事ではありません!   …

離乳食後期の赤ちゃんに卵・えび・そば・ハチミツは大丈夫?

    以前、生後6カ月の男の子が蜂蜜を摂取した事が原因で死亡したというニュースがありました。   赤ちゃんの母親は、「1歳未満の乳児にはハチミツは食べさせてはいけない」 …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む