乳児(0歳から)

へその緒の役割とその後(臍帯血の提供)取れた後の保管方法

投稿日:2017年8月30日 更新日:

 

family-2610205_640 へその緒の役割とその後(臍帯血の提供)取れた後の保管方法

 

へその緒は赤ちゃんとママを繋いでくれていた証です。お腹の中にいる時は、へその緒がなければ赤ちゃんは生きていけません。しかし、産まれた瞬間にそのへその緒の役割は終わります。

 

へその緒は大体生後1か月頃までには取れる赤ちゃんが多いようです。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんのおへそから取れたへその緒は、どうしていますか?今回はへその緒のその後についてご紹介したいと思います。

 

へその緒の役割

family-2610205_640 へその緒の役割とその後(臍帯血の提供)取れた後の保管方法

 

へその緒は、お腹の中の赤ちゃんにママから栄養や酸素を運ぶ役割があります。個人差があるものの、太さは直径1~2cm程度、長さは、約25~70cm程度あります。

 

お腹の中にいる赤ちゃんは自分自身で食べる事は勿論、呼吸もしていないので栄養や酸素を赤ちゃんに送る大切な器官といえます。

 

また、いらなくなった不要物や二酸化炭素をまたママの体に戻す役割もあります。赤ちゃんにとってへその緒とは、呼吸器や消化器官、泌尿器など人間が生きていく上で必要不可欠な役割を果たしているのです。

 

へその緒のその後

    臍帯血を提供する

family-2610205_640 へその緒の役割とその後(臍帯血の提供)取れた後の保管方法

 ■臍帯血バンクとは

臍帯血の提供に同意した妊産婦からの臍帯血を凍結保存し、移植を必要としている患者さんに提供する所です。

 

臍帯血は各「臍帯血バンク」と提携している産院でのみの採取となるため、提携している産科病院でしか提供する事はできません。

 

それは臍帯血の採取には厳しい決まりがあり、スタッフの訓練と産科病院との契約が必要となるからです。

 

臍帯血は、移植治療に使用するまでの間は凍結保存をする必要があり、また、移植を受ける患者さんの安全を確保するため、処理と保存には無菌管理が必要です。その為、産科病院と契約制になっているのです。

 

■各臍帯血バンク

 日本には以下の臍帯血バンクがあります。

 

・日本赤十字社北海道臍帯血バンク

・日本赤十字社関東甲信越臍帯血バンク

・一般社団法人中部臍帯血バンク

・日本赤十字社近畿臍帯血バンク

・認定特定非営利活動法人兵庫臍帯血バンク

・二本赤十字社九州臍帯血バンク

 

■臍帯血の採り方

出産後に胎盤と臍帯に残っている血液を採取するだけなのでママにも赤ちゃんにも全く痛みがなく、負担が掛かりません。

 

赤ちゃんは産まれてすぐに臍帯から切り離されますが、ママの体内に残っている胎盤と臍帯から臍帯血を採取する方法が一般的です。

 

臍帯血を採取するのにかかる時間は約2~3分程度で、その後すぐに後産と呼ばれる胎盤と臍帯を娩出します。ですから通常の分娩とほぼ変わらない時間と流れで安全に臍帯血を採る事ができるのです。

 

臍帯血バンクは、骨髄バンクに比べてコーディネートの必要がない事から移植までの時間が短くて済むという利点があります。

 

移植を希望している方の中には時間をかけられない病状の患者さんもいます。このような患者さんは臍帯血によって、移植を受けられる事もあるのでとても重要です。

 参考:造血幹細胞移植情報サービス

 

スポンサーリンク

 

保管する

 family-2610205_640 へその緒の役割とその後(臍帯血の提供)取れた後の保管方法

 

へその緒はママと赤ちゃんがつながっていた大切な証です。取れたへその緒は保管している人が多いのではないでしょうか。

 

日本では昔からへその緒は大切なものとして保管する風習があります。海外ではへその緒を保管する事はないようです。

 

しかしきちんと保管をしていないとカビが生えたり、腐ってしまったりする可能性があります。正しい保管の仕方をご紹介します。

 

■へその緒を保管する理由

 切っても切れない縁」を象徴し、お守りとして男の子は戦争へ行く時に手渡され、女の子はお嫁に行く時に手渡されました。

 

母親が亡くなった時に一緒に棺にいれると、子供を産む苦しみを経験している事からこの世での悪い行いも許されるという説があります。

 

自分が死んだ時に棺に入れてもらうと迷子にならずに母親と会えると言われています。

 

病気になった時にへその緒を煎じて飲ませると病が回復すると言い伝えられています。

 

子供が元気に大きく成長する事を祈って神聖な場所(仏壇や神棚)にまつります。

 

など様々な言い伝えや風習があり、へその緒を保管する事が日本では一般的になっています。

 

今は、このような風習を考えて保管している人は少なく、親子の繋がりとして大切に保管している人が多いのではないでしょうか。

 

いずれにしろ、へその緒はママと赤ちゃんを10か月近く繋いでいた大切な思い出には変わりありません。それ位、母親と子供は切っても切れない絆で結ばれているという事ですね。

 

■へその緒の保管

 ★しっかり乾燥させる

へその緒をガーゼなどの通気性の良い布に包んでよく乾燥させましょう。しっかり乾燥させないとカビが生えたり、虫がわくという事もあるようなので要注意です。

 

family-2610205_640 へその緒の役割とその後(臍帯血の提供)取れた後の保管方法

 

★専用ケースに入れて保管する

桐の箱がへその緒を保管するのに適しています。桐は湿度を低いままに保てる「恒湿性」という作用があり、通気性も優れているため、腐る事を防いでくれます。

 

また、桐には虫の嫌いな匂いがあり、「防虫効果」もあります。そして軽くて丈夫という点も保管に適していますね。

 

私は出産した病院で退院する時に桐の箱に入れてへその緒をいただきました。病院でも桐の箱を使用するのですから桐が一番適していると言えます。

 

*まとめ*

へその緒はママと子供がつながっていた大切なものです。子供が成長してくると、お腹にいた頃の事なんか忘れてイライラしたり、怒ったりする日ばかりです。

 

子供はママとつながってはいたけれど、同じ人間ではないので、考え方や生き方がママと違う事もあります。

 

わかっていても子供のする事には心配や不安がつきもので、つい口喧嘩が絶えませんね。イライラした時には子供がどれだけ愛おしく産まれてきたかを思い出してみましょう。

 

へその緒を子供と一緒に見ると子供にもママの気持ちが伝わるかもしれません。

 

私の娘は次女が産まれた時にへその緒にとても興味を持ち、触ったり、臭いを嗅いだりしていました。

 

そして「自分のあのぷにぷにしたもの(へその緒)も見たい!」と言ったので、出してあげると色も形も固さも思っていたものと違ったらしく「腐っている!」と怒っていました。(笑)

 

しかし「次女のへその緒も同じようになるよ」と説明すると、納得した様子で、自分のへその緒を大事そうに自分の宝箱にしまっていました。(その後、へその緒はその宝箱から回収しました)

 

娘なりに自分もママのお腹の中にいた事を実感できたようで、ママと繋がっていた証を見て嬉しい気持ちになってくれたようです。

 

この時、「時々へその緒を子供と一緒にみて生まれた時の事などを話す時間を作る事も大切にしなければ」と感じました。

 

へその緒はママにとっても大切なものですが、子供にとってもママを感じられる大切なものなのでしょう。

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…

family-2610205_640 へその緒の役割とその後(臍帯血の提供)取れた後の保管方法

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

-乳児(0歳から)
-, ,

執筆者:

関連記事

赤ちゃんの歩くまでの過程|立っちから歩くまではどのくらい?

     赤ちゃんがつかまり立ちをしだすと次に気になってくるのが「いつ歩くのか」という事。いよいよ我が子も歩くんだ~!とパパもママもワクワクしますよね。

歯ぐずりで機嫌の悪い赤ちゃんに歯固めでイライラ対策!

    生後6か月頃から下の前歯が生えてくる赤ちゃんが出てきます。ママやパパは、今か今かと待ち遠しいですよね。   ところが、歯が生えてきそうになると、赤ちゃんはむず痒くてご機嫌が悪くなった …

赤ちゃんの生活リズムはいつから?無理なく整える方法

    赤ちゃんは新生児期を過ぎると少しづつ起きている時間が増え、昼と夜の区別をつけ始めます。   その時に規則正しい生活リズムを整えてあげると、成長してからも自力で生活リズムを取 …

ベビーベッドはいる?いらない?購入を迷っているママへ

     赤ちゃんが産まれるにあたって様々な赤ちゃんグッズを買い揃えなければいけませんが、その中で買うか買わないか悩むものにベビーベッドがあります。   大きいですし、場所も取るの …

赤ちゃんを連れて夏のキャンプデビューしよう!

    夏!アウトドアの季節です。キャンプ魂が疼き始めます!   でも、赤ちゃんがいるご家庭は、キャンプなんてまだ無理、そう思われるママさんも多いと思います。

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む