乳児(0歳から)

赤ちゃんを連れて夏のキャンプデビューしよう!

投稿日:2017年5月2日 更新日:

 camping-605301_640-e1493695763153 赤ちゃんを連れて夏のキャンプデビューしよう!

 

夏!アウトドアの季節です。キャンプ魂が疼き始めます!

 

でも、赤ちゃんがいるご家庭は、キャンプなんてまだ無理、そう思われるママさんも多いと思います。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
 

 

赤ちゃんを連れてキャンプはできるのかな?

我が家の場合、上の子の時は1歳になるまでキャンプなんて考えもしませんでした。しかし、下の子の時は、生後7か月でキャンプデビューしました。

 

大変な事もありますが、いくつか気をつければママも子供も十分楽しめます。

 

今回は4ファミリー(4歳の子供4人、31人、21人、11人、7ヶ月1人の子連れ)でキャンプをした時に学んだ楽しむコツをお話します!

 

赤ちゃん連れキャンプで大変な事

赤ちゃんを抱いていないといけない

 

camping-605301_640-e1493695763153 赤ちゃんを連れて夏のキャンプデビューしよう!

 

キャンプで1番大変なのがテントの組み立てと撤収です。

 

ファミリーの場合、家族全員が入ることが出来る大きなテントを組み立てるので大人1人では無理です。少なくとも、大人2人の力は必要です。

 

そんな時に、歩けない赤ちゃんを連れていると、ずっとおんぶしていなくてはいけないので8キロ近くの重りを背負いながらテントを張る事になります。汗だくです。(笑)

 

もし、ベビーカーにお利口さんに座っていられる赤ちゃんでしたらベビーカーに座らせておく事をお勧めします。

 

けれどテント張りやタープ張りはそんな簡単にできるものではないので時間がかかります。その間ずっと静かに待っててくれる赤ちゃんは少ないです。

 

(2)赤ちゃんがウロウロする

 

camping-605301_640-e1493695763153 赤ちゃんを連れて夏のキャンプデビューしよう!

 

すでに歩いている赤ちゃんだとじっとしていてくれる時間は、ほぼありません。抱っこから降ろした途端歩きまわってしまうので目が全く離せなくなります。

 

キャンプ場はBBQの火や刃物など危ないものが沢山あるので、好奇心いっぱいの歩き出し初期の赤ちゃんにはとても危険ですので誰か必ず大人が付いて歩くようにしましょう。

 

(3)ハイハイ赤ちゃんは誤飲に注意

 camping-605301_640-e1493695763153 赤ちゃんを連れて夏のキャンプデビューしよう!

 

ハイハイする赤ちゃんは視線が低いので、地面の小石や枝、落とした食べ物など口に入れる恐れがあるので大人が目を離さないようにしなければいけません。

 

特に、モラルの低い人達の近くでキャンプする場合、タバコの吸殻、お酒の空きカンのなどが落ちている事もあるので要注意です。

 

(4)夜泣き

 

camping-605301_640-e1493695763153 赤ちゃんを連れて夏のキャンプデビューしよう!

 

キャンプ場の夜はかなり静かです。そんな自然の中での赤ちゃんの泣き声はかなり響きます。

 

スポンサーリンク
 

 

親子でキャンプを楽しむために

何家族かで行っている場合は役割分担をする

  赤ちゃんを抱きながらのテントの設営や撤収作業はあまり役に立たないので、その場合は他の家族の子供も含め子守役に徹する事です。

 

赤ちゃんのいない家族にテント系は任せてその代わりみんなの子供を見ている子守役は、ちょろちょろ動き回る子供達を持つ家族には必要不可欠な存在のため、かなり喜ばれます。

 

camping-605301_640-e1493695763153 赤ちゃんを連れて夏のキャンプデビューしよう!

 

テント設営役の人も子供を見ながらの作業より集中してできるので効率が良く早く作業が終わります。

 

今回のキャンプでは私の7か月の娘以外はみな歩いていたので娘をおんぶして2歳と1歳の子供の手をひき、4歳、3歳の子供が遊んでいるのをみていました。

 

3歳以上は話がわかるので、見えるこの範囲で遊んでいてと話せば大丈夫ですが、2歳の子は、わかってはいるけれど守れないという年齢。

 

1歳の子は、とにかく歩き回りたい年齢なので危険が伴うため、子守役は必要だなと感じました。

 

テント泊は諦める

 赤ちゃんが小さい場合はテントでの寝泊りをあきらめる事も大切です。自然の中の深夜はとても静かで赤ちゃんの泣き声は迷惑になってしまいます。

 

いつもはぐっすり寝てくれる赤ちゃんでも環境が変わると興奮したり、疲れたりして夜泣きをする事もあります。

 

万が一夜泣きをされたら、周りにも迷惑ですし、泣き止ませる為にママが疲れ果ててしまいます。

 

私の子供は普段から2時間おきに夜、起きて泣くので、テント泊は考えておらず、今回はロッジというコテージより簡易な木の家に泊まりました。

 

camping-605301_640-e1493695763153 赤ちゃんを連れて夏のキャンプデビューしよう!

 

ロッジはただ寝るだけの家なので冷暖房は完備されていませんでしたが、布団で赤ちゃんを寝かせる事ができるし、何より、夜、泣いても周りに気を遣わずに済むという大きなメリットがあります。

 

また、夏と言えども、場所によっては、夜は冷えます。赤ちゃんはまだ体温調節もうまく行えないのでできるだけ風のあたらない部屋で寝かせてあげた方が安心していられます。

 

4歳の上の子も冒険家になった気分のようでロッジの家をとても楽しんでいました。

 

デイキャンプを試してみる

 camping-605301_640-e1493695763153 赤ちゃんを連れて夏のキャンプデビューしよう!

 

キャンプはテント設営からBBQの準備、撤収と小さな赤ちゃん連れの家族には大変な事も沢山あります。

 

他の家族が一緒の場合は助けてもらったり、できる事をしたりしてキャンプを楽しむ事ができますが、家族だけで行くキャンプはハードルが高くなってしまいます。

 

そこで、泊まらないキャンプ=デイキャンプがお薦め!ピクニックの延長でお弁当に少しのキッチンツールを持ち込めばキャンプ気分を味わえます。

 

その場で焼いた目玉焼きなどだけでもピクニックとはまた断然違った楽しみ方ができますよ。

 

*まとめ* 

赤ちゃんを連れてのキャンプは今までと同じ様な楽しみ方ができない事もあります。

 

例えば夜までお酒を飲んだり、ずっと座って食べて会話を楽しんだりという事はなかなかできません。

 

私の場合、夜は、私がそばにいないとすぐ起きてしまうので一緒に横にならなければならなかったし、ずっと座っている事を嫌がるので立って抱っこしていたり、あやしていたり、ほとんど座る事はありませんでした。

 

私以外のママさん達も子供の食事の時間は戦争でした。

 

上の子達は勝手に食べたり飲んだりするので、飲み物をこぼしたり、お皿をひっくり返したり、びしょびしょになった洋服を着替えさせたり、ゆっくりと食事をする暇はありませんでした。

 

また、子供は食べ終わるとすぐ遊びに出かけてしまうので、どこで遊んでいるのか見ていなければなりません。今は昔より怖い時代なので放置して遊ばせておくわけにいかないからです。

 

camping-605301_640-e1493695763153 赤ちゃんを連れて夏のキャンプデビューしよう!

 

子供と一緒にいくキャンプは今までのキャンプとは全く違った楽しみがある事を知りました。

 

子供も思いっきり体を使って遊び、太陽の陽をたくさん浴びて、虫や、草木と戯れて、大いに自然と触れ合う事ができてとても楽しんでいました。

 

キャンプは、便利な日常と全く違った経験をする事ができ、子供にとっては刺激的な時間を過ごす事ができます。

 

今までと同じ事ができなくても、子供が喜んでいる姿を見る事がなにより嬉しいと思えるし、子供中心だといっても非日常の空間はママにとってもリフレッシュになります。

 

無理な事はしないで、できる事だけするキャンプ!赤ちゃんと一緒に気軽なキャンプも楽しいですよ。

 

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…

camping-605301_640-e1493695763153 赤ちゃんを連れて夏のキャンプデビューしよう!

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

-乳児(0歳から)
-, ,

執筆者:

関連記事

赤ちゃんが自分で座る時期はいつ?お座り完了の状態とは

    首が座り寝返りができるようになると次はお座りはいつできるようになるのかなと、パパもママも気になりだしますね。

赤ちゃんのスーパー銭湯・温泉デビュー!いつから入れるの?

    「日頃の育児の疲れを取りたい」そうは言うものの、そばには、まだ生まれたての赤ちゃんがいる。 そこで疑問に思う事が、いつから温泉やスーパー銭湯に行けるようになるんだろう?

赤ちゃんの英語教育はいつまでに始めるべき?必要ない?

  今、私の家には、丁度1歳になったばかりの次女向けに「英語教育を始めませんか?」と頻繁に電話が掛かってきます。   その方曰く、「英語は出来る限り小さいうちから始めた方が良い、英 …

傷だらけ!顔をひっかく赤ちゃん用の爪切りは必要?

    ツルツル・フワフワの新生児のほっぺがいつの間にか傷だらけ!驚くママの顔が目に浮かぶ様です。   顔をひっかく赤ちゃんのために「爪切り」は欠かせません。しかし、赤ち …

ベビーベッドはいる?いらない?購入を迷っているママへ

     赤ちゃんが産まれるにあたって様々な赤ちゃんグッズを買い揃えなければいけませんが、その中で買うか買わないか悩むものにベビーベッドがあります。   大きいですし、場所も取るの …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む