幼児 生活編

子供連れで図書館利用|うるさいと注意されないための心構え

投稿日:2017年6月15日 更新日:


reading-1156865_640-1 子供連れで図書館利用|うるさいと注意されないための心構え

 

子供に本を読んであげること、子供が絵本を見ることは、ママにとっても、子供にとっても楽しいことです。

 

小学校に入学するまでの子供の脳はとても柔軟で、目で見ることや、耳で聞くことから発想力や感情を学ぶことが出来ます。

 

小さな頃から沢山の本を読んであげたり、見せてあげたいですよね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
 

 

幼い頃から絵本の読み聞かせをすることにより、聞く力や集中力が身につきます。たくさんの絵本を読んであげたい!となると利用したくなるのが図書館です。

 

ただ、子供連れで図書館に行くとなると、ママは大変!色々な問題点も出てくるものです。

 

今回は図書館を利用するにあたって注意すべきことと、子供連れに最適な図書館選びをご紹介しますね。

 

図書館に子供を連れて行くこと

reading-1156865_640-1 子供連れで図書館利用|うるさいと注意されないための心構え

 

図書館は沢山の本があり、自分の借りたい本を選び、借りることが出来る場所です。ですが、実際に図書館に行ってみると、勉強や調べ物をしている学生さんや社会人の方が多くみられます。

 

選んだ本を読む事に限らず、多くの方が「静寂の場」を求めて図書館に集まっていると言えます。

 

その為、図書館では静かにするということは大前提となります。もちろん、それは言われなくても分かっているママは多いはずです。

 

ところが、子供の事となると、ママの立場とそうでない人達とでは、どうしても気持ちの温度差が生まれてしまいます。

 

中には、子供の何気ない動きだけでも目障り!うるさい!と感じてしまう人もいるのです。

 

その様な苦情を受けている図書館の職員さんは、子供に対して鋭い目を光らせています。決して「子供だから」と容認する訳にはいかないからです。

 

ママ友の1人から、こんな話を聞きました。

 

「初めて行った図書館で、子供(赤ちゃん)がぐずり始め、周囲の冷たい目が余りにも怖くて、外に飛び出したよ。それから、なんだか図書館に行きづらくなり、それ以来行ったことがない。」

 

子供には、沢山の本に触れさせてあげたい、と思うのが親心。でも本屋さんで購入となれば、膨大な費用が掛かります。図書館を利用しないなんてもったいないです。

 

せっかく、沢山のステキな絵本がある図書館、出来る事なら気軽に子供と足を運びたいものです。

 

他の方に迷惑が掛からないよう細心の注意を払い、子供の為にも存分に図書館を利用したいですね。

子連れで図書館を利用するにあたって

子供を連れて図書館に行くにあたり、公共のマナーを守ることが最も大切です。

 

「うるさいのは子供だから仕方がない」は通用しません。マナーを守るために注意すべきことをあげてみました。

 

★静かに話す

reading-1156865_640-1 子供連れで図書館利用|うるさいと注意されないための心構え

 

前述した通り、図書館では静かにしなくてはいけません。言葉の理解が出来る子供であれば、事前に声の大きさの確認をしましょう。

 

声の大きさを5段階で教え、3の声が普段の声であれば「1の声で話そうね」など声掛けをすると効果的です。

 

キッズコーナーが設けられている場合、同じ世代の子供達が集まり、比較的言葉も交わされていますが、普段通りという訳にはいきません。

 

図書館でのマナーを教える機会にもなるので声の大きさを気にするように意識付けをしましょう。

 

言う事を聞かない、または、乳児など言葉の理解が出来ない子どもが泣いたりぐずったりした際には、その場であやしたりせずに、すぐに一旦図書館から出るべきです。

 

★遊ぶ場所と思わせない

reading-1156865_640-1 子供連れで図書館利用|うるさいと注意されないための心構え

 

子供は、どんなに注意をしていても、気になるものが目に入ってしまうと走り出してしまうことがよくあります。

 

図書館には、大人よりも背の高い本棚がずらりと並んでおり、遠くを見渡せる環境ではありません。

 

そんな場所で走ることが、どんなに危険なのかということを子供に認識させましょう。

 

また、キッズコーナーが設けられている場合は、逆に要注意です。同じ世代の子供が集まる場所で、つい公園の様に気が緩んでしまい、ふざけて騒いでしまうことがあります。

 

図書館へ行く前に、公園との違いをしっかりと伝え、「遊びたいのなら、図書館へ行くのは止めて公園に行こう!」と気持ちを切り替えることを教えて下さい。

 

★子供の好き勝手を許さない

reading-1156865_640-1 子供連れで図書館利用|うるさいと注意されないための心構え

 

好奇心旺盛な子供は、何にでも興味を持ち触りたくなります。

 

その為、気になる絵本を次から次へと出しっ放しにする、検索端末をカチャカチャと操作する真似をするなんて光景をよく目の当たりにします。

 

大人は子供から目を離さないようにしましょう。

 

「借りたい絵本は決められた所へ入れる」「借りない本は元の位置に戻す」「絵本を探したい時は一緒に探す」等、事前に約束をすると良いでしょう。

 

基本的には大人が子どもから離れないことが1番大切です。何かあった時に、ママがすぐに対応できるように気を配っておくことが必要です。

 

スポンサーリンク
 

子供にあった図書館選び

reading-1156865_640-1 子供連れで図書館利用|うるさいと注意されないための心構え

 

図書館は各施設によって特色があります。事前に地域の図書館がどんな施設かHP等で調べておくことをお勧めします。

 

そして、子供に良さそうな図書館が見つかれば、事前にママだけで図書館に足を運んでみましょう。

 

事前に訪れた際、子供を連れて来た時のことをイメージして、我が子を連れて来ても大丈夫な雰囲気かどうかを確かめておきましょう。

 

その際に、カードの発行を済ませておくと子供を連れて行った時、すぐに本を借りることが出来ます。また、借りたい本も事前に調べておくと良いですね。

 

子供を連れて行った際は、出来る限り目を離さずに子供に集中できる様、事前に出来ることは済ませておきましょうね。

 

図書館へ行く時間帯、日取り

reading-1156865_640-1 子供連れで図書館利用|うるさいと注意されないための心構え

 

図書館に初めて子供を連れて行くのは、平日の午前中がお勧めです。子供を読み聞かせなどのイベントに参加させたい!そんなママの気持ちも分かります。

 

でも、まずは図書館は静かにする場所だという事を何よりも最優先に子供に教えなくてはいけません。 


イベントが開催されている時の図書館内は、普段よりもザワザワしています。初めて行った図書館がその様な場合、子供は「図書館はそういうもの」と勘違いしてしまいます。


比較的人の少ない平日の午前中に、図書館=静寂の場であることを体感させましょう。

 

最初のうちは、お腹が空いたり、眠くなればぐずる可能性も高くなるので、借りたい本だけ借りる等、短時間で済ませましょう。

 

図書館でのマナーが身についた後に、イベントに参加することをお勧めします。

 

*まとめ*

子供を図書館へ連れていくことはとても大変です。ある程度の予測はしていても、子供は予想外の事をしてしまいます。子供なので、それは当たり前のことですよね。

 

しかし、それは公共の場で容認される訳ではありません。周囲や職員の方に注意されることもあるかもしれません。うるさいと注意された時は、真摯に受け止め、謝りましょう。

 

ただ、逆に、職員さんに怒られてしまったからと言って委縮して図書館を利用しなくなる必要はありません。

 

子供が予想外の事をしてしまったとしても、それを迅速に対処するママの姿が何より大切です。

 

利用してこそ、子供にとっても大人にとってもマナーを学ぶ、そして教える機会になります。

 

図書館は、素敵な絵本に出会える場所です。せっかくの施設、存分に利用しましょうね。

 

子供さんの成長を心より願っています…

reading-1156865_640-1 子供連れで図書館利用|うるさいと注意されないための心構え

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together. 

 

 

 

-幼児 生活編
-, , , ,

執筆者:

関連記事

寂しい、怖い!子供が一人で寝れない|子供の一人寝は何歳から?

  子供は一体、何歳から一人で寝ることができるのでしょうか?   先日、同じ幼稚園のお友達が「もう一人で寝ている」という話を聞き驚きました。私の娘は到底まだ一人で寝る事が出来そうにないなぁ& …

挨拶する子供ってかわいい!挨拶しない子に育てないために

  挨拶してくれる子って大人から見ると本当にかわいいですよね! 元気に挨拶をしている子供に会うと、「明るい子だな」「健康的な子だな」「きちんとした子だな」「親のしつけがしっかりしてるんだな」 …

5歳児おねしょ|夜のオムツは漏れるほど大量!いつまで続くの?

     「ウチの子、もう5歳だというのに、まだおねしょするの。」…大きい声では言えないけれど、そう悩んでいるママは多いのです。   お昼はOK!なのに夜はおねしょとな …

もう知らない!突き放したくなるイヤイヤ期どこまで付き合う?

  イヤイヤ期は、もちろん成長の過程の1つであり、それもまた喜ばしいこと…ではありますが、毎日の事となると、ママだって人間です、イライラが爆発してしまう事もありますね。 &nbs …

早寝早起きのコツと効果|子供もママもメリットいっぱい!

    朝、早起きしていますか?   「寝る子は育つ」「早起きは三文の得」とよく言われるように、早寝早起きは大人にも子供にもメリットがたくさんあります。

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む