幼児 園・教育編

子供のわがままな性格は親のせい?対応次第で変わります!

投稿日:2017年5月29日 更新日:


girl-603157_640 子供のわがままな性格は親のせい?対応次第で変わります! 

育児をする上で最も頭を抱えてしまうこと、それは子供のわがままです。

 

言葉の発達、自我が芽生えてくることにより、わがままもエスカレートする一方です。特に初めての子供の場合は、どう対処するべきなのかと頭を悩ませますよね。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

子供は大人をよく見ており、大人の対応次第で子どもの対応も変わってきます。

 

今回は、子供のわがままについてどう対応するべきかまとめてみました。

 

こんな対応は逆効果

girl-603157_640 子供のわがままな性格は親のせい?対応次第で変わります!

 

◎子どもの言いなりになる

「お菓子買って!!」「まだ帰りたくない!!」「まだ遊ぶ~」などといったわがまま。最初は頑なに「ダメ」と言っていると、キーキーと奇声を上げたり、寝転がって駄々をこね出す子供も少なくありません。

 

出先の場合は、特に周りの目も気になるものです。大騒ぎをしている子供に対し、ついその場しのぎで子供の言う通りにしてしまいがちですよね。

 

その対応により子どもは“騒いでしまえば思い通りになる”と誤学習してしまいます。

 

一度味を占めてしまえば、どれだけ大人に注意をされても子供は言うことを聞かなくなってしまいます。周りの目も気になるところですが、“ダメなことはダメ”と心を折らず、ママの意志を貫いてください。

 

◎つい子どもに噓をついてしまう

先程と同様、その場しのぎで「あとで買ってあげるから」「帰ったらお菓子食べよう」と提案したにもかかわらず、後になって買わない、お菓子を与えないなんてことはありませんか?

 

子供は、よく覚えているため約束が果たされないことにより大人を信用しなくなります。約束したことは必ず守る、嘘をつかないことが大切です。

 

◎大人の言っていることがバラバラ

両親や祖父母が、子供に対し言っていることがバラバラになっていませんか?誰かが子供のわがままを受け入れてしまうと、子供は良悪の判断が付かず混乱してしまいます。一度、教育方針を家族で話し合い統一しましょう。

 

スポンサーリンク

 

こんな時はどうする?

girl-603157_640 子供のわがままな性格は親のせい?対応次第で変わります!

 

自分の意見が通らないことにより、子供は色んな手段を使って意見を通そうとします。子供のわがままの種類に応じた、実践して良かった対応をご紹介します。

 

◎まずは説明を

年齢によっては、なぜ子供の意見を通すことが出来ないのかを説明しましょう。子供の視点から見て理不尽なことは、子供も納得がいかないことがあります。

 

また、まだ言葉を理解できない子供にも分かりやすい言葉で説明をしてあげると良いでしょう。

 

◎奇声をあげたとき

意見が通らず、どうすることもできなくなった子供は奇声を発することが良くあります。大人もむきになり怒鳴ってしまいがちですが、そこはグッと堪えましょう。

 

「耳が痛いよ~」「声が大き過ぎて聞こえない」等、発している内容云々よりも、その声に対しての注意を払いましょう。

 

続けていく内に、そのやり取りが楽しくなって忘れてしまったり、「こうしても意見が通らないんだな」と、諦めが付いたりします。

 

◎寝転がってジタバタした時

出先でよく見られる光景ですね。子供を説得することなく、手を無理やり引いて行ってしまうママを見掛けることもよくあります。

 

まずは言葉で説得した後、それでもわがままを言うのであれば、「どうしようねぇ」と子供に問いかけてみましょう。

 

時間に余裕があるのであれば、子供の納得がいくまでその場で待機しましょう。子供も、後に引けないといった状況になりますのでタイミングを見て気を反らすような声掛けをすると効果的です。

 

◎泣きじゃくる

意見が通らず大泣きしている子供を宥め(なだめ)ようと話しかけても、ママの言葉が子供の耳に入っていないことが良くあります。

 

そんなときは「あっ!あれ見て!!」と気を反らせたり「なんで泣くのぉ~」と大人が泣きまねをしたりします。キョトンとした隙に話題を変えてみると泣き止み、切り替えが出来ます。

 

わがままを言い過ぎて、ヒートアップした子供は何に対して怒っていたのか忘れているケースが殆どです。まずは一度落ち着かせ、他の事に興味を持っていくと効果的です。

 

◎褒めることを忘れずに

わがままを我慢することが出来たら必ず褒めてあげましょう。ママは日頃、育児に追われて怒ってばかり、注意してばかりで褒めてあげることを忘れていませんか?

 

子どもは褒めてもらうことで嬉しくなります。褒められることにより自信にも繋がりますので是非褒めてあげて下さいね。

 

*まとめ*

 「ウチの子は、とんでもないわがままで、このまま大人になったらどうしよう。」「私が甘すぎるのかな?」逆に「厳し過ぎるのかな?」子供がわがままを言うたびにママは悩み、自己嫌悪に陥ってしまいますよね。

 

しかし、子供がわがままを言うことは決して悪い事ではありません。子供がわがままを言う時の大人の対応はとても大変ですが、わがままを言える環境があると言うことは、信頼関係が築けている証拠なのです。

 

わがままが言えない子供は自分の意見が言えず、嫌なことがあっても嫌と言えない、感情を押し殺してしまう性格になりがちで、将来的に辛い思いをしてしまいます。

 

子供は、わがままを発信することで、様々な経験をして我慢する力を身に付けます。ママは、大変な時期ですが、可愛い我が子の成長の過程と思い、乗り越えていきましょうね。

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…
girl-603157_640 子供のわがままな性格は親のせい?対応次第で変わります!

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

-幼児 園・教育編
-, , , ,

執筆者:

関連記事

夏休みの短期教室|幼児が習い事をスタートするチャンスです

    夏休み!習い事を始めるチャンスです  この春、幼稚園に入園して、親子共々、沢山の経験をしましたね。 なかなか園に馴染めず苦労したお子さん、朝の登園時、泣きじゃくる我が子に後ろ髪を引か …

幼稚園が決まらなくて不安!幼稚園選びの決め手とは?

    秋になると、幼稚園入園試験や願書提出と、慌ただしくなってきますね。   来年幼稚園に入園する子供を持つママは、この入園が決まるまでは落ち着かない日々が続きます。

子供の嘘の理由が願望や見栄を張るためだったとしたら

  子供のつく嘘を許せない!嘘をつく理由とやめさせる対処法 より続いています。   幼児期の子供にとっては何気ない嘘。ウソを嘘だとは思っていないことだってあります。それでも、我が子 …

ピアノの練習を嫌がる子供に親がしてあげられること

    「子供の習い事」何を習わせるか悩みますよね。   沢山やらせてあげたいけれど、毎日、習い事詰めは子供に良くない気もしますし、お金もかかり、親子共々大変です。 &n …

絵本の読み聞かせ、正直めんどくさいと思ってしまうママへ

   絵本の読み聞かせをしていますか?   「絵本は子供にとって、とても良いもの」それは、分かってはいるのだけど、どんな所が読み聞かせの良いところなんだろう。毎日の育児疲れで、「読んで!」と …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む