子供の症状・発達

脱ぽっちゃりさん!子供の肥満はダイエットするべきなの?

投稿日:2017年6月27日 更新日:

 

kids-835146_640 脱ぽっちゃりさん!子供の肥満はダイエットするべきなの?

 

自分の子供が周りの子供よりぽっちゃりしていると、太っている?肥満?と不安になってしまいますね。

 

私の子供達も、成長するにつれ、なんだかぽっちゃりしてきた様な…そんな不安をいつも抱えていて、食べる事に関して敏感になってしまっています。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
  

 

子供が太っている場合は、親が原因なのでしょうか。「太っているかもしれない」と感じた時は、ダイエットをすべきなのでしょうか。

 

今回はそんな子供の肥満についてご紹介します。

 

子供の肥満の原因

 kids-835146_640 脱ぽっちゃりさん!子供の肥満はダイエットするべきなの?

 

最近の子供は昔に比べ、肥満傾向の割合が2~3倍に増えているという調査結果があります。なぜそのような結果になってしまったのでしょうか。

 

★食生活の変化

和食中心だった昔に比べ、欧米化が進み、食事内容が高カロリーになっている事が考えられます。

 

また、食事だけでなく、おやつもポテトチップスやチョコレートなどの高カロリーな市販品が子供は大好きですね。

 

ママも市販のお菓子はお手軽で、ついササッと子供に与えてしまいがちです。

 

★運動をあまりしない

食しているものが高カロリーになっている上に、外で遊ばず、部屋の中で遊ぶ子供が増えている現状があります。

 

子供が幼い時は親の意向で公園に連れて行くより、室内遊具のある建物を好んだりしてしまう事が考えられます。

 

★生活が不規則

 親の都合で食事の時間や就寝時間が遅くなっている、または決まっていない事もあります。

 

このような不規則な生活や食生活の影響などにより子供の肥満が増えていると考えられます。

 

太りやすい時期

 kids-835146_640 脱ぽっちゃりさん!子供の肥満はダイエットするべきなの?

 

人生には3度太りやすい時期があると言われています。この太りやすい時期というのは脂肪細胞が増える時期の事です。 

 

    胎児期

出生前2~3か月前に妊婦であるママが肥満になっているとお腹の中の赤ちゃんも栄養が過剰になってしまいます。

 

これが産まれた後の肥満の原因となってしまうのです。肥満は遺伝といわれるのはここにあります。

 

    乳児期

乳児期から幼児期にかけては脂肪細胞が大きくなるだけでなく数が増えていきます。

 

この脂肪は一度増えると減らす事が難しく、さらに、脂肪細胞が大きくなってしまうと、脂肪の吸収も増えるため、太りやすい体質になってしまいます。

 

この事からも小児肥満が問題になっており、この時期の太り過ぎには要注意なのです。

 

    思春期

ほとんどの場合、乳児期で太っていると、それを引き継いでしまい、思春期でもさらに脂肪細胞を増やしてしまう事があります。

 

ダイエットをしたとしても脂肪細胞の数は減らない為、気を付けた生活をしなければまた太ってしまうという事です。

 

スポンサーリンク
  

 

子供の肥満による影響

 kids-835146_640 脱ぽっちゃりさん!子供の肥満はダイエットするべきなの?

 

子供が肥満になっているとどのような影響がでてくるのでしょうか。

 

■生活習慣病になりやすい

肥満を放っておくと、生活習慣病になってしまいます。生活習慣病とは大人がなるイメージですが、子供であっても肥満になるとそのリスクが高まります。

 

■不登校になりやすい

太っている事が原因で、見た目にコンプレックスを抱き、不登校になったり、いじめの原因になってしまう事も考えられます。また、体が重いと運動能力も低下し、外遊びも苦痛が生じてしまう事も考えられます。

 

■怪我をしやすい

肥満は筋肉や骨に負担をかけてしまい怪我をしやすくなってしまいます。特に膝や腰には負担がかかりやすく、骨折しやすかったり、腰痛やぎっくり腰になりやすい体質になってしまいます。

 

子供が肥満にならない為の対処

kids-835146_640 脱ぽっちゃりさん!子供の肥満はダイエットするべきなの?

 

 子供の肥満には沢山の悪影響があります。まだ幼く、親が食事などをコントロールできる内に肥満を解決しておく必要があります。

 

しかし、成長盛りの子供にダイエットをさせる事には抵抗があるママがほとんどではないでしょうか。

 

子供の場合、食事を減らすだけのダイエットは、成長を妨げたり、集中力や体力の低下にもつながります。無理なダイエットをするのではなく、食生活や生活習慣を見直してみましょう。

 

親が管理できるうちは肥満は改善できます。

 

●早寝、早起き、規則正しい生活を心がける

●3食、バランスのとれた食事を心がける

●おやつは量や時間を決める

●外で沢山遊ばせる

 

このような生活を心掛けてみて下さい。無理な事をすると逆にストレスになってしまったりもするので、あくまで子供の様子を見て無理のないレベルで始めて下さいね。

 

*まとめ*

子供の肥満の原因は、運動不足と食べすぎ(高カロリー摂取)がほとんどです。生活習慣の乱れや偏った食事になってしまう事は、子供自身では変えられません。

 

子供の肥満は親がコントロールできる反面、大人の生活ペースに子供を合わせすぎると逆に肥満にさせてしまう事にもなりかねません。

 

まずは、親である私達自身が生活習慣を見直してみましょう。そして、大人は日々仕事などで疲れていて外で遊ぶ事に抵抗がある人もいるかもしれません。

 

しかし、一緒に遊ぶ時にはゲームやスマホで遊ぶのではなく、是非一緒に外に出て、遊んであげてください。

 

子供の頃の肥満は大人になっても引き継いでしまう事が細胞レベルでわかっています。今ならまだ改善できる時期です。

 

もし「肥満かもしれない」と感じているのであれば、大人が無理なく管理してあげる事も子供の将来の為であるといえるでしょう。

 

「肥満の原因は遺伝だけではないこと」を生活習慣を通して、子供達へと引き継いでいきましょうね。

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…

kids-835146_640 脱ぽっちゃりさん!子供の肥満はダイエットするべきなの?

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

-子供の症状・発達
-, , ,

執筆者:

関連記事

小学生の歯ぎしりの原因は?10歳の子供が銀歯になりました

    真夜中に、「ぎぃぎぃぎぃぎぃ…」何事かと飛び起きました!隣りでスヤスヤと眠っている小学生の娘、安眠している様に見えて口の辺りだけが少し動いてます。   …

子供の大きないびき!原因から分かる良いイビキと悪いイビキ

    お子さんは夜、スヤスヤと眠っていますか?   まさか、こんな小さな子供が?!と耳を疑う様ないびき!本人は何も知らず幸せそうに寝ていますが、ママとしては心配ですよね …

自閉症の子供が同じクラス(普通学級)にいた場合の理解

  自閉症の子供との向き合い方について考えた事はありますか?   例え、我が子が自閉症ではなくても、普通学級には自閉症の症状を抱える子供が在籍している場合があります。   …

また?毎朝がっかり!子供のおねしょが続く原因と治す方法

      オムツはとっくに卒業しているのに、おねしょの回数が多くて困ってしまう。   いつまで続くの?寝る前の水分は控えたいところだけど、これから夏になるにつれて脱水症状が心配になりますね …

病気なの?頭に多量の汗をかく子供と汗をかきにくい子供

   常に体を動かして過ごす子供達。 夏になると、頭から水をかぶったように汗をかいて家に帰ってきます。

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む