中学生 生活編

家の手伝いをしない中学生の息子と娘を変えるのは母次第

投稿日:2017年7月16日 更新日:

 8c4a1bcaea2da64b4796ad2e71ad6123_s 家の手伝いをしない中学生の息子と娘を変えるのは母次第

 

子供さん、お手伝いしていますか?

 

「中学生にもなれば当然でしょ。」というご家庭もあれば、「子供は塾や部活で忙しいから、それは求めていない。」そんなお家もあるのでは。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

昔と今の中学生

8c4a1bcaea2da64b4796ad2e71ad6123_s 家の手伝いをしない中学生の息子と娘を変えるのは母次第

 

随分と昔の話に遡りますが、源氏物語や白虎隊、古い物語や史実の中で中学生は大人です。しかし、当初の日本人の寿命は40代で現在の半分でした。

 

アニメのお話になりますが、「サザエさん」の磯野フネさんは連載当初、49歳の設定だったという説もありますが、現在は52歳くらいとのことです。

 

かつおが小学5年生(11歳)わかめちゃんが小学3年生(9歳)なので、高年齢出産ではありますが、昭和の初期の50代前後の女性の代表的なタイプです。

 

しかし平成の今、あんなに老けて見える50歳はいませんし、むしろ40代の女性は昔に比べると、良く言えば若い、悪く言えば幼いんですよね。

 

それと比例して、今の中学生は、「家を支えるために仕事をしなさい」「家族のためになることをしなさい」と言われてもピンと来ないどころか、お手伝い一つでも憮然とした顔になります。

 

それだけ子供達の多くが「幼く」なってきているのです。

 

お手伝いする子供の共通点

8c4a1bcaea2da64b4796ad2e71ad6123_s 家の手伝いをしない中学生の息子と娘を変えるのは母次第

 

私の知人は小学生の娘に、中学受験の勉強も熱心にさせている一方で、家のトイレ掃除は娘の仕事と、任せていました。

 

少し驚きましたが、彼女は「女の子がトイレ掃除くらいできないと、いくら勉強ができても意味がない」と言っていました。彼女は、医学部へ進学し、現在研修医になっています。

 

また、近所の方は「お小遣いは月1000円、それ以外は窓ふき10円、ゴミ捨て10円…」とお手伝いに応じてお小遣いを増額するという約束を子供と決めていました。今では日本で一番の大手会計事務所に勤務しています。

 

私は特に強要はしていませんでしたが、大学院に行っている息子は、高校生の頃から、私が仕事で家にいない日の昼食は自分で作ります。

 

中学生の頃から焼きそばや、カレーくらいは作りますし、時々凝った料理も作っています。私がどうしても忙しい時は、食器洗いもしてくれます。

 

私の先輩の子供達もそうでした。母親が幼少の頃から仕事を持っていると、自然と家事をするようになり、こういった家庭の子が、小学生の頃から、洗濯物の取り込み、ゴミ捨てをする姿を良く見ます。

 

お手伝いを自然にする子供の家庭には共通点があります。

 

お母さんが外で働いていることで自然とそうせざるを得ない環境にいたこと。また専業主婦のご家庭の場合は、子供が小さな頃からお母さんが根気強くお手伝いを任せていた、ということです。

 

スポンサーリンク

 

継続は力なりなのです!

8c4a1bcaea2da64b4796ad2e71ad6123_s 家の手伝いをしない中学生の息子と娘を変えるのは母次第

 

何れにしても長く積み重ねてきた経験の下、子供達は自然にお手伝いが出来るのです。

 

一方、これまでお手伝いを継続的にしてきたことのない中学生にとっては、いきなり「中学生なんだから少しくらい家のことやってよ!」とお母さんに言われても、いきなり「高校生の問題を解きなさい」と言われる位、難解なのです。

 

中学校の勉強は、すべての人生の基礎なので、すべての教科が大人になって絶対に必要になります。

 

中学受験のために4教科の勉強さえできればいい、高校受験、大学受験のために5教科ができればいいと、家庭科や保健体育をないがしろにしている子供達がたくさんいます。

 

その様な子供達の中には、家のお手伝いをしたことがない子が大勢います。

 

しかし、クラスや学年の中で本当に優秀な子に聞くと、家のお手伝いをきちんとし、音楽、美術、保健体育、技術家庭も真剣に取り組みます。要するに勉強もお手伝いも継続が力を発揮するのです。

 

*まとめ*

これまでお手伝いの習慣のない中学生に継続的にお手伝いをさせることは、そう簡単なことではありません。それはお母さん次第と言っても過言ではありません。

 

中学生は、何に付けても「面倒臭い」年頃です。イヤな返事が返ってきても想定内!諦めずに根気よく声掛けをしていく。毎日のお母さんの声掛け一つで変わってきますよ。

 

中学生にとって、部活や塾はとても大切な時間です。だからといってお手伝いをしない、できないという理由にはなりません。

 

大人になる過程を少しずつ歩んでいる中学生にとって、家庭内での責任を担うこともとても大切なことです。今からでも遅くありません。お手伝いの習慣つけてみませんか?

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…
8c4a1bcaea2da64b4796ad2e71ad6123_s 家の手伝いをしない中学生の息子と娘を変えるのは母次第

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

-中学生 生活編
-, , , ,

執筆者:

関連記事

「ムカつく」と拒否されそう!中学生の親はどこまで介入する?

    中学生のお子さんは、親に悩みを相談してきますか?   反抗期を迎えていて、言葉すら交わさない子もいるかもしれませんね。自分はどうだったかな?!振り返ってみると、思春期のお悩 …

父親が嫌いな息子・娘|そうなるまでには様々な訳があります

  幼い頃は「パパ大好き!」と仕事から帰ってくる父親を心待ちにしていた息子や娘も、中学生にもなると、やけによそよそしく、父親を「嫌い!」と思う子が増えていきます。   思春期が理由 …

太ってる?!思春期に体型を悩み始めた中学生向け食事管理法

  中学生になると体型を気にする子供達が出てきます。   「なかなか背が伸びないなぁ」「あの子に太ってるって言われた!」そのために、ダイエットに興味を持つ女の子も出てきますね。

勉強・将来・部活・友達|中学生は最も悩みの多い時期です

    中学生のみなさんは、今どんなことに悩んでいますか?   友達のこと、勉強のこと、将来のこと、部活のこと…そして家族のこと。中学生は、人間が一生の中で、一番「悩みを持つ」とい …

「月がきれい」から学ぶ中学生がスマホを持つことの責任

  今期話題になっているアニメーション「月がきれい」という番組、ご存知ですか?舞台は埼玉県の川越市。中学生の子供達の何気ない日常を描いています。 月がきれい(2017年4月放送開始)

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む