中学生 勉強編

勉強しないとどうなる?やる気のない中学生に親ができること

投稿日:2017年7月21日 更新日:

boy-645410_640 勉強しないとどうなる?やる気のない中学生に親ができること

 

いつもダラダラとしている子供を見ると、「やる気あるの?」と聞いてしまいますよね。「勉強しなさい!」は、親も先生もつい言いたくなる言葉です。

 

中でも一貫校や付属校は中学と高校の先生が同じ場合もあり、「この子がこのまま高校になってしまったら…」と考えると、つい口にしてしまう先生も多いようです。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

私も自分の子供が中学生の頃には、かなりきつく言っていました。

 

特に宿題をやらない、いつもぽーっとしていた上の子には、事あるごとに言いました。なぜなら「やる気」を起こして欲しかったからです。

 

今回は、親や先生の言葉が子供達の勉強のやる気に繋がるの?このままやる気を出さずに勉強しない日々が続いたら…そんなお話です。

 

 

高校生になれば「自業自得」

boy-645410_640 勉強しないとどうなる?やる気のない中学生に親ができること

 

教師の立場として、中学生を相手にする時と、高校生を相手にする時では、多少厳しさを変えています。

 

中学生の場合、中2で落ちこぼれると、修正が難しくなるため、現在の中学2年生には、今が4年後(大学受験)に繋がることを何度も伝えています。

 

一方、高校生の場合、かなりシビアになります。

 

「やる気がないなら、辞めていいよ。ここは大学に進学するための勉強をしに来ている子が集まっている学校だから。」と。

 

比較的、進学実績の高い高校の先生達がよく言う言葉です。

 

高校生にもなって授業を妨害する子はもちろん、授業中に居眠りをしている子、提出物を出さない子。

 

中学生には細かく指導しますが、高校生になれば一度言ってもダメな場合は、「自業自得」と判断します。

 

困るのは自分自身

boy-645410_640 勉強しないとどうなる?やる気のない中学生に親ができること

 

高校でのサボりや落ちこぼれは、そのまま大学受験に直結しますので、やる気がなければ困るのは自分自身です。

 

さらに大学は、良い大学へ行けば行くほど、大学の先生は細かく学生に指導はしません。

 

自分がサボったり、やる気がなければ、単位を落とし、留年、退学はもちろん、卒業のためのゼミにも希望するところには入れない、そして就職にも悪影響が出ます。

 

この様に、最後に困るのは学校でも先生でもありません。子供自身なのです。

 

中学生の大切な時期

boy-645410_640 勉強しないとどうなる?やる気のない中学生に親ができること

 

これらの事から、中学1,2年生が将来に繋がるとても重要な時期と言えます。

 

丁度、反抗期の時期も重なり、親や先生の言う言葉を素直に受け入れられないかもしれません。それでもこの時点で「気がつく」ことが出来た子はこれから伸びます。

 

スポンサーリンク

 

やる気がシフトする

boy-645410_640 勉強しないとどうなる?やる気のない中学生に親ができること

 

子供の頃はボーっとしていたり、好きな事だけをして伸び伸びと育ったのに、高校、大学とぐんぐんと伸び、勉強に力を発揮して医者や研究者になった人もいます。

 

しかし、こういった人は「伸び伸び」と「自分勝手」を区別して育っています。

 

あまり「勉強しなさい!」と言われていないけど、家の手伝い、運動などでけじめや我慢、努力を学んでいる子です。

 

普段ダラダラとしていても、いざやる時になると「集中」し、結果を出します。

 

子供の頃からチームの主力を任されていたり、子供達グループのボス的存在で、周囲の子供に対する責任を担っていたり。

 

中でも運動ができる子に、勉強のできる子が多いのはそのためです。

 

中学までは運動に向かっていた「やる気」がある日を境に勉強にシフトします。すると、どんどんと学力が伸びます。

 

「これ!」と決めたことには、とことん集中するタイプなので、コツコツと日頃からの努力を見せません。

 

そのため、「この子は本当にやる気があるの?」と思われてしまうタイプです。

 

しかし、いざ集中が勉強に向いた途端に「やる気」モードになります。

 

このタイプの場合、どれだけ「勉強しなさい!」と口にしても無駄で、本人次第です。むしろ、うるさく言うのは逆効果かもしれません。

 

「何か一つ」を見つける

boy-645410_640 勉強しないとどうなる?やる気のない中学生に親ができること

 

運動が苦手、ケガをさせたら困る、と思っていても、子供にとっての「何か一つ」を見つけて下さい。

 

サッカーや野球のようにチームでは難しいと思ったら、水泳でも武道でも体操でも良いです。ダンスや吹奏楽、合唱も良いです。

 

何かに「やる気」を見せる子はいずれ他の事にも、一生懸命になります。

 

そして、必ず他人の大人(厳しいほどいいです)の指導を受ける体験をして下さい。泣いて「○○先生は厳しいからイヤ!」と言っても、そこから学ぶことは計り知れません。

 

*まとめ*

やる気がなくて困る…のは、先生でも、お母さんでもありません。最後は自分です。しかし実際は、子供自身が気づいた時にはもう遅い、なんてことも多々あります。

 

そのためにも、小さい時から「勉強」以外のことでやる気が出ることを一つさせてみて下さい。中学生の今からでも遅くはありません。勉強以外の何かを見つけて下さい。

 

「今更」と勉強だけに目を向けてしまうと「やる気」どころか、「自分勝手」な大人になってしまいます。

 

他人の話を聞く、目上の人を敬う、周囲に目が届く、我慢ができる子は、塾や家でガツガツ勉強をしなくても、基本をしっかりと抑えることができます。

 

その基本が行く行く、将来の大きな夢を描いた時に大きな力を発揮するのです。

 

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…

boy-645410_640 勉強しないとどうなる?やる気のない中学生に親ができること

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

-中学生 勉強編
-, , , ,

執筆者:

関連記事

ナンバーワンになりたい子供!親にとって子供はオンリーワン

    中学生の間に実施される様々なテスト、もちろん結果が良いに越したことはありません。   誰だってテストで良い点数を取りたい!上位を目指したい!口には出さなくったって …

好きな教科だけ勉強したい!嫌いな教科は拒否する中学生へ

    中学生の子供さんの好きな教科、嫌いな教科を知っていますか?優秀で「全ての教科が好き」と言ってくれれば、親も嬉しいのですが、そんな子は珍しいですよね。   「勉強す …

できる子を真似よう!中学生の勉強法<英語・数学・国語編>

  勉強ができる子の真似をしよう! 勉強はその子供によって、様々なやり方がありますが、子供達の中で、勉強ができる子!の特徴は、几帳面な子が多いことです。

実は泣くほど不安!高校受験に1歩踏み込めないでいる中学生

    中学三年生の子供さんは、夏休みに部活を引退し、そろそろ高校入試が現実味を帯びてきているのではないでしょうか。   初めてのお子さんの場合は、家族も初めての「高校受 …

塾に行っても家庭教師を雇っても勉強しない、伸びない中学生

   中学生の親の世代(昭和の頃)の小学生の習い事と言えば「そろばん」「ピアノ」「お習字」でしたが、子供達の世代(平成になってから)は「英語」「スイミング」「学習塾」が挙げられます。小学生でさえも、塾 …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む