子供の症状・発達

子供が目を細める、どもりが気になる!チック症と吃音の違い

投稿日:2017年6月4日 更新日:

 toddler-667300_640 子供が目を細める、どもりが気になる!チック症と吃音の違い

 

子供が日常生活の中で、目を細めていたり、パチパチしていたり、明らかにおかしいと思われる動きや話し方をしていたらチックかもしれません。

 

チックは、幼い頃には誰にでも現れる可能性がありますが、大半の人は成長とともに消失していく事が多いのでそこまで心配しなくてよい症状です。

 

しかし中には消失していかず固定化、慢性化して劇症化していってしまう事があります。これがチック症です。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
 

 

幼児期にみられるチックのうち、1年以内に治まってしまうものを一過性チック、1年以上続くものを慢性チックといいます。

 

体のチックに加えて声の出てしまう音声チックが1年以上続くものをトゥーレット症候群と呼びます。幼少期によくみられるチックは、一過性・発達性チックがほとんどです。

 

チック症の症状

 toddler-667300_640 子供が目を細める、どもりが気になる!チック症と吃音の違い

 

チックの症状は運動性チックと音声チックに大きく分けられます。

    運動性チック  

まばたきや、顔を歪める、鼻を動かす、口をすぼめる、首ひねり、肩を上下させたり回す、手を振る、ジャンプ、スキップ、足踏み、足けり

 

    音声チック

咳払い、単純な音声、複雑な発声、汚言(バカ、死ね、くそババア、卑猥な言葉)、単語の連発

 

チックの種類

 toddler-667300_640 子供が目を細める、どもりが気になる!チック症と吃音の違い

 

一過性チック:4週間以上~12カ月で改善します。

 

慢性チック:12カ月以上チックが続き、3カ月以上連続でチックが治らない状態

 

トゥレット症候群:慢性チックと同様の持続期間で、運動チックと一つ以上の音声チックがあります。40%以上に注意欠陥・多動性障害(ADHD)を合併する事があります。

 

チックの原因

 toddler-667300_640 子供が目を細める、どもりが気になる!チック症と吃音の違い

 

以前は親の厳し過ぎる教育方針や、家庭環境がチックの主な原因とされていましたが、現在ではそうではないと言われています。

 

しかし精神的ストレスによって悪化していってしまうなど、環境が症状を進行させてしまう事があるのは事実です。

 

現在チックの原因と考えられているのは、脳の神経伝達物質であるドーパミンやセロトニンの異常分泌だとされています。

 

そしてチックを意識し過ぎたり、周りが強制的に直させようとしたり、からかわれたりすることでストレスがたまり、症状が悪化していってしまう事があります。

 

また、近年、遺伝的であるという事も言われています。遺伝的な原因としては低出生体重や妊娠時の喫煙があげられています。

 

また、環境による原因もあり、強い不安や疲労によってチックの症状は悪化します。ストレスが多い環境の中ではチック症を発症しやすいと言えます。

 

チックの対応

toddler-667300_640 子供が目を細める、どもりが気になる!チック症と吃音の違い

 軽度の場合

心身のストレスによる負担を減らすようにしましょう。まずは親が子供自身にチックを認識させないようにしてみて下さい。

 

親だけでなく、周囲の人にも理解してもらい指摘などしないようにお願いしておくと良いです。

 

なぜなら、チック症は周囲が正しい理解をしていないと、癖やふざけているなどと思われてしまい、注意を受けることが多々あるからです。

 

ですからチック症のある子供が円滑に日常生活を送れるように周りの大人の助けや協力が不可欠です。

 

重度の場合

薬物療法が有効となります。重度というのは、学校や家庭においてチックが原因で障害が出てしまう状況の事です。

 

音声チックで奇声をあげてしまったり、症状が不安で登校拒否になってしまった場合は、薬物療法をする事となります。

 

症状が長期化したり悪化していく場合には、小児科や精神科を受診する事をお勧めします。

 

スポンサーリンク
  

 

どもり(吃音)とチックの違い

toddler-667300_640 子供が目を細める、どもりが気になる!チック症と吃音の違い

 

どもり(吃音)とチックは似ている所があり、判断に困る場合があります。どちらかで対応にも違いが出てきますのでここでは両者の違いをご説明します。

 

どもり(吃音)

主に、言葉や発音に症状が現れます。言葉が詰まって出てこなかったり、言葉の頭の文字を連続して言ったりする症状が出ます。

 

症状が進むにつれて随伴運動という詰まる言葉を勢いで出そうとして足踏みをしたりするような体の動きも見られますが、基本は言葉に症状がでます。

 

どもり(吃音)はそこにどもってしまうという意識があり、発音に関する症状です。

 

チック症

一方、チック症は無意識で、発音や言葉の他に動きなど多くの症状があります。

 

また、どもり(吃音)は言葉が続いてしまう連発の他に言葉が詰まって出てこないという難発という症状がありますが、チックは言葉に関しては繰り返しのみです。

 

体験談から

toddler-667300_640 子供が目を細める、どもりが気になる!チック症と吃音の違い

 

 娘は幼い頃から吃音があり、時にはチックも出る事があります。

 

吃音については、しゃべり始めてからずっと気になっていましたが、子供は大人に比べて言葉が流暢に出てくる訳ではないのでよくある症状だと初めは様子をみていました。

 

しかし、ただ単語が未熟なのではないと感じ始め、地域の療育センターへ通いだしました。

 

どもり(吃音)に関する体験談はこちらの記事をご覧下さい。

言葉が詰まる(ブロック)!子供のどもりが心配なママへ

 

チックの症状は、娘の場合は精神的に負担がかかった時に出るようです。一度目は、私が下の子を妊娠中に切迫早産で入院した時に目をパチパチさせるチックがでました。

 

二度目は下の子が産まれてからしばらくした時に鼻をならすチックがでました。

 

どちらも気が付いた時から不安に思っていましたが、指摘せず、見守る事を徹底し、娘の事を大切に思っている事を何度も伝え、スキンシップを増やすようにしたら気が付くとチックは消失していました。

 

吃音は完治は無理でも改善はできますし、チックは原因がわかっていればそのストレスを軽減させてあげる事で消失させる事もできます。

 

しかしどちらも子供の精神状態によっては再度、出てきてしまうかもしれません。

 

■親が子供のそういった症状を受け入れる事

■無理に改善させようとしない事

■吃音、チックがあっても子供を愛している事には変わりがない事

 

これらをしっかり自覚し、愛情を注いで子供と接している事が何より重要だと学びました。

 

*まとめ*

チック症は軽度の場合、瞬きなど一見癖のようにみえますが、癖ではなく精神疾患です。ですから無理にやめさせようと強く止めたり、過度に注意したりするとストレスがたまり、増々悪化していってしまいます。

 

子供にあった治療や対応をしていく事が大切です。しかしチック症は大人になるにつれて消失していく事がほとんどなので、子供にチックかもしれないと思われる症状が出ても、まずは落ち着て子供を見守りましょう。

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…

toddler-667300_640 子供が目を細める、どもりが気になる!チック症と吃音の違い

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

-子供の症状・発達
-, , ,

執筆者:

関連記事

泣かないおとなしい赤ちゃん|サイレントベビーになってしまったの?

    「赤ちゃんは泣くのが当たり前」出産前は、そう覚悟していたのに…   産まれて育児を始めてみると、「あれ?なんだか思ったより泣かないな」、そう感じているママはいま …

好き嫌いが激しくてイライラ!子供の偏食は怒るべきなの?

     子供の偏食についてお悩みですか?   「野菜を食べない」、「決まったものしか食べない」、「離乳食は食べたのにある時期から食べなくなった」など、沢山のママが悩まれています。 &nbs …

暑いけど、行く?行かない?夏の公園ライフを楽しもうよ!

  夏、子供を公園に連れて行きますか?熱中症、日焼け、虫刺されなど、心配することばかりで悩む所ですよね。   今回は、夏の公園の危険を考えつつ、その対策と必需品について、私の実体験から得たこ …

子供が大人しいから心配!人間関係や将来が気になるママへ

      娘の幼稚園の年長さんで、今年から小学生になるお友達がいます。そのお友達は男の子ですが、大人しい子。   自分の意見を言ったり、言い返したり、反発した …

子供の大きないびき!原因から分かる良いイビキと悪いイビキ

    お子さんは夜、スヤスヤと眠っていますか?   まさか、こんな小さな子供が?!と耳を疑う様ないびき!本人は何も知らず幸せそうに寝ていますが、ママとしては心配ですよね …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む