小学校受験

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

投稿日:2017年4月20日 更新日:

father-1633655_640 小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

 

子供の受験、だけど、親の受験

 

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。

 

と言いたい所ですが…

 

頑張っているのはママの方だけ!受験のことは何かと妻任せで、呑気に構えている夫にハラハラ(イライラ!?)しているお受験ママはいませんか?

 

スポンサーリンク

 

子供のお受験、夫婦一緒に力を合わせて!と思っていても、仕事を理由に非協力的なパパ。そんな夫の姿をもどかしい思いで日々過ごしているママもいるのでは?

 

それでも、入試本番は着々と近づいています。特に、ママとパパには、重要なことが待っています。それは、

 

願書記入 と 面接 です。

 

いつも我が子を影で支える立場のママやパパが本領発揮する場面です。そんな時こそ家族一丸となって頑張りたいものですよね。

 

今回は、面接でのパパの重要性を我が家の経験も含めお話していきますね。

 

面接の形は色々あります

面接の組み合わせは以下のような種類があります。

 

■保護者のみの面接(両親または、どちらか)

■保護者と子供の面接(親子面接)

■子供のみの面接

■親子面接と子供のみの面接

 

これらの面接が、一家族のみで行われる個別面接と複数の家族で行われるグループ面接に分かれます。

 

一般的に、保護者と子供(親子)が、一家族のみで行われる個別面接が大半です。

 

国立小学校受験の際は、面接はほとんど行われていません。どの形の面接かは、学校によって様々ですので、事前調査が必要です。

 

我が家が私立小学校を受験した際は、御多分に漏れず、一家族のみで行われる親子面接でした。

 

 

面接への心構え

father-1633655_640 小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

 

父親は最重要人物です!

「なんとかなるよ」そんなパパもいらっしゃいます。

 

ところが、何の準備もなしに、面接当日を迎えることは、あまりにも無謀です。特に、幼児教室などで、面接の重要性を把握しているママに比べて、パパは軽視しがちです。

 

ところが、このパパに一番頑張ってもらわなければならない場面でもあり、パパが成功の鍵を握っていると言っても過言ではありません。

 

子供の良い所、言えますか?

子供に対して愛情一杯のパパであっても、いざ「お子様の良いところを説明して下さい。」と質問されても、なかなか子供への愛情だけで、それを説明することは困難です。

 

father-1633655_640 小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

 

面接の場面で、ただ、「我が子は可愛くて、可愛くて・・・」そう発言するだけではお話になりません。

 

面接での質問は、学校によって大きくは決まっているものの、突然想定外の質問をされることもあります。

 

そんな時には、戸惑ってしまい、頭が真っ白になってしまうパパは大勢います。事前の準備(練習)は必要不可欠です。

 

父親の士気を高めましょう

我が家が通っていた幼児教室の場合、事前準備として、願書記入の説明や、質問シートにそれぞれのご家庭の返答を記入する作業がありました。

 

普段、子供と接することの多いママにとっては、子供のごく普通なことでも、パパが把握出来ていないことは往々にしてあります。

 

面接は願書の内容に沿って進められることが多いので、願書記入を敢えてパパに任せるなど、意識的に「パパの士気を高める」必要があります。

 

子供は正直者なのです

パパの休日の過ごし方も重要です。日頃、お仕事であまり子供と関わりのないパパの印象は、休日によって大きく変わります。

 

father-1633655_640 小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

 

面接時に、「休日は、お子様とどのように過ごされますか?」という質問に、たとえパパが取って付けた様に、

 

「子供とは、よく遊びに出掛けます。」

 

と答えたとしても、子供さんに同じ質問が向けられた際に、「お父さんは家で寝ています。」と答えれられてしまうかもしれません。

 

子供にウソをつかせる訳にはいきません。

 

日頃、お父さんが意識的に子供さんと関わりを持っていれば、子供にとってはとても印象が強く、ふいに質問されても潜在的にあるものを口にするものです。

 

何も、お休みの度に外出をする必要はありません。

 

少しの時間がある度に、リビングで本を読んであげる、お風呂では幼稚園の話を聞いてあげる、寝る前には歌を歌ってあげる、など習慣化すれば、面接時に質問された際に、

 

「パパはいつも、あの場所で、あれをしてくれる!」

 

と子供は瞬時に思いつき、目をキラキラさせて話し始めるものです。

 

father-1633655_640 小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

 

取って付けた様な、ウソではなく、本当にパパがしてくれることを話している子供さんの表情を学校側は求めています。

 

*まとめ*

親子面接 への心構えをお話しました。とは言え、思いつくのは、パパのことばかり。本当は、子供の進路を夫婦2人、対等に考えていけるに越したことはありません。

 

ところが、パパは仕事優先、そしてママが受験優先というご家庭が圧倒的に多いのが現状です。

 

そのために、ママとパパの間で、受験準備の重要性に温度差が生じてくるのも無理はありません。

 

決して、どちらが正しいとか、どちらが間違っているという問題ではありません。

 

「受験する」と夫婦で決めた以上は、力を合わせて乗り越えなければならない壁です。はい、それは、大変です!

 

もしその大変さを、ママが一人で抱えているのなら、可能な限りパパに意識を向けて頂きたいと願っています。

 

少しでもお力になれたら幸いです。

 

心から合格を祈願しております。

 

スポンサーリンク

 

 

father-1633655_640 小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

-小学校受験
-, ,

執筆者:

関連記事

小学校受験|いつから準備する?塾の流れ春夏秋冬

  小学校受験はいつから準備を始めれば良いの?   子供を私立小学校(または国立小学校)に入学させたいとママやパパが受験を考え始める時期は、各ご家庭様々です。   生まれ …

子供をのびのびと育てたい!小学校は私立、公立どちらを選ぶ?

  ママやパパが公立小学校を卒業して、何の問題もなく学校生活を過ごしてきたから、我が子にも公立小学校の道を…と考えていたご夫婦。

小学校受験|親子面接いよいよ本番当日!母親の役割とは?

      小学校受験|親子面接いよいよ本番当日!父親の役割とは? より続いています。 パパへの質問が一段落すると、今度は、ママの方へ質問が向けられます。

小学校受験|男の子も女の子も入学試験時の服装はどうする?

    小学校受験の時期… 毎年、秋、ほとんどの私立小学校が受験を迎える季節です。どんな服装で臨んだら良いのだろう。心配になるママやパパも多いかと思います。

小学校受験|親子面接いよいよ本番当日!父親の役割とは?

  小学校受験|失敗しない親子面接の準備(両親・子供編) より続いています。   いよいよ面接本番!当日のことをお伝えしますね。こちらでは、出発~主に「父親の役割」をご紹介していき …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!子供がすぐ怒ってふてくされる心理と親の行動

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

子供が父親を嫌い始める「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む