幼児 園・教育編

子供のつく嘘を許せない!嘘をつく理由とやめさせる対処法

投稿日:2017年6月8日 更新日:

 kids-421148_640 子供のつく嘘を許せない!嘘をつく理由とやめさせる対処法

 

「嘘つき!」この響きからも、嘘をつくことはとても悪いイメージがありますよね。私自身、当然幼い頃から嘘は悪いことだと教わってきました。

 

親の立場になった今、子供にも嘘をつかないで欲しい。素直で正直な子に育って欲しいと思っています。

 

しかし最近、子供が些細な嘘をつくようになってきました。あなたは子供が嘘をつく事を許せますか?

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク
 

 

子供のつく嘘にはどんな意味があるのでしょうか。「嘘はいけないこと!」と決めつけて、厳しく叱るべきなのでしょうか。

 

子供に「嘘は絶対についてはいけない!」と言ったところで、成長と共に嘘の内容は変化(進化?)して、もっと上手な嘘がつけるようになってくる事でしょう。

 

きっと振り返れば「可愛い嘘」だったな、と思えるものです。しかし、どんな時期でもやっぱり親として子供も嘘を許すことはできません。

 

この先、ずっと嘘はなくなりません。必要な嘘もあります。ただ、平気でウソをつく子には、なって欲しくありませんよね。

 

幼少期に嘘をつく事を覚えだした子供に対して、どのように対処したら良いんだろう。私と同じ様な悩みを持つママさんはきっと多いのではないでしょうか。

 

今回は子供が嘘をついた時の対処法をご紹介します。

 

子供が嘘をつく理由とその種類

 子供がつく嘘には様々な種類があります。子供は一体、どんな時にどんな種類の嘘をつくのでしょうか。それぞれの場面での嘘と、その対処法をまとめてみました。

 

★自分を守る時

 kids-421148_640 子供のつく嘘を許せない!嘘をつく理由とやめさせる対処法

 

子供に一番多くみられる嘘です。それは「これを知られたら怒られてしまう」と思うからです。例えば家の中のものを壊してしまった時に、「やったのは自分ではない!」と言い張ってしまいます。

 

失敗すると怒られるような教育を受けていると、その場しのぎの嘘を簡単につくようになってしまう事もあります。

 

■対処法

このような場合、親の態度に子供が委縮している事が原因となっていることが多いです。

 

子供が何かを試みて失敗した時、きちんと頑張った道のりを褒めて、「結果は残念だったけど、また頑張ろう!」と励ますような声掛けをするように親側が態度を改める必要があります。

 

また、「ばれなければ怒られない」という思考にも結び付いてしまうので、保身の嘘は放置してはいけません。

 

「悪いことや失敗した事を、きちんと正直に話す事」、「嘘でごまかす事は良くない事」だと落ち着いた環境の中で話をしましょう。ここでも決して怒鳴ったり、きつく怒ったりしないで下さいね。

 

 

スポンサーリンク
 

 

自分の事を凄い!と褒めてほしい時

kids-421148_640 子供のつく嘘を許せない!嘘をつく理由とやめさせる対処法

 

自分を大きく見せたいと思う時に嘘をついてしまいます。我が家では、こんな事がありました。

 

ママ友との会話の中で英語がとても上手なお友達を、私が娘の前で褒めた事があります。

 

その時、娘がすかさず「〇〇も英語できるよ!習ってるもん。」と習ってもいない英語を習っていると嘘をつきました。相手のママさんに凄いね!と言って欲しかったようです。

 

■対処法

このような嘘は子供は嘘だと思っていませんし、そこまで問題視する嘘ではないと思います。子供は皆、大人に認めてもらいたいと思っています。凄いと言って欲しいのです。

 

そんな気持ちだけなので、「そうなんだ、凄いね!!」と言ってしまっても問題ありません。

 

ただし、ありもしない空想を次々と発信する場合は、「虚言」となるので注意しましょう。子供と向き合い、きちんと話し合う、またはカウンセリングを受けるなど、子供に自覚させる行動が必要です。

 

★人に意地悪をする時

kids-421148_640 子供のつく嘘を許せない!嘘をつく理由とやめさせる対処法

 

これは幼稚園児のような幼い年齢ではめったに見られない嘘です。人を陥(おとしい)れようとする嘘だからです。

 

しかし、先日それに近い事がありました。娘の幼稚園ではブランコの乗り方で禁止されている危険な乗り方があります。その乗り方を〇〇ちゃん(娘)がしていると先生に嘘をつかれたというのです。

 

娘はやっていなかったので先生に「やっていないよ、やってたのは△△ちゃん(嘘をついた子供)だよ」と弁解したそうです。

 

先生が2人に事情を聞いた所、△△ちゃんが「本当は自分がやったのを〇〇ちゃんがやったと言った。」と正直に話をしました。

 

私は、娘が濡れ衣を着せられなくて良かったとホッとしたのですが、こんな幼稚園児にもその種類の嘘をつく子供が既にいるんだな、と驚きました。

 

■対処法

結果、相手の子は、正直に嘘をすぐ認めた様なので、そこがまだ幼稚園児だなと感じる所ではあるのですが、この様な嘘を子供がつく時は、子供の心に何か原因があると考えられます。

 

もし、あなたの子供がこの種類の嘘をつくようになったら、子供との関係を見直してみてください。子供からの寂しいのSOSがある可能性が高いです。

 

しかし、人を貶(おとし)めるような嘘は決してついてはいけない嘘である事をきちんと子供に教えてあげなければいけません。

 

まだ幼稚園児位の年齢の子供だと意地悪してやろうと思ってその種類の嘘をつく事は少ないからです。ですからその段階でそういう嘘はいけないという事をはっきり教える必要があるでしょう。

 

まだまだあります、幼児期の嘘!

→続きはこちらです 

子供の嘘の理由が願望や見栄を張るためだったとしたら

 

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…

 

kids-421148_640 子供のつく嘘を許せない!嘘をつく理由とやめさせる対処法

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

 

-幼児 園・教育編
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

赤ちゃんの英語教育はいつまでに始めるべき?必要ない?

  今、私の家には、丁度1歳になったばかりの次女向けに「英語教育を始めませんか?」と頻繁に電話が掛かってきます。   その方曰く、「英語は出来る限り小さいうちから始めた方が良い、英 …

子供のわがままな性格は親のせい?対応次第で変わります!

  育児をする上で最も頭を抱えてしまうこと、それは子供のわがままです。   言葉の発達、自我が芽生えてくることにより、わがままもエスカレートする一方です。特に初めての子供の場合は、どう対処す …

幼稚園が夏休みでも退屈させない!「ママ、覚悟の夏!!」

     やってきました、夏休み! 子どもが幼稚園に就園してから、日中、子供が居ない間、毎日の育児から少しだけ開放される瞬間を味わいました。   ところが、育児の合間に少しだけ自分の時間がで …

ピアノの練習を嫌がる子供に親がしてあげられること

    「子供の習い事」何を習わせるか悩みますよね。   沢山やらせてあげたいけれど、毎日、習い事詰めは子供に良くない気もしますし、お金もかかり、親子共々大変です。 &n …

子供の嘘の理由が願望や見栄を張るためだったとしたら

  子供のつく嘘を許せない!嘘をつく理由とやめさせる対処法 より続いています。   幼児期の子供にとっては何気ない嘘。ウソを嘘だとは思っていないことだってあります。それでも、我が子 …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む