季節の行事・イベント

急なお通夜やお葬式のために|赤ちゃん・子供の服装とマナー

投稿日:2017年8月10日 更新日:

 

children-1243417_640-e1502352665187 急なお通夜やお葬式のために|赤ちゃん・子供の服装とマナー

 

赤ちゃん・子供の服装で悩むのが冠婚葬祭、特にママが頭を悩ませるのがお通夜・お葬式の時の服装です。

 

訃報は急にやってきますし、大人と違って毎年サイズが変わる赤ちゃん・子供の喪服を常に用意しているご家庭はまずないと思います。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

お通夜や告別式までの時間はありません。自分達大人の参列する為の準備に加え、子供の服装を用意しなければならないので正直焦ってしまいますよね。

 

今回は、葬儀の際の赤ちゃん・子供の服装とマナーについてご紹介します。

 

お葬式の際の服装

children-1243417_640-e1502352665187 急なお通夜やお葬式のために|赤ちゃん・子供の服装とマナー

 

私自身、祖父と祖母が2年の間に立て続けに亡くなり、当時2歳、3歳だった長女を連れてどのような服装で参列するのかとても悩みました。

 

子供の葬儀の服装のポイントとしては、以下の5つを注意すればわざわざ喪服を買う必要はなく問題ありません。

 

    色に気を付ける

喪服の一般的な色は黒ですね。しかし子供服で黒一色という服はあまり持ち合わせていない事も多いです。

 

私も子供には常に明るい服を敢えて選んで着せていましたので黒一色という服は持っていませんでした。

 

そんな時はグレー、茶色、紺などの落ち着いた色、派手ではない色の服であれば問題ありません。私は、娘が2歳の時のお葬式には娘に紺のワンピースを着せました。

 

    柄や気を付ける

ヒョウ柄など動物柄はまず殺生を連想させるため、葬儀ではふさわしくありません。また明らかに派手ですね。できれば無地のものが良いですが、ワンポイント程度なら子供であれば問題ないです。

 

葬儀は故人への最後の挨拶の場なので、最低限のマナーは親が守るべきですね。

 

    飾りに気を付ける

ビジューが沢山ついていたりするものは避けましょう。特に女の子の黒い服の場合、アクセサリーが一緒についていたり、ビーズでキラキラしているデザインの物も多いです。

 

また、パーカーやジーンズもカジュアルになり過ぎるため、やめておきましょう。

 

    素材に気を付ける

フリースやナイロン製のものも、カジュアルな印象になります。綿やウール素材のパンツやスカートを選ぶと良いですね。ここでも勿論レザーは殺生を連想するためNGです。

 

    靴に気を付ける

案外見落としてしまいがちなのが靴です。服にばかり気がいってしまい、いざ玄関に行って「靴はどうしよう!」と悩む事もよくあります。

 

子供の靴は黒い革靴があれば理想的ですが、ない場合はスニーカーでも大丈夫です。

 

また、必ず靴下を履く事を忘れずに。夏場だとしても素足はマナー違反になります。更に音の出る靴や歩くたびにぴかっと光るような靴も避けましょう。

 

赤ちゃんの場合

children-1243417_640-e1502352665187 急なお通夜やお葬式のために|赤ちゃん・子供の服装とマナー

 

赤ちゃんであれば、そこまで服装に気を遣う必要はありません。

 

赤ちゃんの場合は親の判断で服装を選ぶ事になります。黒などの服があれば良いですが、赤ちゃんに黒の服はまずないですね。

 

前述した通り、故人やご遺族への気持ちが大切なので、派手な柄やアニマル柄は避けるなど最低限のマナーを守った服であれば、薄いピンクでも青でも構わないと思います。

 

月齢の低い赤ちゃんの場合は無地のお包みでくるんでしまうのも良いかもしれません。

 

赤ちゃんを葬儀へ連れていく場合は服装よりも、ぐずった時など周りへの配慮の方が大切です。泣きだしたらすぐに外にでて迷惑を掛けない様に出口付近に座るなどの注意が必要です。

 

また、きつかったり、気慣れていない服もぐずる原因にもなりますので、赤ちゃんの場合はできるだけ普段通りの、気慣れた服を選ぶと良いと思います。

 

スポンサーリンク

 

幼稚園児以上の子供の場合

children-1243417_640-e1502352665187 急なお通夜やお葬式のために|赤ちゃん・子供の服装とマナー

 

幼稚園児以上の年齢の子供であれば制服が基本です。制服を着ていれば正装なので葬儀にも参列できます。

 

制服のない子供でも入園式や入学式に来ていく服を想像すればどのような服が良いかイメージしやすいでしょう。

 

黒一色の服がなくても白いブラウスやシャツに黒や紺のスカート、ズボンで問題ありません。露出を避けた服装を用意してあげてください。

 

*まとめ*

子供を葬儀へ連れていく場合には、いつも以上に周囲に気を配らなければなりません。親族以外の葬儀には基本的には連れていかない事がマナーになります。

 

できるだけ、誰かに預けて参列するようにしましょう。親族の葬儀で、どうしても子供を連れての参列になる時は、あらかじめ子供によくお葬式についてのお話をしておくことが必要です。

 

私は、娘が2歳の時にお葬式についての説明をして参列しました。子供ながらに、いつもの雰囲気とは違う事を感じとっていた様子で、はしゃぐ事はしませんでした。

 

ところが、読経の際に「あのお坊さんは何て言っているの?」とか「お坊さんの次にあの太鼓(木魚の事)を叩いてもいい?」など、娘は興味深々で色々小声で質問を繰り返してきたのです。

 

祖父の葬儀だった為、私も良い機会だと感じ説明をしながら参列していました。

 

ずっと黙って座らせておく事は幼い子供には至難の業です。2歳の時の葬儀では「喋ってはいけない!」とただ言ってもおそらく駄目だったと思っています。その為、いちいち子供の質問に答えていました。

 

娘が3歳の時の葬儀では「この時間は喋ってはいけない!」という事を事前に話しておき臨みました。服装はしっかりしているのに態度が伴っていなければ、きちんと故人を送る事ができません。

 

「子供だから仕方ない」という態度だけは取らない様に心掛けましょう。

 

親がきちんと子供のケアをして、すぐに子供が騒いで申し訳ないというような態度を取っていれば子供の場合服装はそこまで気にされない事がほとんどです。

 

関係が近かった場合は、子供にもきちんと最後のお別れをさせる事が最も大切だと考えます。

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…

children-1243417_640-e1502352665187 急なお通夜やお葬式のために|赤ちゃん・子供の服装とマナー

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

-季節の行事・イベント
-, ,

執筆者:

関連記事

親族以外(友人や会社の同僚)の結婚式に子連れ出席は迷惑?

親族の結婚式では、子供を連れて式に参列する事は多くみられます。   なぜなら、結婚式を挙げる当人にとって、その子供もまた親族(血縁および姻戚[いんせき]関係にある人々)の1人だからです。 & …

仮装が楽しみ!親子で地域のハロウィンイベントに参加しよう

    9月が近づくと秋の訪れを感じる日が多くなります。   そして秋のイベントといえば「ハロウィン」です。ここ最近は日本でもハロウィンがかなり盛り上がっている様に感じます。   …

幼稚園の運動会|祖父母呼ぶ?呼ばない?お弁当はどうする?

     幼稚園の運動会が近づいてくると、練習が始まり、子供は家で沢山お話をしてくれます。とっても楽しみな様子で、そんな我が子の姿を見ているとママもワクワクします。   「よ~し! …

子供連れで楽しもう!大阪三大夏祭り「住吉祭」

    大阪三大夏祭りの一つ「住吉祭」   大阪全体の夏祭りの最後を締めくくる、大きなお祭りです。

七五三のあれこれ|由来・祝う時期と写真撮影はどうしよう?

    子供の成長をお祝いする七五三、そもそも、なぜ3歳・5歳・7歳でお祝いをするのか考えた事ありますか?   また、なぜ男の子と女の子で祝う年齢が違うのでしょうか。今回はそんな七五三につい …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む