ママの悩み・対策

二人目も女の子で嬉しい!子供が姉妹で良かったと思う理由

投稿日:2017年7月11日 更新日:

 sisters-1157532_640 二人目も女の子で嬉しい!子供が姉妹で良かったと思う理由

 

仲良し姉妹って憧れますよね。

 

お姉ちゃんが妹の事を可愛がり、思春期になっても良き相談相手であったり、一番の理解者になれたり。最初の子供が女の子だったら、二人目も女の子が生まれたら…と理想は膨らみます。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

実際に一人目が女の子だった場合、二人目も女の子の方が楽という話も聞きます。

 

いえいえ!「一姫二太郎」と昔から言われる様に、女の子の後に男の子が生まれると子育てが楽とも言いますよね。様々な意見がありますが、今回は「女の子二人を育てる事」についてご紹介したいと思います。

 

女の子二人のメリット

 sisters-1157532_640 二人目も女の子で嬉しい!子供が姉妹で良かったと思う理由

 

一人目が女の子で、二人目も女の子が産まれた場合、こんないいことがありますよ!

 

① 育児経験を活かす事ができる

女の子特有のお尻の拭き方(前から後ろに拭くこと)や、おませの対処法などを心得ている為、一から全くわからない男の子を育てるより精神的に気が楽です。

 

 お下がりの洋服が着れる

お姉ちゃんの着ていた洋服や靴を着る事ができます。これは同性同士の特権ですね。子供が増えるとお金がかかります。洋服代が節約できる事は、かなり助かります。

 

 おもちゃもお下がり

洋服だけでなく、おもちゃもお下がりが使えます。異性の場合、男の子は電車、車、戦隊ものが好きですが、女の子はキラキラ、りかちゃん、メイク道具やネックレス、ドレス遊びが好きです。

 

同性だと同じ趣向の物で遊んでくれるのでおもちゃの量が2倍にならずに済みます。

 

 良きライバルになる

sisters-1157532_640 二人目も女の子で嬉しい!子供が姉妹で良かったと思う理由

 

同性であるがため、妹は生まれた時からすぐ近くにライバルがいます。お姉ちゃんの事が大好きで追い掛けまわしているのに、妹は自分もお姉ちゃんと同等だと思い込み、「同じ事ができる!」と、大人からも同じ対応を求めます。

 

妹にとっては成長していくお手本が一番近くにいる事により、良い意味でのライバル心が芽生え親が手取り足取りせずとも勝手に出来る様にになっていく事が多いです。

 

 姉妹で遊んでくれる

遊びの趣向が似ているので少し成長してからも姉妹で遊んでくれる時間が増えます。女の子は精神的な面での成長が早いので大人が関与しなくても二人で遊んでくれます。

 

スポンサーリンク

 

女の子二人の注意点

 sisters-1157532_640 二人目も女の子で嬉しい!子供が姉妹で良かったと思う理由

 

「女の子は育てやすい」といいますが、こんな大変な面もあるんですよ。

 

 お姉ちゃんと同じと思い込みやすい

ママは、「お姉ちゃんが〇〇だったから妹もそうに違いない」と心のどこかで思ってしまっている事が多分にあります。人間が違うのですから、趣向や関心のある事が違うのは当たり前ですね。

 

私自身、3つ歳の離れた妹がいるのですが、妹がいまだによく言っている事があります。それは「何でも私(姉)と同じ事をさせられていた」という事です。

 

例えばお稽古です。姉である私が「ピアノをやりたい!」と言い出しピアノを習いはじめたのですが、妹にはやりたいかやりたくないかも聞かずに気が付いたらピアノを習わされていたというのです。

 

正直、妹はピアノが向いていなく、とても苦痛だったと言います。「お姉ちゃんとは違うんだ」と嫌な思いをしたという話をしてくれました。

 

親は、姉妹が違う人間だとわかっていながらも心のどこかで姉を見本にしてしまっているのではないでしょうか。同性だからこそ気を付けなければいけない点です。

 

 口が達者な子供が二人!

sisters-1157532_640 二人目も女の子で嬉しい!子供が姉妹で良かったと思う理由

 

女の子は精神的な成長が早いのと同時に、口も達者になっていきます。同じ年齢なのに男の子と話をしてる方が幼い印象を受けます。

 

女の子は大人の口真似を早い段階からするようになり、男の子と同じような話をしていても、言い回しや言い方がとても達者で、まるで大人と同じような口ぶりで話をします。

 

この勢いで口喧嘩をする時は、親は心底へとへとになります。何を言っても口答えをするし、その口答えが偉そうな物の言い方をするのです。この口が達者な子供が二人もいるという事は、そのストレスが2倍になるのです。

 

 女の子のママと言われないようにする

幼稚園でよく「女の子のママは~…」という言い方を耳にします。これは男の子のママはさっぱりしているけれど、女の子のママはどちらかと言うと面倒くさいという意味合いがあるようです。

 

確かに男の子のママは「少しくらい喧嘩をして、怪我をして学びなさい!」と言っている印象ですが、女の子は怪我をしないように先回りしたり、幼稚園でお友達同士で何かトラブルがあった時も詳細に事情を聞きたがるママさんが多いような印象もありました。

 

私自身そんなつもりは全くなかったのですが、私自身、姉妹でしたし、子供も姉妹なので知らず知らずのうちに「the 女の子のママ」になってしまわないように気を付けようと心しています(笑)

 

*まとめ*

女の子二人を育てるにあたり、気を付けなければならない事は、二人は別々の人間であり、それぞれを個人として尊重してあげる事が一番重要だという事です。

 

お姉ちゃんは姉としても苦労がつきものです。常に先を行かなければいけないという責任感を自然と感じています。

 

妹と違い、生まれた時から手本がいません。ですから一番身近なママをお手本にして小さいママを一生懸命やろうとしてくれます。

 

ママはそのお姉ちゃんの気持ちを認めて受け入れてあげて下さいね。「ママが分かってくれている」と思えば、甘えん坊の妹にママを独占されたって、姉は納得できるのです。

 

一方そんなお姉ちゃんをお手本としているのが妹です。妹はお姉ちゃんに憧れて自分がお姉ちゃんより小さいという事を忘れ同じ事をしたがります。

 

一番近くでお手本となるお姉ちゃんの失敗もよく観察しているのでよく妹は要領が良いと言われますね。しかし自分の意思で姉と同じ事をするのと親から姉と同じ事をするように強要される事とは違います。

 

また、同性同士ですからお互いにライバル心が芽生える事もありますね。これは決して悪いことではありません。

 

良い意味でお互いが意識しあい、切磋琢磨していける環境を作ってあげる事が親の役割ではないでしょうか。ライバルといってもお互いを蹴落とし合う関係ではなく、刺激し合う関係になって欲しいですね。

 

親が姉と妹を個々として尊重した接し方をすれば、お互いがお互いに納得し、ライバルとしてお互いの存在を必要とする関係になれます。

 

姉妹の関係が良ければ大きくなった時に親には言えないような相談をお互いにし合える様になるかもしれません。そんな姉妹になって欲しいと願い女の子二人育児を楽しんで下さいね。 

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…

sisters-1157532_640 二人目も女の子で嬉しい!子供が姉妹で良かったと思う理由

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

-ママの悩み・対策
-, ,

執筆者:

関連記事

二人育児は大変!不安や葛藤はあったけど、やっぱり幸せ!

    二人目は何歳あける?兄弟姉妹の年齢差による育児の違い より続いています。   今回は、一人の子供の子育てから二人の子供の子育てをするようになってからの心の葛藤や、 …

洋服の泥汚れ解決方法|砂埃も泥んこ遊びもへっちゃら!

    子供に思いっ切り泥遊びをさせていますか?泥遊びは、免疫力を高めたり、想像力を高めたりと、子供にとって良い効果が沢山あります。   しかし、泥遊びをさせた後の事を考 …

子供の交通事故が心配!注意散漫な子供を守るためにできる事

    春から夏に向けて、子供達が外で遊ぶ時間が増えます。段々日が長くなってきて、夕方まで目一杯、遊ぶ事ができますね。     体力を消耗してしまった疲れた体は注意力が散漫になった …

いらない!産まれてみると結局不要だった育児グッズ<体験談>

    もうすぐ出産!産まれてくる赤ちゃんをイメージしながら、ネットで「赤ちゃん準備リスト」を検索したり、育児本や雑誌の情報から沢山の育児用品を準備するママが多いですね。 &nbs …

子供を放置するネグレクトと放任主義の子育ては違うの?

    「子供が心配」この気持ちは、我が子を愛してれば必ず湧き起こる感情です。現在、その程度や種類により、過干渉になってしまう親が増えています。   それと共に、過干渉が子供の心理 …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む