中学生 勉強編

中学生が初めての受験のプレッシャーに打ち勝つための準備

投稿日:2017年5月13日 更新日:


soft-light-1777882_640 中学生が初めての受験のプレッシャーに打ち勝つための準備

 

高校入試は、中学生のママにとって子供が初めて迎える受験、人によっては、子供さんよりも緊張してプレッシャーを感じているママもいるのでは?

その割に、当の本人は案外呑気に構えている子が多いのも事実なんですよね。

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク
 

 

子供にとっては未知の世界

目標は決まっていますか?そのためにどんな勉強をしていますか?実は、自分はどうしたら良いのか分からない、でも今更そんなこと言えない…そう思っている子が以外と多いんです。あなたのお子さんは大丈夫ですか?

 

そんな中学生に必要なのは、まず情報です。初めての受験は、子供にとって未知の世界、足を踏み込むにはなかなかの勇気がいるものです。

 

少しでも情報を入手することで、プレッシャーを和らげ、少しずつ前進することができます。

 

希望する高校に合格するためには、その学校が、どの様な点で合否判定しているのかを知る必要があります。

 

十人いれば十通り、十校あれば十通り、勉強法も合格基準も違います。どんな点に合格のポイントを決めているのかを知りましょう。

 

東京都

soft-light-1777882_640 中学生が初めての受験のプレッシャーに打ち勝つための準備

東京都立高校は、

試験の5教科の合計点(500点)と、内申点5教科の5段階の合計+ [ 音楽+美術+技術家庭+体育 ] ×2 の合計60点を7対3にして1000点満点で合否が決まります。

 

そのため、どれほど主要5教科だけを頑張っても、1000点中200点は音楽など実技点になります。

 

都立上位高校に合格するためには、普段から授業をまじめに受ける、ということが重要になってきます。都立は昔から内申がとても重要です。全てをバランスよく勉強しましょう。

 

また、都内の私学は近県からも受験生がいます。埼玉県は特に多く、都内の私学でも埼玉県の受験生のために「確約制度」を取っている高校もあります。

(確約制度については、後ほど説明しています。)

 

埼玉県

 soft-light-1777882_640 中学生が初めての受験のプレッシャーに打ち勝つための準備

埼玉県の公立は選抜試験が二回あります。前期で6080%の合格者を、そして後期で残りの合格者を選出します。

 

また、全県問題が統一ではなく、上位20校は数学と英語が違う問題になります。それ以外については、公立ですので、突拍子もない問題が出題される可能性は少ないです。

 

難問を解くというより、基本問題を正確に解けることに重点が置かれています。上位高校の場合は、全教科95%以上の正答率が求められます。

 

また、埼玉県の私学高校は、「確約制度」を取っており、年に何回か行われる模試で一定の偏差値を取ると、受験前に合格を約束してもらえるという制度があります。そのため、都内以上に5教科の成績を親たちは重要視します。

 

 

スポンサーリンク
 

 

神奈川県

 soft-light-1777882_640 中学生が初めての受験のプレッシャーに打ち勝つための準備

神奈川県は現在、学区制がなく、全県どこからでも受験できます。試験は一期制です。

 

試験内容には特徴があり、内申点、試験の他に面接+特色審査があります。特色審査とは、今の中学生が大学受験の時に求められる、集団討議や小論文であり、正に大学受験を意識した内容となっています。

 

2020受験制度改革に向けて中学生の勉強法を見直そう! を参考にして下さい。

 

合否は一回の試験日で決まりますが、選抜時に2段階で選抜し、1次選考では内申点・試験点・面接・特色審査の4方向から合格者を選出、2次選考では内申点を除いた3点から合格者を選出します。

 

そのため、中学のレベルにより内申点が不利な場合でも、2次審査で合格をもらうことができます。

 

千葉県

 soft-light-1777882_640 中学生が初めての受験のプレッシャーに打ち勝つための準備

千葉県の公立は埼玉と同じ2期に渡って試験があります。千葉県の特徴は内申点を決める時、校内の基準だけでなく、その学校の基準、全県の基準を計算し算出します。

 

そのため、学校のレベルによる、内申点の差がつきにくいため、学校による有利不利がありません。

 

さらに、3月上旬に実施される後期試験は学力重視のため、面接は苦手だな…実技は苦手だな…という人でも合格しやすくなります。

 

*まとめ*

高校入試は県によって様々です。子供達の中には、学校での進学指導で、その様なことをきちんと把握している子もいれば、そうではない子がいることも否めません。

 

それでも、決断の時は刻々と近づいて行きます。

 

我が子が進路に悩んでいることを察知してサポートして頂ければ幸いです。

 

お子さんの合格を心から祈願しています。 

soft-light-1777882_640 中学生が初めての受験のプレッシャーに打ち勝つための準備

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

-中学生 勉強編
-, ,

執筆者:

関連記事

暗記はひたすら書く?ひたすら読む?教科ごとの暗記の方法とは

    暗記は得意ですか?それとも苦手ですか?   私はどちらかというと、苦手でした。中でも社会は嫌いで未だに、とんでもないカン違いをすることがあります。鎌倉時代と室町時代の区別もよくわかっ …

好きな教科だけ勉強したい!嫌いな教科は拒否する中学生へ

    中学生の子供さんの好きな教科、嫌いな教科を知っていますか?優秀で「全ての教科が好き」と言ってくれれば、親も嬉しいのですが、そんな子は珍しいですよね。   「勉強す …

勉強しないとどうなる?やる気のない中学生に親ができること

  いつもダラダラとしている子供を見ると、「やる気あるの?」と聞いてしまいますよね。「勉強しなさい!」は、親も先生もつい言いたくなる言葉です。   中でも一貫校や付属校は中学と高校 …

高校受験|受かる気がしない!合格さえすればどこでも良い?

    高校受験!子供さんの志望校は決まりましたか?   親の心配とは裏腹に、当の本人はのんびり構えている。どうひいき目でみても、受かる気がしない…お父さん、お母さんの …

毎年悩む中学生の自由研究まとめ方|学校側が求めるものとは

    中学生の夏休みの宿題には様々なものがありますが、一番頭を悩ませるのが、「自由研究」と「発明創意工夫展」ですよね。   私は仕事柄、発明創意の学校代表を選ぶことがあります。

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む