幼児 生活編

初めてでもふらふらしない!子供がいきなり自転車に乗れる方法

投稿日:2017年6月7日 更新日:

 

 kid-164576_640-e1496815650919 初めてでもふらふらしない!子供がいきなり自転車に乗れる方法

 

子供さんは、もう自転車に乗れますか?私が幼い頃はまずは補助輪を付けて徐々に慣れてきたら補助輪を外し転びながら覚えるというやり方が主流でした。

 

しかし、今、娘の周りで同じようにふらふらしながら、転びながら何週間もかけて練習しているお友達はいません。皆、いきなり乗れるのです。

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク
 

 

その秘訣は近年、子供達がみな乗っているストライダーへんしんバイクのおかげのようです。

 

「ん?なにそれ?自転車とはまた違うものなの?」そんなママのために、今回は補助なしの自転車に乗れるようになるコツをまとめてみました。

 

ストライダー、へんしんバイクの特徴

 ストライダーや、へんしんバイクに乗ることが出来れば、自転車に乗れるようになるのは簡単です。ではストライダー、へんしんバイクの特徴をあげてみます。

 

ストライダー

kid-164576_640-e1496815650919 初めてでもふらふらしない!子供がいきなり自転車に乗れる方法

ペダルがなく、足で地面を蹴って進む乗り物です。さらに、ストライダーにはブレーキもついていないので止まる時も足で止まります。(ブレーキ付もあります)

 

ストライダー自体の重さが3キロと、とても軽く、子供自身で支える事ができるので、2歳から練習ができました

 

サドルの高さは30センチで個人差にもよりますが、2歳半程度で周りのお友達みな足を地面に付けることが出来ていました。

 

へんしんバイク

 

kid-164576_640-e1496815650919 初めてでもふらふらしない!子供がいきなり自転車に乗れる方法

 

自転車に乗る前段階の練習をする為に作られたバランスバイクです。へんしんバイクの一番の特徴は、ペダルを外したりつけたりできる事です。

 

まずはペダルなしでバランス感覚を身に着け、その後ミニ自転車としてペダルを付けて乗る事ができます。

 

重さは5.3キロと重めです。この重さは、歳の子供には支えられませんでした。また、サドルの高さも37.5センチと高くなっていて2歳半でやっとつま先がつく程度でした。(現在は変身バイクSという2歳から用もあります)

 

どちらもバランス感覚を身につける点では同じです。自転車を乗れるようになる為には第一にバランス感覚を身につける事が最も大事という事です。

 

バランスバイクの上達の道のり

kid-164576_640-e1496815650919 初めてでもふらふらしない!子供がいきなり自転車に乗れる方法

 

自転車に乗れるようになる為には、バランスバイクをマスターすると言いましたが、バランスバイクも初めから簡単に乗れるものではありませんでした。子供の様子を観察してみました。

 

またぎ歩き走行

まずはサドルに座らず立って、ただバイクにまたがって歩くというような感じでした。

 

見ている親としては何だか、とてももどかしく、つい「座って足で蹴るんだよ」と口を出したくなってしまいますが、ぐっとこらえて下さい。

 

周りのお友達の初めての練習も近くで見ていましたが、ほぼ全員初めは同じ格好でした。まずはこの「またぎ歩き走行」でバランスバイクへの恐怖心をなくす事から始めて下さいね

 

座る→歩く→蹴る

次のステップは、またぎ歩き走行ができるようになると自然とサドルに座れるようになります。そして地面を蹴るというよりは座りながら歩くようになっていきます。

 

ここまできたら地面を蹴れるようになるのは時間の問題です。

 

少しずつ進むスピードがでてきて、足を地面から離している時間が増えてきます。するとみるみるうちにスピードがでている時は足を離して乗るようになります。

 

スピードが出せるようになったら、あとは子供自身の力で勝手にどんどん上達していきます。坂道もがたがた道も曲がり角もスピードに乗ったまま走行する事ができるようになりました。

 

このレベルまでくれば自転車へ移行する事は可能です。

 

スポンサーリンク
 

 

自転車デビュー!

 kid-164576_640-e1496815650919 初めてでもふらふらしない!子供がいきなり自転車に乗れる方法

 

    サイズを確認

自転車は必ずその時の子供の身長に見合ったサイズ感のものを購入して下さい。「すぐ大きくなってしまうから勿体ない!」と言って、大き目サイズの自転車を買うと逆に乗れなくなってしまう事があります。

 

実際バランスバイクの腕はピカ一だったお友達が、大き目の自転車を購入してしまった為に乗れなくなってしまったという話がありました。

 

まず、大きいと足が地面にしっかり付かず子供自身の恐怖心が芽生えてしまいます。すると漕ぎ出しに勢いをつけられず、結果転んでしまい、更に恐怖心が大きくなり、すぐに足をつけたがるようになってしまいます。

 

自転車はある程度のスピードがないと逆に不安定になってしまいます。「スピードが出せない」=「乗れない」なので、せっかくバランスバイクで培った技術を無駄にしてしまいます。

 

また、サイズが合っていない自転車は、子供にとって危険なので安全の為にも是非、ジャストサイズを用意してあげて下さいね。

 

    前を見る事を徹底させる

転車が大きくなると、少なからず誰でも恐怖心が芽生えます。すると下を見てしまいがちです。娘も自転車に変えた直後は、不安で地面ばかり見ていました。

 

下を見ながらは大人でも運転できません。自転車に乗る時は前方の遠くを見るように教え、練習すると良いでしょう。

 

    交通ルールを教える

kid-164576_640-e1496815650919 初めてでもふらふらしない!子供がいきなり自転車に乗れる方法

 

自転車はただ乗れるだけでは走れません。「自転車に乗る」=「事故に合う危険がある」事を子供自身にもきちんと分からせなければ、乗る資格がないという事です。

 

自分が被害者になる事も勿論、加害者になってしまう事も十分にあり得ます。そうならない為に交通ルールをきちんと教え、それができるように親がきちんと実際にその場で教えていく必要があります。

 

子供を交通事故から守る内容はこちらです

→ 子供の交通事故が心配!注意散漫な子供を守るためにできる事

 

    乗れるようになってもヘルメットは着用

kid-164576_640-e1496815650919 初めてでもふらふらしない!子供がいきなり自転車に乗れる方法

 

もう乗れるからと、大人と同じようにヘルメットを被らない事だけはしないで下さい。子供は大人より注意力が散漫ですし、とっさの反応も対応を遅いです。

 

また、ちょっとした事で転ぶ事もありますし、万が一転んだ時に頭を打つ可能性のあります。もう少し大きくなるまでは例え乗れてもヘルメットを装着させてください。

 

*まとめ*

自転車に乗れるようになる事は、子供と親にとっての大きなハードルだった時代から、簡単に乗れるようになる時代になってきました

 

大きくなってから補助輪自転車を練習して、その後補助輪を外す従来のやり方も良いですが、個人的には幼い頃からバランスバイクでバランス感覚を鍛え、自然と自転車に乗れるようになる方が大人にとっても子供にとっても痛みもストレスも少なくて済むのでおすすめの方法です。

 

バランスバイクで練習していたお友達は、自転車に変えてから12時間程度で自転車に乗れるようになりました。

 

バランスのとり方は体が知っているので、後は新しい大きさの自転車に体と心が慣れるだけなので当然といえば当然ですね。

 

娘も3歳で、へんしんバイクのペダルつきが乗れるようになり、4歳で16インチの自転車に乗れるようになりました。特段、自転車の練習はしていません。バランス感覚が、いかに大切かを実感しました。

 

最後にバランスバイクや自転車の練習をするにあたり、親が心得ておきたい事があります。それは子供のやる気を損なわせない事です。

 

初めにも触れましたが、子供ができない姿は見ていて、とてももどかしいのですが、そこで口出しは厳禁です。

 

ちょっとしたアドバイスをする程度なら良いのですが、「〇〇しなきゃダメだよ!」などと、口うるさく言うと子供のやる気が損なわれてしまいます。練習のたびに怒られていたら子供も楽しくなくなってしまいますよね。

 

上達するのに一番大切な事は子供自身にやる気がある事です。その為には親は基本は見守る姿勢で、少しでも良い所があったら、ひたすら褒めるという事を繰り返してみて下さい。

 

子供は嬉しくなり、もっとやりたいという気持ちになり、すぐに上達しますから!

 

子供さんが、楽しく自転車に乗れるようになりますように…

kid-164576_640-e1496815650919 初めてでもふらふらしない!子供がいきなり自転車に乗れる方法

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

 

-幼児 生活編
-, ,

執筆者:

関連記事

トイレトレーニング|うんちだけできない!を克服しましたよ

   トイレトレーニング、順調ですか?おしっこがトイレで出来るようになった後、次はうんちです。   しかし、うんちだけはトイレでしたがらない、できない、そんなお子さんは多く、毎日のことだけに …

イライラしないで!子供がお昼寝しなくなるのは成長の証です

  子供は、成長すると共にお昼寝をしなくなることがあります。お昼寝をさせようとしても寝ない、気づいたら中途半端な時間に眠ってしまい夜寝られなくなるなんてことも少なくありません。

チャイルドシートを嫌がり大泣きする子供は抱っこするべき?

  車でのお出掛け、子供をチャイルドシートに乗せる時に悪戦苦闘しているママ、いませんか?   子供が大人しく座って、そしてスヤスヤ眠ってくれるなら良いのですが、毎回そんな訳にはいきません。

しつこい「なんで?」にイライラ!子供の質問攻めはいつから?

    子供が3歳になった頃から「なんで?」「どうして・・・なの?」と聞かれる回数が増えます。   生まれてから沢山のことが出来る様になってきて、色々なことを知れば知るほ …

寂しい、怖い!子供が一人で寝れない|子供の一人寝は何歳から?

  子供は一体、何歳から一人で寝ることができるのでしょうか?   先日、同じ幼稚園のお友達が「もう一人で寝ている」という話を聞き驚きました。私の娘は到底まだ一人で寝る事が出来そうにないなぁ& …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む