幼児 園・教育編

幼稚園が夏休みでも退屈させない!「ママ、覚悟の夏!!」

投稿日:2017年4月19日 更新日:

 8390dab3e258b84c59f862b58195659e_s 幼稚園が夏休みでも退屈させない!「ママ、覚悟の夏!!」

  

やってきました、夏休み!

子どもが幼稚園に就園してから、日中、子供が居ない間、毎日の育児から少しだけ開放される瞬間を味わいました。

 

ところが、育児の合間に少しだけ自分の時間ができた~☆と喜んでいたのも束の間、一年間で一番長いお休み、「夏休み」到来です。

 

スポンサーリンク
 

 

日中、子供がいない生活に慣れてしまったために、一ヶ月間もの子供のお休みに困惑してしまうママは多いはずです。

 

しかも、一年で一番暑くてしんどい夏!

 

冬休みは年末年始、春休みは新年度の準備に追われ、あっという間にせわしなく過ぎてしまいます。

 

が、夏休みは長くて持て余してしまう。しかも、じっとしていても汗ばむ、ママにとっては、体力勝負の季節なんですよね。

 

夏こそ幼稚園に行っていて欲しいのにっ・・・!

 

そんな心の声をぐっとこらえて夏の育児に励むママ達のために、私が実際に体験した、ある年の夏休みの過ごし方をご紹介します。

 

テーマは、題して 「ママ、覚悟の夏!!」こんな感じでどうでしょうか(笑)

 

夏の育児に必要なママの覚悟、5か条!

8390dab3e258b84c59f862b58195659e_s 幼稚園が夏休みでも退屈させない!「ママ、覚悟の夏!!」

 

■日焼けを恐れない

■汗でびしょびしょになっても気にしない

■夕方にはほとんどの化粧は落ちている

■気は配るけど、過度に熱中症や脱水を恐れない

■水遊びで濡れることを気にしない、むしろ一緒にびしょぬれになる!(スマホの水没注意)

 

夏の育児、この覚悟無しには本当に充実した日々は過ごせない!と言っても過言ではありません。

 

夏の間、育児中はできるだけいつも心にとどめておいていただきたい5か条です。

 

この5か条を頭に入れて、子供との夏休みを乗り切って下さいね。

 

夏休みに子供と過ごす楽しみ方 5選

さて、本題の育児中ママの夏休みの過ごし方ですが、それぞれのメリット・デメリットを取り上げながら、ご紹介していきます。

 

①近所の浅い川

8390dab3e258b84c59f862b58195659e_s 幼稚園が夏休みでも退屈させない!「ママ、覚悟の夏!!」

 

川で遊ぶのは一般的に危ないイメージですが、夏の暑い時期に川へ行くと、満員御礼と言っていいほど育児中のママと子どもで溢れています。

 

我が家が利用している川は、本当に浅くて(足首ぐらい)、流れがゆるやかで、日当たりの良い場所はぬるま湯のような水温です。

 

子供から絶対に目を離さないことは当然ですが、万が一、一瞬目を離してしまっても、危険がない(どこまでも浅瀬)の川だということが最良の条件です。

 

この川で、カニをさがしたり、ひたすら寝転んでみたり、水鉄砲で遊んだりして、三時間ほどは過ごせます。もちろん、親子ともにびしょ濡れです。

 

夕方には疲れ果て、子供はテレビを見て過ごすので、その間に夜ご飯を作り、夕食、そして、いつもより早く寝ます。

 

充実した一日を送れるし、お金もかからないので、夏休みの半分ほどを川で過ごしました。

 

【メリット】

・自然を感じながら遊べる。

・浅瀬でぬるいものの、避暑にはなる。

・費用はタダ。

 

【デメリット】

・日焼けする。

・水難事故の危険は少ないが、同じ様なお子さんが多いので対人トラブルに気を付ける。

・ママがびしょ濡れになった場合、着替える場所がない。

 

浅いとはいえ、川では、しっかり目の届く範囲で遊ぶことが条件になります。ママも一緒にびしょ濡れになれば、子供は大喜び!良い体験になりますよ。

 

②ビニールプール

8390dab3e258b84c59f862b58195659e_s 幼稚園が夏休みでも退屈させない!「ママ、覚悟の夏!!」

 

都会に住んでいる育児中ママは、「近くにそんな川なんて、ないよ!」という方も多いと思います。その場合は、夏の定番、ビニールプールもお薦めです。

 

【メリット】

・小一時間、楽しめる。

・思い立ったら出来る。

・家に取りに入れるので持ち物など考えなく良い。

 

【デメリット】

・準備が大変。

・水道代がかかる。

・子どもの日焼け・熱中症が心配。

 

道路に面した家などでは場所を確保するのが難しい場合もあります。

 

家のベランダにビニールプールを準備してやっている家庭もありますが、マンションなどではこれは難しいと思います。そんなご家庭には、これがお薦め!

 

スポンサーリンク
 

 

③家のお風呂でプール

家の中のお風呂に水を浅くはって楽しむ、お風呂プールです!いつもは熱いお風呂が、水に代わるだけで子供は大喜びです。

 

【メリット】

・親の目の届く範囲で、程よく目を離せる。

・周りの目を気にしなくて良い。

・日焼けしない。

・室内なので、暑くない。

・飲み物・食べ物をすぐ用意出来る。

 

【デメリット】

・水道代がかかる

・室内だからと脱水や熱中症の油断をしてしまう

 

室内だから安心、と、水分補給をあまりしなかったり、熱中症の油断をしがちですが、室内とはいえ、お風呂場は湿度が高く、エアコンも行き届かないことがほとんどです。

 

こまめに水分をとったり、水温のチェックをしたり、換気もしながら楽しんで下さいね。

 

④屋内施設を利用する(キッズランドetc)

8390dab3e258b84c59f862b58195659e_s 幼稚園が夏休みでも退屈させない!「ママ、覚悟の夏!!」

 

屋内施設に関しては、デメリットはお金が掛かることだけです。お金さえあれば、夏の間は毎日でも利用したい場所ですよね。

【メリット】

・エアコンが効いていてとても快適。

・何時間でも子どもが退屈しない。

・程よく目を離せる。

 

【デメリット】

・高額な出費となる

・子どもが帰るのを嫌がってぐずることがある。

 

ちなみに、涼しさを求めて図書館へ行ったこともありましたが、子供が騒ぐので、今後利用するのは無理だな、と感じました。育児ママには難しい場所かもしれません。

 

⑤帰省する

8390dab3e258b84c59f862b58195659e_s 幼稚園が夏休みでも退屈させない!「ママ、覚悟の夏!!」

 

アウトドアやプールは疲れる!というママは、帰省するのも良いですね。

 

実家が遠く離れているご家庭は、夏休みこそ帰省のチャンスです。

 

帰省中、のんびりできるわけではないですが、子どもを見てくれる大人の人数が少しでも増えると何かと心強いですよね。

 

【メリット】

・育児を手伝ってくれる大人の人数が増える。

・良い気分転換になる。

・いつもと違う雰囲気に子供も楽しめる。

・祖父母が協力的な場合、ママは少し楽できる。

 

【デメリット】

・距離によっては帰省に交通費がかかる

・旦那実家だと少し気を遣う

 

距離によっては莫大な交通費がかかります。最近では市のふるさと納税を利用すると航空券を手に入れられることなどもあり、交通費がとても安く済む方法もあります。

 

その他にも

8390dab3e258b84c59f862b58195659e_s 幼稚園が夏休みでも退屈させない!「ママ、覚悟の夏!!」
アスレチック

くもりの日には、アスレチックの公園がお薦めです。

 

金属でできた滑り台などは、夏の暑い日には、触ることが出来ない程、熱くなってしまって、遊ぶのは無理です。

 

木製遊具のある公園は、金属遊具のある公園よりも涼し気ですよね。

 

ベランダやちょっとしたスペースで

水風船(割れた風船の後処理が少し大変ですが・・・)、水鉄砲で水の掛け合い、ホースで子どもに水をかけるなどなど。

 

夜は、蚊取り線香をたいて、花火も良いですね!

 

まとめ

「ママ、覚悟の夏!」子供と楽しもう!そう決意した夏でした。

 

夏休みが終わったときには、ものすごい達成感に包まれました。

 

親である私も、なんだか特別な日を過ごしている気持ちになり、親子ともに、とても充実した夏休みを送ることができました。

 

育児中でストレスの多い毎日、そして一番暑い季節の夏、そんな中で子どもの相手をするのは大変なことも多いです。

 

それでも、親も子も一緒になって童心に返って夏を過ごせばステキな夏休みになること間違いなしです!

 

今年の夏は、そんな覚悟!あなたもしてみませんか?

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…
8390dab3e258b84c59f862b58195659e_s 幼稚園が夏休みでも退屈させない!「ママ、覚悟の夏!!」

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

 

-幼児 園・教育編
-, ,

執筆者:

関連記事

ピアノの練習を嫌がる子供に親がしてあげられること

    「子供の習い事」何を習わせるか悩みますよね。   沢山やらせてあげたいけれど、毎日、習い事詰めは子供に良くない気もしますし、お金もかかり、親子共々大変です。 &n …

赤ちゃんの英語教育はいつまでに始めるべき?必要ない?

  今、私の家には、丁度1歳になったばかりの次女向けに「英語教育を始めませんか?」と頻繁に電話が掛かってきます。   その方曰く、「英語は出来る限り小さいうちから始めた方が良い、英 …

幼稚園の運動会|祖父母呼ぶ?呼ばない?お弁当はどうする?

     幼稚園の運動会が近づいてくると、練習が始まり、子供は家で沢山お話をしてくれます。とっても楽しみな様子で、そんな我が子の姿を見ているとママもワクワクします。   「よ~し! …

年中・年長から登園拒否|幼稚園を嫌がる子供への対応 

  幼稚園に入園してすぐに「行きたくない!」と登園拒否になる子供さんは多いですよね。子供の泣き顔を見て、ママまで悲しい気持ちになってしまうものです。   登園拒否の理由は、「まだ新 …

子供のつく嘘を許せない!嘘をつく理由とやめさせる対処法

    「嘘つき!」この響きからも、嘘をつくことはとても悪いイメージがありますよね。私自身、当然幼い頃から嘘は悪いことだと教わってきました。   親の立場になった今、子供にも嘘をつ …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む