中学生 生活編

父親が嫌いな息子・娘|そうなるまでには様々な訳があります

投稿日:2017年8月5日 更新日:

father-2212092_640-1-e1501920959506 父親が嫌いな息子・娘|そうなるまでには様々な訳があります

 

幼い頃は「パパ大好き!」と仕事から帰ってくる父親を心待ちにしていた息子や娘も、中学生にもなると、やけによそよそしく、父親を「嫌い!」と思う子が増えていきます。

 

思春期が理由であれば、皆が通る道、成長の過程と見て取れますが、家庭によっては父親が子供達に嫌われてしまう様々な問題を抱えている場合も否めません。

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

思春期の頃の父親の存在

father-2212092_640-1-e1501920959506 父親が嫌いな息子・娘|そうなるまでには様々な訳があります

 

子供が小学校高学年から中学生になると、結婚生活10年を超え、夫婦間に大なり小なりの溝が生まれてくる家庭も少なくありません。

 

私の周囲でも「両親の離婚や別居」中には「離婚後どちらの親も子供を引き取らない」という家族もいます。

 

そして、その多くの原因が父親です。

 

もちろん、母親が原因の場合もあります。しかし、殆どの場合、父親側の方が、こういったトラブルの原因になりやすいようです。

 

例えば、お母さん以外の女性との関係や、ギャンブルによる借金、暴力などが昔からあげられます。

 

その様なことがあっては、子供は幼い頃の様に「お父さん大好き 」などと言っていられません。

 

ましてや、中学生のこの多感な時期、お父さんに家族を顧みない言動があれば、火に油を注ぐ様なものです。

 

「お父さんが嫌い」と思ってしまうのは仕方のないことなのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

年老いていく父親の存在

father-2212092_640-1-e1501920959506 父親が嫌いな息子・娘|そうなるまでには様々な訳があります

 

思春期の頃だけではなく、成人後、父親が徐々に年老いていくにつれて、また「父親の存在」が良いにしろ、悪いにしろ大きくなります。

 

昭和の時代に生まれた世代の男性は、男尊女卑の時代に育った父親をみて成長をしているため、どうしても、女性蔑視(じょせいべっし)が気持ちのどこかにあります。

 

女性も同じで、男性に依存してしまう気持ちがあります。

 

そのため、今でも「父親の方が偉い!すごい!」と父親を立てていかないと、難しい夫婦関係が残っています。まさに昭和の父母、波平さんとフネさんです。

 

私の父もそうでした。女性、特に母を馬鹿にするような言葉を多く発していました。

 

私は子ども心に「絶対に男性に馬鹿にされない、同等の仕事がしたい」と資格を持った仕事を目標にしていました。

 

それでも父は、何かと気遣いができる人でしたので、決してそこまで嫌うことはありませんでした。

 

しかし、高齢になってからは、「父を残して母に先に逝って欲しくない!」と心の底から思っています。

 

そのくらい私にとっては大変な存在です。筋金入りの頑固オヤジです。絶対に自分の非は認めません。自分が思うように行かないと烈火のごとく怒ります。

 

近所の人は理解してくれていますが、買い物先のお店の人とトラブルを起こすこともあり困ってしまいます。何度も事故を起こしても車に乗っています。

 

警察とトラブルを起こした友人の父親もいます。それでも絶対にひきません。風呂も面倒で週に数回、消費期限が切れていても平気で置いてあります。家中が臭います。

 

要らないものをこちらに押し付けてきます。そのくせ、勝手に母や私のものを捨ててしまいます。これは同世代の友人に聞くと、皆さん同じで、同じ悩みを持っています。

 

*まとめ*

今、中学生の子供さんが、お父さんのことを「うざい!」「いなくなればいい!」と思っている理由が、ただ「うるさい」「すぐ怒る」「しつこい!」なのだとしたら、全く父親を嫌う要素にはなりません。

 

お父さんは子供が大切だから「うるさくする」「怒る」「しつこく言う」のです。それは愛されている証拠、幸せなことだと子供は後から分かります。

 

幼い頃は、絶大で、偉大な存在であったお父さんでも、少し「?」と思うことも出てくる時期です。

 

それは、中学生になった子供さんが成長している証です。少しずつ大人に近づくにつれて、お父さん像が「完璧」なものではなくなってくるはずです。

 

それもそのはず、お父さんだって人間です。弱い部分、勘違い、思い込み、間違い、苦手なこと…負の要素をたくさん抱えて生きています

 

その点を認めてあげることで、少しだけお父さんのことが理解できるかもしれません。

 

しかし、お父さんが明らかに家族に迷惑になるような問題行動を起こしている場合は、家族にとっても良いことではありません。「いなくなればいい!」と思うのも頷けます。

 

お父さんは本来、家族を守る存在のはずなのですから。

 

もし、そういったことが明らかなら、家族と共に、市や町の相談窓口へ行って下さい。特に暴力は犯罪です。

 

そして、こういった問題を我慢していても決して良い方向へは進みません。どうか、早めに対処して下さい。子供の未来は子供自身のものですから。

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…

father-2212092_640-1-e1501920959506 父親が嫌いな息子・娘|そうなるまでには様々な訳があります

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

-中学生 生活編
-, ,

執筆者:

関連記事

親離れ・子離れは中学がスタート!タイミングを見逃さないで

    只今、現役大学院生の私の息子。今でも仲良しの息子が中学生の時、あまりの仲の良さに、周囲の人から「マザコン」と言われていました。   それに対して、本人は「マザーコ …

「月がきれい」から学ぶ中学生がスマホを持つことの責任

  今期話題になっているアニメーション「月がきれい」という番組、ご存知ですか?舞台は埼玉県の川越市。中学生の子供達の何気ない日常を描いています。 月がきれい(2017年4月放送開始)

中学生の第二次成長期|男子と女子がそれぞれの道へ!

  同じ年齢のはずなのに、身体の大きさも、考え方も、なんだか成長の違いを感じる中学生。   少しずつ男の子の道と女の子の道が分かれてくる頃です。

多感な時期を迎える中学生の子育て|父親の役割と関わり方

    昭和のお父さんのモデルと言えば、磯野波平さん。平成のお父さんのモデルと言えば?どんな父親が理想ですか?野原ひろしさん?

両親が不仲!家族の雰囲気にうんざりしている子供のために

    子供にとって最も不幸な家庭環境の1つが、両親の不仲です。家庭が円満で、いつも両親の仲が良いと、家族全体に良い雰囲気が漂います。   ところが、両親は毎日喧嘩ばかり …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む