中学生 生活編

「家では良い子」は危険!中学生の反抗期は自立のサイン

投稿日:2017年5月4日 更新日:


boy-1637188_640 「家では良い子」は危険!中学生の反抗期は自立のサイン

 

子供の主な反抗期は2回あります。1回目は23歳、なんでも「イヤ」と言って自分でやりたがる、「自我」が芽生える時期です。

 

そして2回目が、小学校高学年から、中学生にかけての「思春期」の時期です。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

環境による反抗期の終止符

公立中学の場合

boy-1637188_640 「家では良い子」は危険!中学生の反抗期は自立のサイン

 

公立中学の子は遅くとも、中学3年の1学期を最後に終わります。

 

それは高校受験という人生で初めての分岐点に立たされるからです。中3になって反抗期を気取っていれば、周囲から完全に浮いてきますし、さすがに、内申点も気になりだします。

 

当然「1」がつけばどんな高校でも門前払いとなります。卒業式に一人だけ恥ずかしい思いをするのは、どんな子でもイヤなので、家庭でも学校でも反抗する余裕がなくなります。

 

私立中学の場合

boy-1637188_640 「家では良い子」は危険!中学生の反抗期は自立のサイン

 

しかし、中高一貫、大学の付属中学の子どもは違います。2は当たり前、中3になっても反抗期全開の子たちが沢山います。

 

授業参観の日、親が後ろにいても平気でゲーム機を出してゲームをしている子がいる、中3になっても席に座れない、騒いで授業妨害をする、と、偏差値が高い中学でも、そういった話を聞きます。

 

しかし、中3でその様な行為を行う子は反抗期以前の問題かもしれません。中には、親に反抗できないから学校で反抗する子もいますが、周囲に迷惑を掛ける分、親への反抗よりも質が悪いです。

 

「家では良い子なんですけど。」という子は、要注意だと思って下さい。だからと言って、反抗期がない、大人しい、良い子が良いという訳ではありません。

 

反抗期は自立の第一歩

boy-1637188_640 「家では良い子」は危険!中学生の反抗期は自立のサイン

 

中学生の反抗期は、自分の将来を自分で考え、親から独立するための大事な時期です。中学生の時に良い子だから、大人になっても良い人でいるというのは、むしろ少ないです。

 

良い子で居過ぎたために、社会で馴染めない子もいます。大学や会社に入ってから、最悪の選択に追い込まれる子もいます。反抗することで、親や学校、友だちにも負けない自我を確立する時期なのです。

 

そういったことを踏まえて、数年前から東京大学の学長が入学式の祝辞の中で「留年してもいいから、ギャップイヤーを経験しなさい」と話しています。

 

東京大学に入学する子の多くは、家庭に恵まれ、経済的な苦労もない、優等生で、社会の荒波を知らない子です。そのため、卒業後、社会で馴染めない子が多いのだそうです。

 

ギャップ・イヤー(英:gap year)とは、高等学校卒業から大学への入学、あるいは大学卒業から大学院への進学までの期間のこと。英語圏の大学の中には入試から入学までの期間をあえて長く設定して(初夏卒業・秋入学)、その間に大学では得られない経験をすることが推奨されている。この時期にアルバイトなどをして今後の勉学のための資金を貯める人も多い一方で、外国に渡航してワーキング・ホリデーを過ごしたり、語学留学したり、あるいはボランティア活動に参加する人も多い。  Wikipediaより引用

 

小説「北宇治高校吹奏楽部のヒミツの話」から学ぶ

boy-1637188_640 「家では良い子」は危険!中学生の反抗期は自立のサイン

 

あらすじ

この物語の中で、主人公、久美子の姉、麻美子が、東京の大学を辞めて京都の実家に帰ってくるという場面があります。

麻美子はとても優等生で親の言いなりに中学受験をし、そのまま東京の有名大学に入ります。本当は美容師になりたかった彼女は、大学を辞めて美容学校へ行きたいと言い、親と争いになり、最後は家を出て行きます。

父親は今まで娘のためにかけたお金のことを持ち出します。麻美子は美容学校へ行くためのお金はバイトで貯めたので親に迷惑をかけないと言い返します。

 

母親として

このやり取りを読んだ時、私は自分が経験したことと重なり、親としてすごく反省しました。私は彼女の母親と同じことを長男にしていました。

中学生のボクは将来のことなんてわからないから聞かないで!  に詳細を記載しています。)

 

でも、子どもは何も言いません。麻美子もそうでした。麻美子の親も、「どうして今まで言わなかったのか」と問いただしますが、麻美子は答えます。「私は何度も言ったのに、聞いてくれなかった」と。

 

現在、中学生の子供達には、自分の中に本当にやりたいことがあるのなら、きちんと口に出して周囲に話すことをお薦めします。

 

10年後に親子共々、決して後悔することのないように…

 

*まとめ*

中学生の反抗期は、23歳児の反抗期とは違う意味があります。大人になりたい、自立したいという子供の気持ちの表れです。

 

きちんと親がそれを受け止めてください。中学生になって、家では良い子なのに、学校で反抗することは子供にとって、級友関係も含め、害にはなっても得にはなりません。

 

その分、いっぱい家で反抗させてあげてください。きっと早く自立し、10年後20年後、地に足のついた大人になりますよ。

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…
boy-1637188_640 「家では良い子」は危険!中学生の反抗期は自立のサイン

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

-中学生 生活編
-, ,

執筆者:

関連記事

中学生女子の体の悩み|小さい胸も大きい胸も恥ずかしいんです

   中学生の女の子の悩みの1つである「胸」。   人それぞれ成長の早さが異なるため、自分の胸は大き過ぎるのではないか、逆に小さ過ぎるのではないか、と悩んでしまうんですよね。

子供の将来や職業を決める親|子供のためにと敷くレールとは

  「子供が将来こんな人になってくれたら!」、「我が子がこんな職業に就いてくれたら!」という気持ちは親なら誰にでもあります。   それは理想の自分の姿であったり、我が子の幸せを考え …

夏休みこそ要注意!反抗期の中学生から目を離さないで

    子供が中学生になると、 「中学生になって子供の手が離れたから」「受験でこれからお金が必要だし」「部活で帰りが遅いから親が居なくても大丈夫」等の理由で仕事を始めるお母さんって多いですよ …

学校に遅刻してしまう癖は治らない?親がしてあげられる対策法

  最近の子供達の中に、夜型の子供が増えています。それは幼児の頃からの生活習慣が大きな原因の1つと言えます。   親が夜遅くまで仕事で帰宅しない、テレビを観ている、本を読んだり、友 …

中学生の子供達が臭い!思春期の体臭(ワキ・頭・足)改善法

    我が家の中学生たち(息子・娘)は、なんだか臭う!朝はまだ良いのですが、学校から帰ってくる頃には大変です。   でも、いつも臭いが酷いわけではありません。暑い日や、 …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む