小学生

中学受験は親の受験?親はどこまで子供に介入するべき?

投稿日:

read-316507_640 中学受験は親の受験?親はどこまで子供に介入するべき?

 

 

小学生ママの中には、子供が中学受験を控えている方も多いはずです。

 

受験とはいえ、当の本人は小学生。まだまだ一人で受験を乗り越える歳ではないですよね。親は子供のために何ができるでしょうか。

 

今回は、中学校受験を考える小学生のママに焦点をあててみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

親?子供?どっちも大変!?

read-316507_640 中学受験は親の受験?親はどこまで子供に介入するべき?

 

小学校受験と中学校受験を比較して、良く言われるのが、

 

小学校受験 → 親が大変

中学校受験 → 子供が大変

 

我が家は、小学校受験を経験しています。

 

小学校受験|いつから準備する?塾の流れ春夏秋冬

良かったらどうぞ!

 

以前、中学校受験を経験したママ友と話をしていた際に、私が、「小学校受験って、ホント親が大変~!」と口に出したことがあります。

 

その時、彼女は、「いやいや!中学校受験も、親、かなり大変だから!」と即座に返してきました。

 

確かに、言われてみればその通りです。大学受験を控える高校生ともなれば、既に自我も確立して、自分の進路を自分自身で考える。

 

親としては、心配で仕方のない気持ちを抑え、勉強面の口出しは極力避け、ある程度見守るという構図がイメージされます。

 

一方、私が小学校受験を経験した時、別名「親の受験」とよく言われていました。

 

それに対して、中学校受験の場合、試験当日は、高校、大学受験と同様に本人1人、自分の力だけで挑まなければならないため、中学校受験は、「本人の受験」と思っていたのです。

 

ところが、中学校受験と言えば、子供は、まだ小学生です。小学4年生、早い子では小学3年生以前から受験準備を始めます。

 

試験当日までの準備には、親がかなり広い範囲で介入することが必要不可欠になります。

 

ママの役割、多いです!

read-316507_640 中学受験は親の受験?親はどこまで子供に介入するべき?

 

受験準備として、必ずと言って良い程、塾に通うことになりますが、ただ、お金を支払えば、その後は、全て塾の先生が手取り足取り、という訳ではありません。

 

中学受験|塾は必要?いらない?子供次第で費用削減!

良かったらどうぞ!

 

★宿題や課題配布される大量のプリント管理(親が内容を把握してファイル分けしていなければ、グチャグチャに。後は高額な計算用紙になるだけです。)

★時間管理

★受験する学校選択のための情報収集

★塾の先生との面談

★塾へ持たせるためのお弁当作り

★家庭学習でつまづけば、横に付いてあげる

 

などなど…

 

挙げればキリがないほど、ママの役割は山積みです。結局の所、中学校受験だって、「親の受験」と言えそうです。

 

スポンサーリンク

 

与えられた環境はごく自然な場所

read-316507_640 中学受験は親の受験?親はどこまで子供に介入するべき?

「親の受験」私がそう思える理由が、もう1つあります。

 

自分で決めた志望校への合格に向けて勉強に励む、高校受験や大学受験とは異なり、中学校受験の場合、子供の目標(目的)が少し違います。

 

もちろん、既にしっかりしている子(特に女の子)は、きちんとした目標をもち、志望校合格への道を突き進んでいる、そんな子もいるかもしれませんが、大半はそうとは言い切れません。

 

なぜなら、中学校受験を決めるのは親だからです。

 

前述した様に、中学校受験の準備は早い子で小学3年生から始まります。年齢でいうと8~9歳の子が、自ら中学受験を希望することは、ほぼありません。

 

よって、中学校受験に挑む子供達のほとんどが、今、自分が置かれている立場は、いつの間にか親によって与えられた、ごく自然で、当たり前の環境なのです。

 

そのため、親御さんには申し訳ないのですが、親が試行錯誤しながら与えた、この環境を理解して、有難く思い、それなら、お返しに頑張って合格するぞ!と考える子は皆無に等しいと言えます。

 

幼いが故に子供達が主に考えること、それは、少しでも褒められたい!自分を認めて欲しい!特にこの気持ちはママに対して表れます。

 

もちろん塾にいけば、先生に叱咤激励され、同じ志を持った子供達が沢山いるので、刺激をもらってきます。

 

でも、なんのため?それは、ただただ「ママに褒められたい」その一心なのです。

 

子供達は、ごく自然に与えられた環境の中で、どうしたらママ(パパ)に褒められるのか、叱られるのか、を考え始めます。

 

子供の不出来を取り上げて叱るのか、少しでも出来る所を取り上げて褒めてあげるのか、受験を成功させるためには、ママやパパの対応が非常に大きなカギを握っているのです。

 

*まとめ*

中学校受験、まだまだ幼い小学生は、志望校合格!よりも、ママの笑顔

 

そのために頑張っていることをママは、決して忘れないで下さいね。中学受験はママと子供の受験です。

 

子供さんにとってベストな環境を与えてあげられることを願っています。

 

心より、合格を祈願しております。

read-316507_640 中学受験は親の受験?親はどこまで子供に介入するべき?

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

-小学生
-, ,

執筆者:

関連記事

夏休みの自由研究|いらない!なんて言わずに親子で楽しもう

  小学生の子供の夏休みの宿題「自由研究!」   まさに「自由」というだけあって、逆にテーマが決まらずに頭を抱える子供が多い悩める宿題の1つですよね。こんな宿題いらない!そう思って …

中学受験は誰が決める?親の見栄やエゴで後悔しないために

「受験」と言えども、子供の成長過程によって様々あります。   その中でも、幼稚園や小学校の受験は「親の受験」と言われています。まだまだ本人が自分の進路を決める段階には至らず、ほとんど親が決め …

小学生の夏休み|予定も予算もなくてつまらないご家庭に提案

  『子供たちには待ちに待った夏休み!』   この時期、1ヶ月以上ある小学校の長~い夏休みをママはどう乗り越えるかが悩みですよね。

小学生の夏休み「やることないよ」なんて言わないで!

  小学生の長い長い夏休み。きっと、子供達にとっては、学校へ通わなくても良い長いお休みは、嬉しくて仕方がないでしょうね。   でも、実際40日もの間、何して過ごしますか?

小学校一年生の娘が不登校|親が子供の気持ちに歩み寄る対応

    我が家の娘が小学生になり、小学1年生から不登校が始まりました。   子供が悲しい顔をしている姿は、ママにとって身を引き裂かれる想いです。なんとかしてあげたい。そう …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む