小学生

中学受験|塾に行かずに合格できる?子供次第で費用削減!

投稿日:2017年4月29日 更新日:

中学受験をお考えですか?

 3c6482218bdf2474218113fc569729b2_s 中学受験|塾に行かずに合格できる?子供次第で費用削減!

 

日本の子どもたちが、一生の内に経験する受験は、幼稚園から始まって大学院まであります。

 

それを全て受験すると、なんと6回もあるんですよ!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
 

 

様々な受験

3c6482218bdf2474218113fc569729b2_s 中学受験|塾に行かずに合格できる?子供次第で費用削減!

 

その中で一番親にとって負担が軽いのは、「高校受験」です。

 

中学までの義務教育を終える子供を持つほとんどのご家庭が挑む試験、周囲も学校も当たり前の環境の中、皆が一丸となって臨みます。

 

子供が、訳の分からないまま進んで終わるのが幼稚園受験。親は一生懸命ですが、子供にとっては何も苦ではなく、むしろ楽しいものなのかもしれませんね。

 

小学校受験も似ていますが、幼稚園との違いは、「親子で一緒に挑む」イメージです。失敗すると、子供よりも親のダメージが大きく、成功しても子供のその後に大きく関わってきます。

 

そして、小学校受験以上に親も子も成功と失敗の結果が大きく影響するのが中学受験です。

 

受験に必要な3つのポイント

3c6482218bdf2474218113fc569729b2_s 中学受験|塾に行かずに合格できる?子供次第で費用削減!

①情報

中学受験をする際に、まず情報を収集することが必要になります。その情報をどこから手に入れるか、というと大半は中学受験専門の学習塾です。

 

中学受験専門塾では、私立、国公立中学の様々な情報を、常に学校と連絡を取り合って、塾生に提供してくれます。

 

そして、成績、家庭事情、通学圏内などを考えて、その子にあった中学を提供し、受験までの面談などを行います。

 

ですから、ほとんどの中学受験生は利用しています。普通の塾や家庭教師でも勉強は充分ですが、情報の数が圧倒的に多く、独自の全国模試なども開催するので、受験の準備をするには最適と言えます。

 

②時間管理

受験とは言え、まだ小学生です。自分1人の気持ちだけで、友達の遊びの誘いやゲーム、テレビ、様々な誘惑を断ち切り、受験準備に臨む子供は稀です。

 

ここでも受験専門の学習塾が必要と言えます。同じ志を持った子供達が切磋琢磨出来る環境が重要です。

 

「時間管理なら私がするわ!」と言うお母さんもいるかもしれませんが、親子となると一筋縄ではいかない場合もあります。

 

この頃の子供は「内の顔と外の顔」を使い分ける時期です。外では良い子でも、母親には感情を剥き出しにしてしまいます。

 

親子共々、甘い気持ちは捨てて挑む覚悟がなければ、ご家庭だけでの時間管理は相当難しいと考えられます。

 

③費用

しかし、この様な塾は、6年生にもなると、教科書代、光熱費、授業料など全て含めると年間100万円ほどかかります。

 

さらに、夜遅くまで勉強をするので、夕飯を持たせる必要があり、親の負担はかなり大きくなります。

 

私立の受験をするのはお金持ちだけ、経済的にゆとりがあるから考えるんだろう、そう思われるかもしれませんが、今はそういう家庭ばかりではありません。

 

地元の中学校が荒れていたり、いじめなどが原因で子どもが地元の中学への進学を望まない場合などは、無理をしてでも、中学受験に踏み切る親もいます。

 

スポンサーリンク
 

 

費用の問題を解決!

3c6482218bdf2474218113fc569729b2_s 中学受験|塾に行かずに合格できる?子供次第で費用削減!

 

では、塾に行く余裕はないけど、子どもが勉強好きなので受験させたいという家庭はどうしたらいいでしょう。

 

特待生を取る

実際、私立でも特待などを取ることで、シングルマザーや年収が500万円を切るご家庭でも、子供が私立の中高一貫校へ進学しています。

 

特待生(とくたいせい)とは、入学試験や在学中の成績優秀者等に対して、学費の一部、もしくは全てが免除されたり、奨学金の支給などの特別な待遇を受ける学生や生徒である「特別待遇学生」「特別待遇生徒」の略語、また制度そのものを示す言葉として、教育現場等で広く用いられている。  Wikipedia 引用

 

公立の中高一貫校を目指す

3c6482218bdf2474218113fc569729b2_s 中学受験|塾に行かずに合格できる?子供次第で費用削減!

 

東京都内並びに近県には公立の中高一貫校があります。公立の場合は、私立のようにクセのある問題は出ません。

 

学校でしっかり勉強をし、高い成績を取っていれば塾に行くことなく、充分に合格する可能性はあります。

 

塾に頼らない

私立の中高一貫校でも塾に行かずに自力で合格する子はたくさんいます。

 

塾に頼らなくても、情報はネットなどで調べ、希望する学校の文化祭や体育祭を見に行くと、説明会を開催している学校もあります。

 

それでも、子供の学力がどれくらいなのか、目安を知りたい場合は、上記のような受験塾が公開模試を開催しています。

 

有料にはなりますが、塾にずっと通い続けるより安価です。

 

1回の受験料で数回受験のチャンス!

中学受験の面白いところは、学校によって何回受けても1回分の受験料で受けられることです。大学なら同じ大学でも学部ごと、試験方法ごとに受験料が発生します。

 

すべての私立がそうではありませんが、1回目で不合格になっても、改めて受験料を支払わず、初めに手続きをしておけば、2回目3回目とチャンスがあります。

 

*まとめ*

 中学受験を考える際、一番気になる所はやはり「費用」だと思います。

 

それでも、高学年になって我が子が中学受験をしたい!と言えば、芽を摘まずに叶えてあげたいと思うのが、親心です。

 

親の希望、子供の希望を沢山話し合って、親子で準備をしていきましょうね。

3c6482218bdf2474218113fc569729b2_s 中学受験|塾に行かずに合格できる?子供次第で費用削減!

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

-小学生
-, ,

執筆者:

関連記事

小学生の友達関係|子供同士のトラブルに、親は介入する?

     子供の友達関係、気になりませんか?どんな友達と付き合っているんだろう、どんな関係を築いているんだろう、こんな事まで親が心配するのは「過干渉」ですか?   ママ友ありきでお付き合いし …

小学生の夏休み|予定も予算もなくてつまらないご家庭に提案

  『子供たちには待ちに待った夏休み!』   この時期、1ヶ月以上ある小学校の長~い夏休みをママはどう乗り越えるかが悩みですよね。

公立中学校なら学費がかからない!?毎月の費用を私立と比較

中学校ではいくらかかるの? 子育て中のお母さん!これまでだって色々とかさむ出費に頭を悩ませていたご家庭も多いかと思いますが、子供さんもいよいよ中学生です。   これからどんどん支出の多い年頃 …

小学生の夏休み「やることないよ」なんて言わないで!

  小学生の長い長い夏休み。きっと、子供達にとっては、学校へ通わなくても良い長いお休みは、嬉しくて仕方がないでしょうね。   でも、実際40日もの間、何して過ごしますか?

中学受験は親の受験?親はどこまで子供に介入するべき?

    小学生ママの中には、子供が中学受験を控えている方も多いはずです。   受験とはいえ、当の本人は小学生。まだまだ一人で受験を乗り越える歳ではないですよね。親は子供の …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む