中学生 学校編

友達との喧嘩|すぐ仲直りできる?それとも無視し続けるの?

投稿日:2017年7月24日 更新日:

 

person-1107788_640 友達との喧嘩|すぐ仲直りできる?それとも無視し続けるの?

 

友達と喧嘩をして険悪なムードになってしまったこと、ありますか?すぐに謝って仲直りできれば良いのですが、なかなかそうもいきません。

 

喧嘩が長引く程、悪口や無視が続きます。子供でも大人でも、する方もされる方も決して気持ちの良いものではありません。そして振り返れば、心の中にその記憶が残るものです。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

人には、「他人の不幸は蜜の味」という脳のシステムがある反面、「渡る世間に鬼はない」といった他人を思いやる気持ちがあります。

 

今回は、そんな裏腹な感情から生まれる悪口や無視という行為についてお話しますね。

 

相手との関係性による「悪口」

person-1107788_640 友達との喧嘩|すぐ仲直りできる?それとも無視し続けるの?

 

私が大学生の頃、誰のことでも悪く言ってしまう教授がいました。ゼミの学生はもちろん、弟子の研究者、隣りの研究室の教授、事務の人、卒業生のことまで!

 

でも、それを周囲の人は知っていても、その教授には人が集まり、彼は魅力のある、カリスマ的な存在でした。

 

友達でも、お互いに悪口を言い合いながら、長年ものすごく仲が良い人がいます。

 

夫婦も同じです。ママ友同士で集まれば、旦那さんの悪口ばかり言っているのに、実はとても夫婦仲が良かったり。

 

一言で「悪口」と言っても、それが不満であったり、改善を求めていたり、ただの愚痴であったり様々です。

 

大人の社会では、相手との関係性を念頭に置いた上で利用されていることが多いのです。(もちろん常識に欠ける、悪意のある「悪口」も蔓延(はびこ)っていますが)

 

中学生の「悪口」「無視」

違和感による悪口

person-1107788_640 友達との喧嘩|すぐ仲直りできる?それとも無視し続けるの?

 

中学生になると、小学生とは違い「自我」が確立されてきます。そのために、自分と他人とは考え方や好み、趣味が違うことに気がつき、互いに悪口を言いたくなることがあります。

 

その悪口には二つの意味があります。

 

本当にその人のことを、貶(おとし)めたいと考えてする悪口

どうしても相手の考えや好みを理解出来ず、毛嫌いしてしまいます。

 

これがもう少し大人になると、「こういう考えもあるのか」と一歩下がって考えることもできますが、それができないのが中学生です。

 

相手のことを考えているからこそ、ここが嫌い、直してほしい、と思う悪口

前向きな気持ちには間違いないのですが、ただ、中学生の内は、思ったことの中の一番言いたいことが先に口に出てしまいます。

 

口に出した後、上手くフォローができず、険悪になってしまうことがあります。

 

本当はこの時点で、お互いの気持ちをしっかりと話して、仲直りをすれば良いのですが、周囲にはそれを悪い方向へ利用する友人もいます。

 

ケンカから無視までの流れ

person-1107788_640 友達との喧嘩|すぐ仲直りできる?それとも無視し続けるの?

 

例えば、Aさんと、Bさんがケンカをしたとします。以前から、Bさんのことが嫌いだったCさんは、これを良いことに、Aさんを取り込んで、「一緒にBさんをいじめよう!」と誘います。

 

Aさんは、最初は「愚痴を聞いてもらう」位の気軽な気持ちで、CさんBさんの悪口を言います。それをCさんはLINEで「Bさんの事をAさんが悪く言っていた」と流します。

 

さらに、二人の仲は険悪さを増し、とうとうAさんBさんは一人ぼっちになります。その内、Cさんと一緒に、AさんBさん無視するという行動に繋がっていきます。

 

親の介入による事態の拡大

person-1107788_640 友達との喧嘩|すぐ仲直りできる?それとも無視し続けるの?

 

また、中には子供同士のケンカに、親が介入して、こじれてしまう場合があります。

 

Bさんが家に帰り、母親に「今日Aさんにこんなことを言われた」「こんなことをされた」と、話をすると、母親はAさんの家に電話をしたり、学校の担任の先生に電話をし、事態が大きくなっていきます。

 

「酷いわよね。Aさんはそういう子なのよ。」とBさん(我が子)を慰めるつもりで、一緒に悪口を言ってしまい、Bさん自身の反省や、仲直りを促すことをしない親もいます。

 

そのため、二人の亀裂をより大きくしてしまい、結局、二人の仲は修復不可能になってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

一番簡単に相手を傷つける「無視」

person-1107788_640 友達との喧嘩|すぐ仲直りできる?それとも無視し続けるの?

 

本当に嫌いになると、人間は言葉を出すこともやめます。一番簡単で、相手を傷つけるいじめは「無視」です。

 

その人をいないことにしてしまう、自分がいないことにされてしまうことです。

 

悪く言われていたり、いじられたりしている間は、自分という存在を周囲は意識してくれています。

 

しかし、それさえも「無いこと」にされてしまうのが「無視」です。中学生に限らず、どの年代でも起こり得ます。大人の社会にも蔓延っています。

 

*まとめ*

悪意のある「悪口」は、人を傷つけます。

 

しかし、意外と多いのが、心の底からの悪意がない、その時の勢いや、ちょっと嫌な気持ちを素直に言ってしまったための悪口です。

 

後先を考えずについ口走ってしまった、子供だからこその「言葉のアヤ」です。

 

子供から友達関係(ケンカなど)を耳にした時には、子供の言い分をゆっくり聞いてあげて下さいね。

 

その中から我が子が反省すべき所があれば、子供が次の日に素直に相手に謝れる、そんな言葉掛けをしてあげたいですね。

 

この先、そのささいな喧嘩が「悪口」や「無視」に繋がらないために、お母さんの言葉掛けが何よりも大切です。

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…

person-1107788_640 友達との喧嘩|すぐ仲直りできる?それとも無視し続けるの?

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

-中学生 学校編
-, , ,

執筆者:

関連記事

なんでボクが?私が?学校でいじめられやすい中学生のタイプ

  「小学生時代にいじめにあったから、別の中学に行きたい!」そう言って、受験して私立中学校に進学希望する子がいます。   ところが、原因によっては、またいじめにあうという可能性が潜 …

中学生が気になる内申点|絶対評価と相対評価ってなに?

    内申点、中学生のお父さんやお母さんはよく聞く言葉ですよね。詳細をご存知ですか?   簡単に説明すると、毎学期末に子供がもらう成績表を一年間トータルし、学校で決めている基準に …

中学校給食まずい!の声|デリバリー方式から学校調理方式へ

  中学校は義務教育のため、中学三年生までの昼食は、「給食指導」という授業になります。   私が中学生だった頃は、給食の時間が楽しみで仕方がなかったです。でも、今思えばあれは「授業 …

友達がいない!寂しい!友達ができないと悩む中学生へ

    友達って何だろう?どういう関係を友達と言うんだろう?中学校のクラスの中で「友達」と呼べる人がいない、そう感じている人は、そんな事を考えたりしませんか?   友達っ …

LINEって本当に怖いよ!中学生「いじめ」が残す深い傷跡

    いじめという言葉、あなたはどう捉えていますか?   「出来ることなら避けて通りたい、我が子がする側にも、される側にもなって欲しくない。」中学生の子供を持つ親にとって、この悩みは尽きま …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む