子供の症状・発達

鼻くそを食べる子供のいじめが心配!すぐにやめさせたい!

投稿日:2017年9月27日 更新日:

 

baby-788088_640 鼻くそを食べる子供のいじめが心配!すぐにやめさせたい!

 

 私の娘は、12年前まで鼻をほじる事がありました。最初は、その内にやめるだろうと思っていたのですが、気づくと鼻をほじっており、癖になっていました。

 

家の中では留まらず、外出先で他人の前でもほじる様になりました。先生のお話によると、幼稚園内でもほじっている、そして鼻くそを食べてる!!との事でした。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

鼻をほじる癖はマナーや衛生面、健康上などの問題が沢山あり、大人はすぐにでもやめさせたいと思っているはずです。

 

子供はそんな大人の反応が楽しかったり、下品な事をするのが楽しいと思う時期もあり、あまり気にしていない事も多々あります。

 

しかし、本当に癖になってしまうと親としては、いじめの対象になってしまうのではないかと不安もあり、やはり早急に子供が鼻をほじる事、そして鼻くそを食べる事はやめさせたいですね。

 

今回は「鼻をほじる癖」についてご紹介します。

 

鼻をほじる原因

baby-788088_640 鼻くそを食べる子供のいじめが心配!すぐにやめさせたい!

 

鼻をほじってしまう原因は「鼻くそが溜まっているから」です。鼻くそとは鼻が炎症を起こして鼻水にバイ菌などが混ざり、鼻水が粘液状になり、それが乾燥し固まったものです。

 

そう考えると鼻くそは、ばい菌の塊という事がわかり、とても汚いものなのです。

 

そのばい菌の塊の鼻くそが鼻の穴の中に溜まると違和感を覚え、つい指で取ってしまいたくなります。それは、子供に限らず大人でも誰でも感じることです。

 

しかし、前述した通り、鼻くそは非常に汚いものなので、ほじってしまうと指にばい菌が付着してしまい、その指を目や口に入れてしまうと、病気になってしまう事もあります。

 

子供が鼻くそをほじる原因は鼻水が出る事から始まり、その鼻水の原因を抑える事ができれば鼻くそもできないという事になります。

 

まずは鼻水の原因である、風邪やアレルギーを治す事が大切です。

 

鼻をほじらないようにするには

baby-788088_640 鼻くそを食べる子供のいじめが心配!すぐにやめさせたい!

 

■鼻をかむ

風邪を引いてしまったら、鼻水を止める事は風邪を完治させるしかありません。

 

そんな時にできる事が、とにかく鼻水を鼻の中に溜めない事です。こまめに鼻をかんで鼻水が固まらないようにしましょう。

 

歳頃になると、子供に鼻のかみ方を教えると見よう見まねで鼻をかむようになり、上手にかめるようになる子もいます。

 

決して指を鼻の中に直接いれるのではなく、早めに鼻をかむ事を習慣づけましょう。

 

■風邪を予防する

まずは風邪を引きにくい体づくりをして、風邪の予防に努めましょう。

 

また、ダニを吸い込んでしまいアレルギー反応を起こしてしまう場合は布団を頻繁に干す、花粉の時期は部屋に花粉を持ち込まないように気を付けることが必要です。 

 

スポンサーリンク

 

■子供に教え、やめるようにきちんと諭す

子供は鼻くそがしょっぱいから食べてしまっている事があります。目ヤニや耳垢を口に入れることはないのに、なぜか鼻くそは口に入れてしまう子供が多いです。

 

鼻くそが菌の塊である事をしっかりと子供に伝え、鼻くそが汚いものだと実感させましょう。

 

また、それだけ汚い鼻の中に指を入れてしまうと、手にもばい菌が付着してしまいます。その手で目をこすったり、別の箇所を触ると、目や他の箇所の病気になってしまう恐れがあります。

 

「鼻くそは怖いもの」という事を子供に諭してみましょう。

 

■「鼻くそをほじって欲しくない」という事を子供に伝える

子供の中には、わざと鼻をほじって周りの気を引こうとしている場合もあります。子供は下品な物や事が好きになる時期があります。

 

鼻くそは汚い物、鼻をほじる事は良くない事だと認識しているからこそ、大人の気を引きたかったり、笑わせたかったりと、わざとする子もいます。

 

何を言っても効き目がないときは是非

「鼻くそをほじっている姿を見ていると嫌な気持ちになってしまう」

とか、

「ママは〇〇に鼻くそをほじって欲しくないな」

など、はっきりとママの気持ちを伝える事も有効です。

 

■鼻の穴チェックをする

 鼻の穴の中に鼻くそがなければ、子供は鼻をほじる必要がなくなります。子供が鼻をほじる習慣から、今度はママが鼻の穴をチェックする習慣に変えていきましょう。

 

我が家の場合、歯磨きをする時に一緒に鼻の穴チェックをしよう!と決めました。

 

仕上げ磨きの際、鼻の穴の中に鼻水や鼻くそがないかを確認します。習慣になってくると、子供の体調チェックにもなりますよ。

 

このチェックを続けて以来、娘が鼻をほじる事がなくなりました。

 

*まとめ*

子供の場合、鼻の中のムズムズした感覚が気になり、指で鼻の中をほじる行為が始まります。

 

指についた鼻くそをティッシュで取り除いたり、手を洗いに洗面所まで行くことが面倒で、つい口に入れてしまった!なんてことから、鼻くそを食べることが習慣になってしまう子が多いのです。

 

鼻くそをほじる事が常習化してしまうと、なかなか治せなくなってしまいます。

 

そうなってしまうと、ママは、子供が鼻をほじる姿を見る度に「やめなさい!汚いでしょ!」と言い続けることになり、それが隠れてほじったり、隠れて鼻くそを食べる原因にも繋がります。

 

小さい内なら、鼻くそが溜まっていない状況にしてあげることで自然と鼻くそをほじらなくなります。

 

ママがこまめに気を配り、子供が小さい内から鼻くそをほじる環境を排除してあげられると良いですね。

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…

baby-788088_640 鼻くそを食べる子供のいじめが心配!すぐにやめさせたい!

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

-子供の症状・発達
-, ,

執筆者:

関連記事

言葉が詰まる(ブロック)!子供のどもりが心配なママへ

  吃音(きつおん)は治るの?  子供の成長は本当に早いものです。毎日できる事が増えていき嬉しい気持ちで一杯ですが、それと同時に発育への不安もでてきます。

暑いけど、行く?行かない?夏の公園ライフを楽しもうよ!

  夏、子供を公園に連れて行きますか?熱中症、日焼け、虫刺されなど、心配することばかりで悩む所ですよね。   今回は、夏の公園の危険を考えつつ、その対策と必需品について、私の実体験から得たこ …

怖い!子供を熱中症から守るためにママが知っておくこと

夏!熱中症対策の季節です   寒かった冬も終わり春が来たと思えば、あっという間に夏ですね!   元気一杯の子供達は季節に関係なく、外で遊ぶことが大好き!どんなに暑くても、外へ飛んで …

自閉症の子供が同じクラス(普通学級)にいた場合の理解

  自閉症の子供との向き合い方について考えた事はありますか?   例え、我が子が自閉症ではなくても、普通学級には自閉症の症状を抱える子供が在籍している場合があります。   …

子供の大きないびき!原因から分かる良いイビキと悪いイビキ

    お子さんは夜、スヤスヤと眠っていますか?   まさか、こんな小さな子供が?!と耳を疑う様ないびき!本人は何も知らず幸せそうに寝ていますが、ママとしては心配ですよね …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む