ママの症状・感情

産後クライシスを乗り越えた!もう一度夫を好きになる方法

投稿日:2017年7月2日 更新日:

 

florence-1076151_640-e1498983623543 産後クライシスを乗り越えた!もう一度夫を好きになる方法

 

産後クライシス|夫婦仲を復活させよう!夫を愛せないママへ より続いています。

 

産後クライシスは、これが原因という訳ではなく、様々な問題が複雑に絡み合って起こってしまいます。

 

しかし、せっかく大好きな人と結婚して、その人との間に可愛い可愛い我が子が生まれたのですから、幸せ一杯の時間を過ごしたいものですよね。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

前回より引き続き、産後クライシスの原因だと考えられる夫婦間の関わり方と、夫婦仲の復活法についてお伝えしていきますね。

 

夫婦のコミュニケーション不足

florence-1076151_640-e1498983623543 産後クライシスを乗り越えた!もう一度夫を好きになる方法

 

子供が生まれると必然的に子供中心の生活になってしまいます。すると、知らず知らずの間に夫婦の会話が子供の話ばかりになってしまいます。

 

私もふと先日、最近子供の話以外で夫婦間で楽しく会話していない事に気づきました。

 

以前はテレビを見ては一緒に笑ったり、たわいもない会話をしていたのに最近は子供の話ばかりだったなと反省しました。

 

夫婦で子供の事を話す事もとても大切ですが、子供以外の会話も忘れてはいけません。

 

また、夫の事は二の次で子供の事に夢中になっていないでしょうか。仕事で疲れて帰ってきて、家族が相手にしてくれないとパパも寂しくなってしまいますね。

 

すると家庭に居場所を感じられず、ゲームに走ったり、仕事帰りに仕事仲間と飲みに行く事の方が楽しく感じるようになってしまう可能性もあります。

 

ママもパパも子供の事を1番大切に思っている事には変わりありません。

 

パパとママが結束している事が子育てをする中で最も大切で、その為にも日頃から、たわいもない事を話し合えるようにしておくと、いざ大切な話をする時にも会話が嚙み合わないなどという問題を回避できます。

 

夫の育児参加率が低い

夫が育児に参加出来ない社会的現実

florence-1076151_640-e1498983623543 産後クライシスを乗り越えた!もう一度夫を好きになる方法

 

今の日本ではどうしても母親に育児の比重が偏ってしまっている現状があります。

 

昔に比べて男性の育児参加率が増えているとはいっても、まだ育児全般をほぼ行っているのは女性側が多いのが現実です。

 

ワンオペ育児という言葉も最近耳にするようにママが一人で育児をしている家庭も少なくありません。実際私もその一人です。

 

ただ、パパは会社で働いている為、パパが悪いと一概には言えません。パパが育児に参加したくないのではなく、参加できる環境にないというのが現実です。

 

職場で、「子供が生まれたから、今日からは残業はしません」とか「今日は子供の具合が悪いので会社をお休みします」とは、なかなか言えない環境の人が多いのではないでしょうか。

 

私も、ずっと会社勤めをしていたので男性がまだそのような環境にないという事は重々承知しており、夫に、「もっとパパも会社の育児制度を利用して欲しい!」などと到底言えません。

 

したがってワンオペ育児になっている現状です。この男性の育児参加率の低さも産後クライシスの原因になります。

 

「ワンオペ育児」パパが単身赴任!ママの完全一人育児対策

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

☝良かったらこちらもどうぞ!

 

スポンサーリンク

 

ママの期待とパパの行動のずれ

florence-1076151_640-e1498983623543 産後クライシスを乗り越えた!もう一度夫を好きになる方法

 

しかし、私はこの男性の育児参加率が低い事が直接の原因ではないと考えます。

 

参加率が低い事で、ママがパパに求めている「育児への関わり方」が理解できていない事に原因があると感じています。

 

ママの期待とパパの行動にずれが生じているという事です。このずれを修正できればこの問題は解決できます。

 

まず、ママはパパに「気づいて欲しい」「察して欲しい」と思わない事がポイントです。

 

パパはママと違って子供と関わる時間が極端に少ないので気づけないのが普通と思っておいた方が気持ちが楽になれます。

 

ママがして欲しい事に気づけないのだから、ずれている事をされる前にこちらから「〇〇をやって欲しい!」とはっきり伝えましょう。

 

言わなければ伝わりません。そこはママもパパの立場を理解し、やって欲しいと思う事があれば言ってあげましょう。

 

何も言わずに心の中でイライラしてパパへの不満が募っていくことはママもパパも不本意ですよね。言葉で伝える事でパパにも的確な育児参加をしてもらう事ができるはずです。

 

*まとめ*

パパとママがお互いに思いやりの気持ちを忘れてはいけません。

 

ママもパパも頑張っているのです。どうしても辛い状況の時は自分だけが辛いと思い、「相手は何もしてくれない、わかってくれない!」と不満に思ってしまいがちです。

 

一度、そこで立ち止まってみて下さい。相手も頑張っていますよ。まずはお互いの頑張りをねぎらう事から始めてみましょう。本当に些細な言葉で十分なんです。

 

私も夫がほとんど育児に参加できない事で、ずっとイライラしていた時期がありました。

 

帰宅は毎日午前1時すぎで、本人も疲れた雰囲気を漂わせているし、自分の育児の辛さなんか理解してくれないだろうと半ば諦めていました。

 

florence-1076151_640-e1498983623543 産後クライシスを乗り越えた!もう一度夫を好きになる方法

 

そんな時、夫から「毎日育児お疲れ様、この1年の疲れを癒してください」というメッセージと共に、マッサージのチケットを貰いました。

 

そのたった一度のねぎらいの言葉で私は俄然やる気を取り戻しました。

 

夫に対する負の感情もその時は消えました。(またしばらくするとでてくるのですが…笑)

 

私も夫に対しても忙しい中、休日は子供とフルに遊んでくれていると、良い方向から夫の育児への関わり方を見る事ができるようになりました。

 

言葉は大切です。産後クライシスを乗り越える一番の鍵は夫婦でお互いの頑張りや役割を認め合い、思いやる事です。

 

せっかく素敵な家庭を持ったのだから産後クライシスを乗り越えて、より仲の良い家族へ成長していくチャンスに変えて下さいね。

 

大丈夫!ママは一家の太陽です!

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…
florence-1076151_640-e1498983623543 産後クライシスを乗り越えた!もう一度夫を好きになる方法

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

-ママの症状・感情
-, , , ,

執筆者:

関連記事

主婦業って報われない|無給で無休な家事や育児はストレス?

    保険会社が、専業主婦の一日当たりの労働を給与換算すると、15,000円以上になるとのこと。パートで8時間以上労働しても貰えない、正社員以上の給与に相当すると言われています。しかし、実 …

しつけとの線引きはどこ?虐待する親の気持ちが理解出来ない!

  しつけと虐待の明確な境界線は、どこにあるのかはっきりと答える事ができますか?   「虐待だなんて、酷い!理解出来ない!」そう感じているママも、しつけとの線引きはきちんとできてい …

産後の尿漏れが治らない!4ヶ月過ぎても続く場合の改善方法

     産後の気なる症状として尿漏れがあります。   恥ずかしいと感じていて、あまり人に相談できずに悩んでいませんか?産後の尿漏れは特別な事ではありません。よくある症状です。私も …

ママは風邪を引いても熱でも休めない!ご飯用意どうする?

      子供が幼稚園や保育園に通うようになると、とにかく風邪菌をもらってきます。幼稚園や保育園は風邪の宝庫と言っても過言ではありません。   仕方がないと言 …

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

  子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。   自分の思うま …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む