ママの悩み・対策

「ウチの子供、褒めるところがないのよね」ってホントですか?

投稿日:2017年5月16日 更新日:

 f21b8cea93d9acc325a110b5186091ee_s 「ウチの子供、褒めるところがないのよね」ってホントですか?

 

子供が生まれてからというもの、寝返りができた!凄いね!と褒め、立った!歩いた!と褒め、何もできなかった子供が一つ一つできる様になっていく事が嬉しくて、心から子供を褒めて、はしゃいで喜んでいました。

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク
 

 

ところが、子供が成長するにつれて、できた時に褒める事を忘れがちになってはいませんか?できる事が当たり前になってくると、できない事の方が目について、つい叱る方が多くなってしまいますよね。

 

今回は、ママやパパが「褒める」ことによって、どんなに子供の自信に繋がるのかをお話していきますね。

 

子供を褒める効果

(1)前向きな気持ちになれる

f21b8cea93d9acc325a110b5186091ee_s 「ウチの子供、褒めるところがないのよね」ってホントですか?

 

褒められると、頑張った分だけできるようになるんだ!やればできるんだ!という自信を持つ事ができます。

 

叱られてばかりだと否定的な考え方になってしまいますが、自分のしている事に対して自信を持ち、前向きな気持ちで取り組めるようになります。

 

信頼関係が深まる

f21b8cea93d9acc325a110b5186091ee_s 「ウチの子供、褒めるところがないのよね」ってホントですか?

 

子供は、日常の些細な事を褒められた時に「ママは見ていてくれた」「頼られている」と感じます。ママが自分の事をきちんと見ていてくれていると嬉しいもので、安心して物事に取り組むことができます。

 

やる気につながる

これは大人も同じですよね、自分のした事を褒めてもらうと、「やって良かった」「次も頑張ろう」と思えます。

 

子供も同じで褒めてもらうと、やる気がアップして次の事にも積極的にチャレンジしようと思えるのです。褒められると脳内からやる気を出すホルモンが分泌されます。

 

(4自己肯定感につながる

f21b8cea93d9acc325a110b5186091ee_s 「ウチの子供、褒めるところがないのよね」ってホントですか?

 

褒められると自分が大切な存在なんだと感じる事ができます。自己肯定感は自分に自信を持つことが出来るので、果敢に挑戦する心や諦めない心を育てます。

 

 

スポンサーリンク
 

 

褒める時の心得

心に従って素直に褒めよう!

f21b8cea93d9acc325a110b5186091ee_s 「ウチの子供、褒めるところがないのよね」ってホントですか?

 

無理に褒めようとするのではなく、ママやパパが本当にすごいと思った時、感動した時、感謝したい時など、自然な感情を言葉にして褒めましょう。

 

例えば、我が家の長男が妹の口周りが汚れている事に気がついて、妹の口元を拭いていたことがありました。

 

その時に私は心からその行動を嬉しく思い、すぐに「〇〇の事見ていてくれたんだね、ママ本当に助かったよ、ありがとう」と褒め、妹にも「優しいお兄ちゃんだね」と声掛けをしました。

 

すると長男は、誰が見てもわかるほど嬉しそうにしていました。それから妹に対して、とても面倒を見てくれようになりました。

 

子供は以外に鋭いです。無理をして褒めても、子供には何かおかしいと感づかれてしまいます。本当に心から出た言葉は子供の心にも強く残るはずです。

 

結果ではなくプロセスを褒めよう

「〇〇ができて偉い!」「〇点とって凄い!」という言葉は、子供にとって、その時は嬉しいものなのですが、次も親が喜ぶ事をしなければというプレッシャーになってしまいます。実際に私が幼い時にそうでした。

 

子どもは本能で親の喜ぶ顔が見たいと思っています。なので結果を褒めると、またその結果ばかりを気にしてしまいます。勿論良い結果を出す為に努力するのですが、そのプロセスをきちんと見ていてあげて下さい。

 

新しい事にチャレンジした時は失敗する事がほとんです。

 

上手くいかなかった時には「頑張っただけでも偉いよ!」と言うのではなく、「残念だったね、惜しかった。けど、また次頑張ろう!!」と励ましてあげることで、次の意欲へと繋がります。

 

些細な事を褒めてみよう

f21b8cea93d9acc325a110b5186091ee_s 「ウチの子供、褒めるところがないのよね」ってホントですか?

 

子供の成長は早いもので、ついこの間できなかった事が気が付くと出来るようになっている事ってありませんか?

 

「あれ?できるようになったんだ」と心では思っていながらも口に出さず、そのまま月日が流れていってしまうことが日常には溢れています。

 

しかし、子供は気づいてもらえると喜びます。何か大きな事を成し遂げた時にだけ褒めるのではなく、日常のほんのちょっとした事を褒めてあげて下さい。

 

息子が箸を使う事に苦戦していた時期がありました。ずっと補助がついていた箸を使っていた為、補助なしの普通の箸に移行するのに手こずっていました。

 

補助ありだとすぐに掴める物が普通の箸だとなかなか力が伝わらずに上手に掴めなかったのです。

 

食事がなかなか思うように進まず、息子も嫌になっていました。

 

う普通のお箸は使いたくないと投げ出していた時もありましたが、幼稚園に通い始め、箸を上手に使うお友達の影響で再び普通のお箸に興味を持ち始めました。

 

私は強制はせず、あくまでも「息子のペースで、使いたい時だけ使ってみれば良い」という気持ちで、使わなくても毎日食卓に普通の箸を補助箸を両方出す事にしました。

 

すると毎回初めは普通の箸を使うようになりました。毎日毎日少しづつ使う事によって目に見えてうまく箸が使えるようになっていきました。

 

ある時、「普通の箸がとても上手に使えるようになったね、毎日練習していたものね、頑張ったね!」と褒めてみました。

 

すると息子は、その日に「今日から普通の箸だけで良い」と自分から言い出し、その日以降、補助箸を使う事はなくなりました。

 

息子の中でも毎日必ずチャレンジしていた事を認めてもらえた事は嬉しかったようで、最後の踏ん切りがついた様でした。この経験で、褒めることが子供の自信に大いに繋がることを確信しました。

 

褒めてばかりでなく叱る時はしっかり叱ろう

子供は褒めて育てたいと誰もが思っていると思いますが、他人や自分を傷つけた時、命に関わる危険な事をした場合など叱るべき時というものがあります。

 

その時はタイミングを逃さず、必ずしっかり叱りましょう。

 

褒める事も叱る事も大切な子供とのコミュニケーションです。褒めて育てるにはその対比となる叱る事もとても大事で、悪い事は悪いとしっかり子供に教えてあげて下さいね。

 

*まとめ*

一生懸命頑張る事は、大人も子供も大変な苦労を伴います。楽な方に流れるのは簡単なのです。ですから褒めるタイミングをきちんと見計らう必要があります。

 

その為には子供の成長が当たり前だと思わずに、日々の小さな「できた」に注目してあげなければいけません。

 

「褒めることが良いことなのは分かっているけど、ウチの子、褒めるところがないのよね。」というママに限って子供の当たり前に注目できていないのです。

 

大きな成果はなかなかありませんが、小さな成果は日常に溢れているものです。その小さな成果を見逃さずにプロセスをきちんと見つめ、褒めてあげる事で、自分に自信を持てる子供が育ちますよ。

 

これで、あなたの「褒める育児」は大成功です!

 

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…

f21b8cea93d9acc325a110b5186091ee_s 「ウチの子供、褒めるところがないのよね」ってホントですか?

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

-ママの悩み・対策
-,

執筆者:

関連記事

男の子二人の育児|兄弟は仲良しだけど将来はライバルです!

  兄弟姉妹には、人数や性別によって様々な構成があります。   親としては、男の子も女の子も授かることが出来ればと思いますが、子供の立場からすると、同性同士って良いものだな、と私は …

兄弟姉妹を比較して劣等感を抱かせないために親ができること

    同じ兄弟姉妹だからと言って、必ずしも性格や背格好が似ているとは限りません。勉強も同じです。   かたやスポーツ万能だけど成績はいま一つ。一方、もう一人は運動音痴だけど、頭脳 …

完璧主義者の子育て|完璧な母親と子供を求めて辛いママへ

    人生の中で、特に失敗もなく順風満帆に過ごしてきた。ところが、結婚、出産を経て「子育て」となると、そうはいかない!という人が多いものです。   なんでもそつなくこなしてきた、 …

産後、実家で休まらない!昔の育児を押しつける母にイライラ

  医学は日々進歩しており、妊娠、出産、そして育児の常識が一昔前と今では180度違う事はよくあります。今、正しいと思っている事も何十年か先には、もしかしたら全く違っているかもしれません。 & …

赤ちゃん連れの外食は疲れるから無理!と敬遠しているママへ

    赤ちゃん連れの外食を楽しく過ごすための事前準備 より続いています。   赤ちゃん連れでも楽しく外食できるポイントをお伝えしています。   赤ちゃんと一緒 …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む