中学生 生活編

中学生の万引き・お金を盗むことに繋がる理由と親の対応

投稿日:2017年8月23日 更新日:

 

boy-634379_640 中学生の万引き・お金を盗むことに繋がる理由と親の対応

 

中学生の子供を持つお母さん、子供にお小遣いを渡していますか?

 

月々のお小遣いの金額が決まっている家庭もあれば、必要な時にその都度お金を渡す家庭もありますよね。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

「今月はこれだけ貯金して、これだけは自由に使おう!」なんて、きちんと管理出来ることが理想的なのですが、「あればあるだけ使ってしまう」となると、親としても渡すことに躊躇してしまいます。

 

お金を持たせれば、何か悪いことに使うのでは?と心配になる反面、持たせなければ、万引など犯罪に繋がってしまうのでは?とどちらにしても心配は尽きません。

 

お金を持つ=犯罪に繋がる?

boy-634379_640 中学生の万引き・お金を盗むことに繋がる理由と親の対応

 

結論から言うと中学生は、お金があるなしに関係なく、非行をする子はしますし、しない子はしません。

 

お金がないからお金を盗む、万引きやカツアゲをするか、というと、そういう訳ではないのです。

 

むしろ、お金がある子は、万引きやカツアゲのターゲットにされることがあります。また、お金持ちのお嬢さんが、万引きをしていたという例もあります。

 

中学生になると、小学校の時の様に親を含めてのおつきあいではなくなります。子ども同士で映画や遊園地、ゲームセンターに遊びに行く子もいます。

 

一般的に公立の中学生は地元の子がほとんどのため、こういった遊びをしていても、地元の人たちが目を光らせています。

 

「○○さんの家の子が、ゲームセンターにいた」、「△△さんの家の子が、万引きをしている」、という情報がすぐに広まってしまいます。

 

足立区や葛飾区といった下町はこういったことが徹底していてとても良いそうです。ある程度、「お小遣いのあるなし」に関係なく、悪いことをする子はしますし、しない子はしません。

 

家庭環境=犯罪に繋がる?

 

boy-634379_640 中学生の万引き・お金を盗むことに繋がる理由と親の対応

 

少年犯罪に関わる子のほとんどは、家庭に問題がある子とすぐに分かります。

 

親が元々犯罪傾向にある、離婚再婚を繰り返している、親が夜遅くまで居ない等、一目で問題を起こしそうな家庭の子供です。

 

もちろん、離婚をしてシングルで子供を育てていても、しっかりと育っている子はたくさんいますし、両親が居なくても、きちんと自分の将来を考えて勉強に取り組んでいる子もたくさんいます。

 

むしろ、両親が揃っているのに…という子の方が最近は問題行動を起こす傾向にあります。

 

スポンサーリンク

 

国立私立中学校に通う場合

boy-634379_640 中学生の万引き・お金を盗むことに繋がる理由と親の対応

 

国立私立の中学に通っている場合、学校が家から離れていることが多く、学校での保護者間の関係と、ご近所の連携が保たれている訳ではありません。

 

こういった一目でわかる基準がないのが一番の問題です。

 

学校で相手の親と親しくしていても、それは学校だけの世界で、実際に近所の人にはあまり評判が良くない人もいます。

 

「○○さんの家の子は有名な学校の付属にいるけど、近所の人に挨拶一つできないし、親もお高くとまって感じ悪い」、というのを耳にします。

 

そして一見、良い子に見えていた子や、成績が良い子が罪を犯しているというのも珍しくないのです。

 

有名な女子大の付属やセレブの子が集まる学校でも、万引きの常習の子がいます。

 

初めはお菓子や文房具が、やがて「お金を盗む」に発展したということを良く聞きます。「人を傷つけるような犯罪」までしてしまうこともあります。

 

しかし、未成年の犯罪は*秘密裡に処理されます。そのため、幼稚園や小学校から一緒で、お互い家庭の中まで知っている公立中学校の方がわかりやすく、犯罪を防ぎやすいのです。

(*秘密裡とはー物事が秘密の状態で行われること)

 

また、公立中学校では現金を持ってくることは禁止のため、学校内でのお金の犯罪はめったにありません。

 

問題は、お金に不自由していない私学の子供達です。

 

彼らは、お金が欲しい訳でも、欲しいものがある訳でもなく、ただ自分のステイタスや満足感、ストレスからの解放感、相手への威圧感を示すだけのために、他人から金銭を奪うという行為をする傾向にあります。

 

*まとめ*

万引きや窃盗に繋がる原因として、「お金を持つ」「家庭環境」「国立私立中学校に通う」と事例を挙げました。

 

しかし、これはあくまでも一例であり、少年犯罪に繋がる原因が必ずしもこれらとは限りません。そして全ての子供に該当する訳ではありません。ご了承下さい。

 

boy-634379_640 中学生の万引き・お金を盗むことに繋がる理由と親の対応

 

ただ、少年犯罪を犯してしまう子供達に共通して言えることは、本人達には悪意がなく、犯罪であるという認識が薄いという事です。

 

さらに、その子の成績が優秀であると、学校としてはその子を守りたいために、そういった行為が明るみになっても隠す学校もあります。

(もちろん、しっかりとした私立の学校では退学になります。)

 

こういった行為を放っておくと、やがてその子自身、取り返しがつかないことになります。

 

大人になった時、会社のお金を横領したり、欲しいものがあると我慢ができなくなり、手当たり次第借金をするようになります。

 

非行を防ぐために好きなだけ子供にお金を与えていませんか?

 

我が子が「欲しいものがあったら、万引きしてしまうかもしれない」そう心配してお小遣いを余分に渡すというのは大きな間違いです。

 

悪いことをしない子は、ちゃんと我慢もできます。心配しないで、きちんと決まったお小遣いだけを渡して下さいね。

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…

boy-634379_640 中学生の万引き・お金を盗むことに繋がる理由と親の対応

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

-中学生 生活編
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

本が嫌い!読書が苦手な中学生におすすめしたい読み方

    子供さんは、本を読むことが好きですか?   読書は、自分が日常で味わうことのないシチュエーションや感情を、物語の中で知ることができる、とても楽しいものです。そして …

中学生の性への関心に対して大人が教えるべきこと

    中学生になると思春期を迎え、異性や性行為について最も関心が高まり始める年頃です。   友達と面白可笑しく話す男子、恋愛の悩みを真剣に打ち明ける女子など、親には全く …

中学生にはストレス?親がうざい程ガミガミいう理由と必要性

    自分の親がガミガミ怒る…という経験を嫌という程した人と、そうでない人。そして自分自身も親として、ガミガミと怒る人と、そうでない人。   あなたは、どちらの親に育てられました …

中学生の一人称が僕・私以外の人(ウチ・アタシ・名前など)

   一人称(自分自身を呼ぶときの名称)は、色々ありますが、何を使っていますか?   一般的な「僕」「私」以外には「ウチ」「アタシ」「オレ」など、人によっては「自分の名前」を呼ぶ人もいますね …

思春期|無気力で何でも「うざい」と返す子に親ができること

  小学校高学年から中学生にかけて、思春期(第二次性徴期)を迎えます。   成長期のこの時期、生まれながらにもっている男の子女の子の違いとは異なる、成長に伴い発生する性ホルモンによ …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む