幼児 生活編

4歳の反抗期!子供がすぐ怒ってふてくされる心理と親の行動

投稿日:2017年7月4日 更新日:

child-1713177_640 4歳の反抗期!子供がすぐ怒ってふてくされる心理と親の行動

 

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも束の間、やってきます。今度は4歳の難関が!

 

「イヤイヤ」がひどい!2歳の反抗期を乗り越える対処法とは

☝2歳児の反抗期はこちらです

 

スポンサーリンク
 

 

4歳児の反抗は、2歳の頃とは少し違います。ただ自分の意見だけを通したいという気持ちがダイレクトに表面化する2歳の反抗期に比べ、4歳児は、自分の意見をきちんと主張できる程の表現力と、言葉の理解力が備わっています。

 

2歳の頃の一方的な感情とは少し異なり、周囲の大人の接し方によって反抗的な感情が湧き起こっていると考えられます。

 

今回は、そんな4歳の反抗期の子供への接し方をご紹介しますね。

 

4歳は大人の気持ちが伝わる

4歳にもなると、大人ときちんとした会話ができるようになります。自分の気持ちも言葉で伝える事が上手になり、うまく伝わらないといって癇癪を起したりする事は減るでしょう。そのかわり別の理由でいう事を聞かなくなってきます。

 

① 大人の言っている事が納得いかない

child-1713177_640 4歳の反抗期!子供がすぐ怒ってふてくされる心理と親の行動

 

大人の都合で物事の良し悪しを変えてしまう事で、子供は、「この前は、〇〇って言ったのに、今日は違う事を言っている」という不満が募ります。

 

例えば、自分には「公園に咲く花を取ってはいけない!」と言っておきながら、お友達が取っていても何も言わないなどです。私も一度子供に指摘された事があり、娘のお友達の知っている子供達には、その親と話し合った上で、娘と同じ様に注意するようにしています。

 

② 自分の意見に自信がある

child-1713177_640 4歳の反抗期!子供がすぐ怒ってふてくされる心理と親の行動

 

この時期の子供は自分の見た物、聞いた事を自信たっぷりに親に話してくる事があります。子供の言っている事が何か違うと思ってこうじゃない?と指摘をしても全く聞く耳を持ちません。自分が正しいの一点張りです。

 

そんな時は一度引き下がります。子供が自分で仕入れてきた自慢の話を親に違うと一蹴されたら子供の気持ちをがっかりさせてしまうし、次へのやる気や好奇心を奪ってしまうからです。子供が全く親の違うという指摘を聞き入れなかった場合は一度引き下がり、子供自身に正しい答えを見つけさせます。

 

これも娘の話ですが、娘は幼稚園で新しいゲームを教わってくると必ず家でもやりたがります。しかし、自分の都合の良いようにルールを変えてしまっているのです。違うと指摘をしても自分が合っていると言って全く言う事を聞きません。

 

そんな時は子供の言う通り一度やってみます。すると案の定うまくゲームができず、子供が自分で誤りを自覚できます。親がどんなに違うと言ってもこの歳の子供は自分で気づかないとなかなか受け入れてくれません。

 

自分の話に自信があるという事はとても良い事なので頭ごなしに跳ね返すのではなく、受け入れてから自分で気づかせるように誘導してみて下さい。

 

スポンサーリンク
 

 

③ 大人が話を聞いていない

child-1713177_640 4歳の反抗期!子供がすぐ怒ってふてくされる心理と親の行動

 

大人が子供の話をきちんと聞いていない事で、子供も大人のいう事を聞かなくなってしまいます。子供に伝えたい事がある時は子供の言い分をまず聞いてあげましょう。大人の都合で一方的にどんどん話をしてしまうと子供の言い分を聞くチャンスを逃してしまいます。

 

子供には子供なりの言い訳があります。子供の話を親が聞き入れてあげる事で子供は安心して大人の話を聞く事ができます。まずは聞く態勢を整えましょう。

 

また、子供が一生懸命話をしているのに「ながら聞き」をしてはいませんか?携帯を触ったり、他の事をしながら聞いてはいないでしょうか?子供が真剣に話をしているのに親の心が子供へ向いていない時は子供に伝わってしまいます。

 

その反対で、親が子供に伝えたい事がある時に何かをしながら話をしている時も子供の心に響きません。伝えたい事がある時は、きちんと子供に向き合って真剣に伝えましょう。

 

その為には親の話だけ真剣に聞いて欲しいという考えは自分勝手ですね。子供にきちんと話を聞いて欲しいと思ったら、まずは親が子供の話を真剣に聞く態勢を整えましょう。

 

④ 叱るばかりで褒めていない

child-1713177_640 4歳の反抗期!子供がすぐ怒ってふてくされる心理と親の行動

 

子供は「〇〇しなさい!」といわれるとやる気がなくなるようです。確かに私自身も子供の時命令されると嫌な気分になっていました。

 

部屋が散らかっていると、つい「片付けなさい!」と言ってしまいがちですが、命令ではなく、ママが助かるという言い方をしてみて下さい。そして少しでも子供が動いたら大げさな位褒め讃えて下さい。

 

先日、娘と遊んだ後に一緒に部屋の片付けをしていたのですが、下の子がぐずりだしたので私は、そちらに手が掛かりっきりになってしまいました。その時すかさず「一人でお片付けしてくれて本当にありがとう、助かるよ~!」と声を掛けると、娘のやる気のなさそうだった顔つきが変わり、片付けるスピードが上がったのです。

 

そこで「全部やってくれたの??凄すぎる!!しかも早すぎる!!」と褒めちぎりました。すると娘は得意げになって「もうお姉さんだからね!」と言って、いつもなら歯磨きも時間が掛かるのに、さっさと歯磨きまで済ませ、トイレまで自分から終えていました。子供は気分を乗せてあげることが一番有効かもしれません。

 

*まとめ*

4歳の反抗期は、「表現力と言葉の理解」という成長を伴い、反抗が幅広くなります。言い出したら聞かない。反論してくる。思い通りにならずに、ずっとずっと泣き続けることもあります。側にいるママは毎日ヘトヘトになってしまいますよね。

 

しかし、言い方を変えてみれば、「言葉が通じる」のです。こちらの対応次第で、子供の状態は良くも悪くもなると言うことです。

 

逆に、子供がいう事を聞き過ぎるのも子供らしくなく、不安です。少し位は反抗してもらっていた方が健全な成長と考えるべきですね。

 

4歳と言えば、まだまだ幼い時期ですが、ママは「1人の人間」として子供の良さを引き出せる対応を考えてみて下さい。きっと良い方向へと子供は成長しますよ。

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…

child-1713177_640 4歳の反抗期!子供がすぐ怒ってふてくされる心理と親の行動

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

スポンサーリンク

 

 

-幼児 生活編
-, ,

執筆者:

関連記事

良いこといっぱい!ママも子供も早寝早起きの習慣をつけよう

  朝、早起きしていますか?「寝る子は育つ」「早起きは三文の得」とよく言われるように、早寝早起きは大人にも子供にも良いことがたくさんあります。

子供がステキな本に出逢える図書館!子連れで利用する心構え

  子供に本を読んであげること、子供が絵本を見ることは、ママにとっても、子供にとっても楽しいことですよね。小学校に入学するまでの子どもの脳はとても柔軟で、目で見ることや、耳で聞くことから発想力や感情を …

ママの時代とは違うの?いきなり子供が自転車に乗れる方法

  子供さんは、もう自転車に乗れますか?私が幼い頃はまずは補助輪を付けて徐々に慣れてきたら補助輪を外し転びながら覚えるというやり方が主流でした。   しかし、今、娘の周りで同じように転びなが …

散らかさないで!子供がいても部屋が片付く4つのポイント

    子供が生まれてから、イライラする様になったことの1つ、それは、家が片付かないという事!   子供が寝てから、どんなにきれいに片付けても翌朝子供達が起きてくると、ものの1分で …

親子で泣いたけど、できた!トイレトレーニング[うんち編]

   トイレトレーニング、順調ですか?おしっこがトイレで出来るようになった後、次はうんちです。しかしうんちだけはトイレでしたがらない、そんなお子さんは多く、毎日のことだけに、ママは困ってしまいますよね …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!子供がすぐ怒ってふてくされる心理と親の行動

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえずくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|親子面接の最重要人物、それは父親です!

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。

→続きを読む

子供が父親を嫌い始める「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む