中学生 生活編

「ムカつく」と拒否されそう!中学生の親はどこまで介入する?

投稿日:2017年7月8日 更新日:

 child-660695_640 「ムカつく」と拒否されそう!中学生の親はどこまで介入する?

 

中学生のお子さんは、親に悩みを相談してきますか?

 

反抗期を迎えていて、言葉すら交わさない子もいるかもしれませんね。自分はどうだったかな?!振り返ってみると、思春期のお悩みは、案外親には話せないものです。

 

それどころか、親が様子を伺って「何か悩みでもあるの?」と聞いてくることすら「ムカつく!」そう思っている中学生もいます。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

小学校の頃よりも親子の会話が随分と減り、少し寂しさを感じながらも「成長したな」とたくましくも感じる中学生時代。

 

それでも、やっぱり心配で様子を見ると、なんだか考え込んでいる様子。「なにかあったのかな?」「悩み事でもあるのかな?」

 

そんな時、親は放っておくの?それとも聞き出すの?あんまり入り込むと「うざい!ムカつく!」そう言われてしまいそうですよね。

 

今回は、そんな中学生に親がどこまで介入するべきかをお話しますね。

 

親は最高の相談相手!?

child-660695_640 「ムカつく」と拒否されそう!中学生の親はどこまで介入する?

 

学校で自分の子供がいじめに遭っていたことが明るみになった時、「どうしてうちの子が?」と学校に訴える気持ちと、「どうして親の私が気付いてあげられなかったの?」というジレンマを親は抱えます。

 

しかし、この様な問題を含め、子供が一番話すことができないのが、実は親なのです。

 

こういった悩みの場合は、最も身近な親が事実を知らなければならないのですが、肝心の親に子供は話さない、というより、話せないのかもしれません。

 

これは子供だけでなく、大人になっても同じで、自分の仕事先の人間関係の悩みや、パートナーとの悩みを親に相談することは稀です。

 

残念ながら、一般的に「親が最高の相談相手」とは言えない様です。

 

進学の話すら相談できない…

child-660695_640 「ムカつく」と拒否されそう!中学生の親はどこまで介入する?

 

学校の先生が最も得意とする相談ごとは「進学」です。これは専門ですので、どういった学校が良いのか、子供の希望と学力によって、どのような道を選択するべきかを指導してくれます。

 

更に、親に反対されている等の悩みも相談に乗ってくれます。

 

もちろん、経済的な問題もあるので、進路については、まず親に相談する必要があると思いがちですが、子供によっては、そんな話すら親に相談できないと言います。

 

スポンサーリンク

 

なぜ親に相談できないのか

child-660695_640 「ムカつく」と拒否されそう!中学生の親はどこまで介入する?

 

中学生に「お父さんやお母さんと何の話をするの?」と聞くと、「話すと勉強しろ、とかゲームばっかりやるなって言われるから、話をしない。」という子供が半数近くいます。

 

「話しても、好きなテレビ番組や、アーティストの話、趣味や娯楽の話はするけど、真剣な話などしない」という子供がほとんどです。「どうせ親に言ってもわからない。」と言います。

 

お父さんやお母さんは、悩みを聞き出す前に、子供達にこういう風に見られている、ということを知っていましたか?

 

以前、高校生の女子で生理が来なくなり、妊娠したかもしれない…という悩みを親に言えず、学校の保健室の先生に相談した、という子もいました。

 

親に話せない、その理由には、

 

親が信用できない

親には自分の嫌な部分を知られたくないという子供ながらのプライド

心配を掛けたくないという優しさ

親に相談する程のことではないという浅慮・甘さ

 

これらの気持ちが複雑に絡み合っている様です。

 

親と学校が連携する

child-660695_640 「ムカつく」と拒否されそう!中学生の親はどこまで介入する?

では、親はどこまで介入するべきなのでしょうか?

 

子供には、一番重要な悩みを抱えることになった時は、絶対に問題が大きくなる前に親に話すようにと伝えて下さい。

 

いじめで金銭的なトラブルまで発展した場合や傷などをつけられた場合、進路面でどうしても親と意見が食い違う場合なども、子供が相談できる受け皿は用意しておくべきです。

 

女子の場合は、友達の些細な言葉から急激なダイエットで拒食症になったり、生理が止まる、身体を壊す子もいます。病気や金銭、といった大きな問題は子供だけでは解決することは絶対に無理です。

 

子供が病気になる、家のお金を持ち出す、命を絶つ、といった最悪の選択を選ぶことだけは、絶対に避けたいはずです。

 

しかし、悩みの原因が親と言う子の方が多いことも事実です。思春期ゆえに「なんだか、ムカつく!相談どころか話すのもイヤ!」と、そこまで親を拒否してしまう子もいます。

 

その場合は親が無理やり聞き出しても、むしろ大きくなってこじれてしまいます。

 

そんな時こそ、学校に頼るべきだと思います。親の方から、学校の先生にそれとなく相談してみるのも良いかもしれません。一度先生が悩みを聞き、そこから親と一緒に考えることで解決する場合もあります。

 

*まとめ*

反抗期の時期も重なり、子供によっては、訳の分からないイライラを親にぶつけてくることもあるかもしれません。親子で感情がぶつかり合い、親であるこちらまでイライラすることは多々あるかと思います。

 

それでも、そんな子供の様子をよく観察して、子供の悩みを察知して下さい。ただ、土足でズカズカと子供の気持ちに入り込むことは厳禁です。その悩みを聞いてあげるのは、親ではないのかもしれません。

 

それは友達であったり、また、部活の顧問や、習い事の先生など少し距離の離れた大人である場合もあります。

 

それでも親は、いつでも頼ってこれる受け入れ態勢だけは整えておいて下さいね。大きな問題になりそうな時は、無理に聞き出す前に先生に相談するのも一つです。

 

親と学校が協力し合い、親ができる事、学校ができる事を担い、子供の悩みを解決していけることが最良と考えます。

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…
child-660695_640 「ムカつく」と拒否されそう!中学生の親はどこまで介入する?

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

-中学生 生活編
-, , ,

執筆者:

関連記事

中学生の一人称が僕・私以外の人(ウチ・アタシ・名前など)

   一人称(自分自身を呼ぶときの名称)は、色々ありますが、何を使っていますか?   一般的な「僕」「私」以外には「ウチ」「アタシ」「オレ」など、人によっては「自分の名前」を呼ぶ人もいますね …

中学生の万引き・お金を盗むことに繋がる理由と親の対応

    中学生の子供を持つお母さん、子供にお小遣いを渡していますか?   月々のお小遣いの金額が決まっている家庭もあれば、必要な時にその都度お金を渡す家庭もありますよね。

中学生のボクは将来のことなんてわからないから聞かないで!

将来何になりたいの?   中学生になると、親はもちろん、学校の先生も子供達の進路の決定に向けて、将来のことを考えるような指導・授業をします。

女子中学生はオシャレが大好き!でもちょっと待って!

    私が中学生の頃は、公立でも服装検査なるものがあり、靴下やスカートの長さはもちろん、髪の長さ、髪型が厳しく指定されていました。   最近は、制服はあるものの、髪型、カバン、ジ …

家の手伝いをしない中学生の息子と娘を変えるのは母次第

    子供さん、お手伝いしていますか?   「中学生にもなれば当然でしょ。」というご家庭もあれば、「子供は塾や部活で忙しいから、それは求めていない。」そんなお家もあるのでは。

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む