中学生 学校編

中学校の先生は好き?嫌い?先生との上手な付き合い方

投稿日:2017年5月6日 更新日:

student-2052868_640 中学校の先生は好き?嫌い?先生との上手な付き合い方
小学校の頃の先生は、優しかったですか?それとも厳しい先生でしたか?小学校と同じく中学校にも色々なタイプの先生がいます。

 

ただ、小学校の頃と比較すると、中学では、先生との関係・距離が少し変わってきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
 

 

様々なタイプの先生方

student-2052868_640 中学校の先生は好き?嫌い?先生との上手な付き合い方

 

学校の先生には、色々なタイプの方がいます。それは小学校も中学校も高校も同じです。

 

公立の中学校と、私立中学校と比較すると、先生方のタイプが分かれます。

 

公立中学校の場合

公立の中学校の先生は、小学校教諭の免許と両方を持っている先生が多く、大半が地元の国立大学の教育学部を卒業している先生です。

 

子供の頃から教員になりたい、親も教員という先生が多いので教育熱心で、頭もよく教員らしい人が多いです。

 

どちらかと言えば、まじめだけど融通が利かなく、授業も保護者との関係もマニュアル通りが多いです。

 

私立中学校の場合

私立一貫校の中学校、大学の付属中学校の先生の特徴は様々です。

 

中でも理科、社会、技術、家庭科の先生はバラエティーに富んでいます。

 

■ドイツ語やフランス語に堪能な地理や世界史の先生

 

■普段は地質学や生物学の研究職についている理科の先生

 

■企業の研究所出身の理科の先生

 

■企業経験豊富な技術、家庭科や社会の先生

 

などなど、人生経験豊かな先生がたくさんいます。

 

その中で、自分の専門教科を自信を持って教えるのが中学や高校の先生です。

 

小学校のように、国語も算数も音楽も体育も…何でも教えるという、広く浅くの先生はいません。

 

よって、国立の教育学部出身の先生が少なくなります。

 

各教科、理科なら理学部、技術なら工学部、社会なら史学部、法学部や経済学部、家庭科では家政学部の他、農学部出身の先生が専任となります。

 

母親の言葉は子供への影響大!

student-2052868_640 中学校の先生は好き?嫌い?先生との上手な付き合い方
そのため、保護者が教員をバカにするような態度をとるのは、小学校以上にご法度になります。

 

小学校の延長のような気分で、

「〇〇の教科はあなたには必要ない、大学受験には関係ない」

「■■先生はA大学だから大したことはない」

などと家で親が口にすれば、子供もその気になり、授業中にそれが態度に出てしまいます。

 

先生も人間ですので、子供のその様な態度に、良い気持ちにはなりません。

 

先生も熱心に授業を聞いてくれる子には、優しい気持ちになりますが、不快な態度を見せる子には、冷たい気持ちになってしまいます。悪循環が始まります。

 

子どもが、ただ反抗的なのと、子どもが完全に先生をバカにした気持ちでいるのとでは、授業をする立場になると手に取るように分かります。

 

スポンサーリンク
 

 

人格形成の大切な時期

student-2052868_640 中学校の先生は好き?嫌い?先生との上手な付き合い方
さらに10代前半は子供の性格が確立される時期です。悪い習慣を変えずにいると、そのまま大人になっても変えることが難しくなります。

 

大学進学後の悪影響

中学で先生をバカにするような子を、そのままにしておくと、大学でもそういった態度が出るようになります。

 

大学の先生は「教育者」ではなく「研究者」です。中学や高校の先生以上にプライドは高く、先生をバカにするような学生に、良い成績をつけるような甘い先生はいません。

 

どの先生も研究に熱心で、その研究を受け継ぐ後継者となる学生を欲しています。

 

自己中心的で不真面目、大学を遊び場と勘違いしているような学生をそのまま放置しているのは、先生方としては講義の邪魔な存在にしかならないのです。

 

そういったことをきちんと理解した学習態度を中学生から身につけておかないと、レベルの高い大学で良い授業を受けるということは難しくなります。

 

外国人教師との関係

レベルの高い大学には、日本人以外の先生も大勢います。

 

アメリカ人やイギリス人、ドイツ人の先生方は日本人以上に厳格です。日本の大学生の子供っぽさに不愉快になる先生方もいます。

 

*まとめ*

中学時代から大学のことを言われると「まだ、早い」と思われるかもしれませんが、中学時代は「学習習慣」や「目上の人との関係」を学ぶ最適な時期です。

 

中学時代から、色々な先生と上手に関係を作れる人間を育てていくのは、社会に出て目上の人との関係を築く上でも、とても大切なことです。

 

私の場合、息子が帰宅すると出来るだけ学校での出来事を聞きます。もしそれが先生に対する愚痴であったとしても、否定はせずに最後まで聞きます。

 

息子の気持ちが少し落ち着いた所で、「でも、〇〇先生のこと、嫌いじゃないよね!」と言うと、「う、うん…」と返事をしてきます。

 

息子が感情的な時に、一緒にその先生を悪く言ったり、逆に「先生の事、そんな風に言ってはダメ!」と抑えつける言い方も得策とは言えません。

 

学校には様々なタイプの先生方がいて、その先生と息子が築いていく関係に母親の感情を移入するべきではないと私は考えます。

 

 

先生に、注意を受けたり、叱られたり、時には怒鳴られたりしながら、息子が少しずつ成長して、先生方と良い関係を築いていってくれたらと願っています。
student-2052868_640 中学校の先生は好き?嫌い?先生との上手な付き合い方

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

-中学生 学校編
-, , , ,

執筆者:

関連記事

進路が決まらない中学生は憧れの高校を見つけてみよう!

    中学生にとって最大の試練、それは高校受験。受験日当日を迎えるまでの間に自分が一体どの学校に入学希望するのかを、先生や両親を交えて決定しなければいけません。   ところが、進 …

学校という職場で起こる先生同士のいじめ

    学校内で先生同士のいじめってあるの?と驚かれるかもしれませんね。   大人の社会にも、いじめはあります。例えばママ友、会社内、パート社員同士…テレビでは国の代表と …

中学生が気になる内申点|絶対評価と相対評価ってなに?

    内申点、中学生のお父さんやお母さんはよく聞く言葉ですよね。詳細をご存知ですか?   簡単に説明すると、毎学期末に子供がもらう成績表を一年間トータルし、学校で決めている基準に …

中学生は先生に敬語を使わない?注意しない先生もいて戸惑う

  「目上の人に敬意を払い、敬語で話す」小学生までは、ごく普通に教えられてきたこの道徳観が、中学生になると、少し変わってくるようです。   小学校の時に比べると、子供達は先生方の年齢に少し近 …

今、イジメと戦っている中学生のためにできる親の対応は?

    なんでボクが?私が?学校でいじめられやすい中学生のタイプ より続いています。   もし、あなたの子供がいじめられていたら?   本当に悲しくて辛くて… …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む