子供の症状・発達

落ち着きがない子供の原因と親の対応|しつけで治るの?

投稿日:2017年9月25日 更新日:

 

boy-380012_640-e1506305798520 落ち着きがない子供の原因と親の対応|しつけで治るの?

 

「ウチの子、落ち着きがないわ」

と感じているママにとって、子連れの外出はとても大変で、疲れ切ってしまう事が多々ありますよね。

 

私の娘は小さい頃から座っていられる子で、外食をする時も大抵は大人しく自分の食事をして過ごす事ができる子供でした。

 

しかし、一緒に出掛ける友達の中に、1分も座っていられず、すぐに立ちあがってウロチョロしてしまう子供A君がいました。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

ママによると、「A(子供)がやたらと店の中をウロウロして商品を触ったり、走り出したりするので、一時も目が離せないし、常に目を光らせていなければならない」

 

更に、外食となると、「1分たりとも座っている事ができずに、すぐ立って店内を歩き出してしまうので、食事もまともにできない」との事でした。

 

「イライラしかしないから外出は、あまりしたくない!」と言っていました。だからと言って、ずっと家に引きこもっている事は、ママにとっても子供にとっても良い事だとは思えません。

 

子供が落ち着きがないと感じた時は親はどう対応すればよいのでしょうか。今回は落ち着きがない子供についてご紹介します。

 

落ち着きがない子が起こしやすい行動

 boy-380012_640-e1506305798520 落ち着きがない子供の原因と親の対応|しつけで治るの?

 

一人で勝手にどんどん行ってしまう

止めても聞かない

一つの事で長い時間を費やす事ができない

座っていられない

絵本の読み聞かせを聞いていられない

次から次へと遊びを変える

 

前述したA君は、全て当てはまっていました。一人で勝手に走って行ってしまうので、迷子になりかけた事は何回もありました。

 

ママが「待ちなさい!」と叫んでも止まらず、どんどん走っていってしまうので、本当に事故に遭いそうになった事もありました。

 

また、一つの事でじっくり遊ぶタイプではなく、目に入る興味のある物に次々へと遊びを変えていくタイプの子でした。

 

お友達と一緒に砂場で遊んでいても、すぐにA君だけがブランコへ、また、すぐに滑り台へ、また、違う遊びへと、どんどん違う遊びを一人でしに行ってしまいます。

 

ママは、その度について回らなければならず、他のママさんのように子供の近くで子供の様子を見ながらおしゃべりをする、なんていう時間はほとんどありませんでした。

 

いつもA君を追い掛けて、走り回っているママを見て大変だなと感じてしまう程でした。

 

落ち着きがなくなる原因

boy-380012_640-e1506305798520 落ち着きがない子供の原因と親の対応|しつけで治るの?

 

とにかく活発

好奇心が旺盛

遊びたい気持ちが何より勝っている

ストレスが溜まっている

 

ほとんどの子は活発な性格である事や好奇心が旺盛である、ずっと遊んでいたいなど特に問題のないように思えます。ただ、危険を伴う事は否めません。

 

A君は、とにかく活発でした。家の中でも何か捕まる所さえあれば、いつもぶら下がっていたり、年齢が小さい頃から一人でブランコをこいだり…

 

ある時は、上り棒をどんどん上っていき、ママが「もう、そこまでにしなさい!」と声を張り上げる位、高い所まで登っていました。

 

好奇心旺盛で、とにかく目に入ってくる楽しそうな物には全てチャレンジしている印象です。そして、常に遊んでいたいのです。ご飯よりも遊びが優先です。

 

逆に、私の娘は食べる事が好きだったため、ご飯を食べている間はじっと座っているのですが、ご飯よりも遊んでいたいA君の場合、食事中もすぐに立って遊びに出掛けてしまうのでママは大変そうでした。

 

そんなA君も成長し、今は5歳になりました。活発な性格はそのままに、食事はきちんと座って食べる事ができますし、人の話も最後まで聞く事ができます。

 

そしてあれだけ怖い物なしで何にでも挑んでいた子でしたが、そこから沢山の危険を学習したようで、「怖いからやめておく」という言葉を良く聞くようになってきました。

 

ほとんどは成長と共に落ち着いてくるものです。

 

しかし、子供によっては、まれにストレスが溜まっていて落ち着きがない場合もあります。

 

親が不仲である

妹、弟の誕生

すぐ怒られる

 

などがあり、言葉が未熟な子供はまだ言葉にだして発散する事ができない為、落ち着きがなくなってしまうなどの行動がみられる事があります。

 

スポンサーリンク

 

落ち着きがない子に対する対応

boy-380012_640-e1506305798520 落ち着きがない子供の原因と親の対応|しつけで治るの?

 

受け入れる

まずは、ママが「私の子供はじっとしている事が好きではないんだな」と受け入れましょう。

 

「なぜ、みんな座っていられるのに、自分の子は座っていられないんだろう」と不安になってしまう事も多々あると思いますが、「様々な事に興味があるんだな」と前向きに考えてみて下さい。

 

端的にわかりやすく伝える

しかし、駄目な事はきちんと子供に伝えなければなりません。

 

「道に飛び出してはいけない」

「勝手にどこかへ行ってはいけない」

「お店の物に勝手に触ってはいけない」

 

などの落ち着きがないからでは済まされないような、危険な行為や、他人に迷惑をかけるような行為の場合は、子供に短く、わかりやすく伝えましょう。

 

だらだらと長くお説教したり、「ちゃんとしなきゃ駄目!」など抽象的に伝えては、親の意図が子供に伝わりません。

 

発散させてあげられる場所に連れて行く

成長と共に落ち着きがなかった子も落ち着いてくる事がほとんどです。

 

あまり神経質に悩まず、「そのうち落ち着くだろう、それまでは発散できる公園に頑張って連れていってあげよう」と考えるようにしてみてはどうでしょうか。

 

子供自身、興味のある楽しそうな物が次々に目に入ってくるので、楽しむ事ができます。

 

ママも「あれも駄目、これも駄目!」と神経をすり減らしながら過ごすより、ずっと気が楽になるはずです。

 

長所と捉え、その力を生かせる環境におく

また、落ち着きがないという言い方は短所に聞こえますが、言い換えれば活発だという事ができます。

 

そんな子供を座ってお絵かきをする時間が長い幼稚園に入園させるより、外で体を使って遊ばせる幼稚園の方が子供の負担になりませんし、子供も楽しく過ごす事ができますね。

 

幼稚園は幼児教育をする場所ですので、通う内に自然と集団行動ができるようになっていきます。

 

ですから、活発な子供には、その子にあった幼稚園選びをしてあげたり、降園後に体操やスイミング、格闘技、空手など体を使う習い事をしてみても良いでしょう。

 

活発なお友達も幼稚園に入園して半年もたった頃には、列に並んでいる事ができるようになったり、座ってお弁当を食べる事ができるようになりました。

 

制作の時間も作品を座って集中して作る事ができるようになっていました。

 

*まとめ*

自分の子供が落ち着きがないと気付いたら、親はとても心配になってしまいますね。ADHD(不注意、多動性、衝動性などの発達障害なのではないかと思ってしまうからです。

 

しかし、ほとんどが幼いが故の未成熟からきている行動です。

 

成長とともに落ち着いてきますので、ママは大変な事もありますが、我が子の個性であると捉えて、ゆったりした気持ちで子供に向かうようにしましょう。

 

その上で落ち着きがない子供に対して親ができる範囲できちんとしつけをして対応してあげると、子供の癇癪やママのイライラも軽減するのではないでしょうか。

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…

 

boy-380012_640-e1506305798520 落ち着きがない子供の原因と親の対応|しつけで治るの?

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

-子供の症状・発達
-, , , ,

執筆者:

関連記事

鼻くそを食べる子供のいじめが心配!すぐにやめさせたい!

     私の娘は、1~2年前まで鼻をほじる事がありました。最初は、その内にやめるだろうと思っていたのですが、気づくと鼻をほじっており、癖になっていました。   家の中で …

頭の中まで!?子供や赤ちゃんを悩ます汗疹(あせも)対処法

  夏に多く見られる子供や赤ちゃんの代表的な皮膚トラブルは汗疹(あせも)です。   「あ!こんな所に?」「え!頭の中まで!?」毎年汗疹に苦しめられる子供や赤ちゃんを見ていると、ママとしては辛 …

病気なの?頭に多量の汗をかく子供と汗をかきにくい子供

   常に体を動かして過ごす子供達。 夏になると、頭から水をかぶったように汗をかいて家に帰ってきます。

子供の風邪の終わり頃によく見る黄色い鼻水を見逃さないで!

    子供はよく鼻水を出します。風邪の時もあれば、アレルギーなど原因は違いますが、鼻水を垂らし始めたら病院にどのタイミングで連れて行くのか、いつも迷います。   鼻水が …

子供が言葉を喋らない|喋るきっかけを上手に与える方法

  子供は2歳を過ぎる頃から途端に「おしゃべり」をするようになります。   喋り出しは個人差が非常に大きいのですが、自分の子がなかなか喋らないと不安になりますね。

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む