幼児 生活編

当たり前から子供を守る!幼児に潜む日用品の意外な危険性

投稿日:2017年5月24日 更新日:

 

 

635b86864f5626cf13a23bf29d64b32c_s 当たり前から子供を守る!幼児に潜む日用品の意外な危険性

 

子供の危険な行動|きちんと伝えないとわからない日常に潜む危険 より続いています。

 

幼児にとって、ありふれた日常の中に沢山の危険が潜んでいます。当たり前の日常をチョット振り返ってみて下さいね。

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク
 

 

★洋服(パーカー、紐)やバッグ

 635b86864f5626cf13a23bf29d64b32c_s 当たり前から子供を守る!幼児に潜む日用品の意外な危険性

 

帽子がついているパーカーは危険と感じているママは多いですね。帽子部分が引っ掛かり、首が締まりそうになると予想できます。ところが、パーカーの危険な所は帽子だけではありません。

 

娘が幼稚園に入り、紐が結べるようになった時、嬉しくて色々なものを結んでしまう時期がありました。パーカーの紐も例外ではありませんでした。

 

子供服のパーカーに紐がついているデザインはあまり見かけませんが、お下がりでいただいた少し大きめサイズのパーカーに紐がついていました。

 

娘は自分で紐を結んでしまい、取れなくなり、引っ張っているうちにどんどんきつくなってしまっていました。

 

苦しくなったようで私に「紐をとって!」と助けを求めに来れたから良かったのですが、あのまま紐を引っ張り続けていたら首が締まっていたと怖くなりました。

 

パーカーに限らず、リボンをアクセサリーの様に使う事も良くありますので、ネックレスにしている場合は絶対に目を離さないようにして下さい。

 

離れる時は嫌がっても子供の首から紐をとってからその場を離れた方が安心です。

 

また幼児は、ショルダー(肩掛け)バッグの紐が肩に掛かっておらず、首だけに掛かっている事もよくあります。

 

私が見かけたヒヤリの事例は、自転車のチャイルドシートから降りる際に、バッグの紐がシートに引っ掛かっていていました。

 

気づかずに自転車から離れようとした子供が、そのまま勢いよく後ろに倒れてしまい、更に自転車が倒れそうになっていました。

 

その時、ママが自転車を支えていたので倒れる事はありませんでしたが、見ていてとてもドキッとしました。ショルダー(肩掛け)バッグは紐が長いかばんなので特に注意が必要です。

 

 

★歯ブラシ

635b86864f5626cf13a23bf29d64b32c_s 当たり前から子供を守る!幼児に潜む日用品の意外な危険性

 歯ブラシをくわえたまま転んで喉をついてしまうという事故は良く聞きますね。この事故は後を絶ちません。決して他人事ではなく、どの家庭でも起こり得るという事です。

 

歯ブラシを始めた時は座っていたとしても、子供は何か気になる事があると歯磨きをしていることも忘れて、すぐに動き出してしまいます。気がつくと、歯ブラシをくわえたまま歩いている事がよくあります。

 

この解決方法は、子供が本当に動かないで歯磨きができるようになるまでは、大人が見ているしかありません。

 

忙しくて、つい子供に任せてしまいがちですが、ほんの23分のことなので、子供の側に居てあげることをお勧めします。

 

 

スポンサーリンク
 

 

ビニール袋

 635b86864f5626cf13a23bf29d64b32c_s 当たり前から子供を守る!幼児に潜む日用品の意外な危険性

 

子供は袋に何かを詰める事が大好きです。息子も娘も、いつも袋に色々つめて遊んでいますが、その延長線で気が付くと袋をかぶって大笑いをしていた時がありました。

 

ビニール袋を頭からかぶって「ママ~見てみて~」と楽しそうに私に見せてきました。

 

袋の中で息をすると袋が顔にひっついたり離れたりするのが面白かったようですが、これもまた、ヒヤリとしました。窒息してしまう事もあるから、袋はかぶってはいけないと子供達に話をしました。

 

子供は大人が何故?と思う事に楽しさを感じ、危険とは思わずにやってしまいます。それからは、袋を使う時はまさかと思いつつも何に使うのかを聞くようにしています。

 

子供のする事は大人には想像ができない事ばかりなので、危険を予想できない事もあります。何に使うかわからない、危険な使い方をしそうな時は是非子供に聞きましょう。

 

*まとめ*

 子供が成長してくると、これくらいなら大丈夫だと思ってしまう事が増えます。

 

「これ位はできるだろう、これはまだできないだろう」とママやパパが勝手に思い込んでいると、子供を危険な目に合わせてしまう可能性があります。

 

しかし、なんでもかんでも親が危険を排除してしまう事も良くないですね。

 

子供自身で危険だと感じ、体験し、察知していく力を身につけていかなければ、子供は危険についての知識が乏しくなってしまい、逆に危険な目に合いやすくなってしまいます。

 

子供の目の前から危険を排除するのではなく、親が一緒になって、なぜ危険なのかを教えていく必要があります。

 

また、お兄ちゃん、お姉ちゃんに対して、親は「できてほしい」という期待から自分でやらせようとする傾向もあります。

 

私自身、長男がお兄ちゃんになった時に、これ位は自分でできてほしいという事柄が多くなったのは事実です。そして長男自身、できるというので、ついやらせてしまって後悔した事も沢山あります。

 

例えば爪切りを自分でやりたいと言い出し、できるかなと一瞬不安になったのですが、その時は下の子のぐずりが酷く、娘の方に気が取られていて「気を付けてやってね」というだけでやらせてしまいました。

 

案の定、指を切ってしまい、痛い痛いと大騒ぎになってしまいました。その時に危険な事をやらせる場合には親が付きっ切りで見守っていてあげなければいけないと学びました。

 

一日中、目を離さないなんて無理な話ですが、せめて危険を教える際には一緒にいて、危険ではないやり方をきちんと教えてあげなくてはいけませんね。

 

日用品に潜む危険は、大人目線だとわからない事が沢山あります。もしヒヤリ、ハットした経験があったら、無事で良かったで済まさず、二度と同じ事が起こらないように徹底し、子供の安全を守ってあげて下さいね。 

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…

635b86864f5626cf13a23bf29d64b32c_s 当たり前から子供を守る!幼児に潜む日用品の意外な危険性

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

 

-幼児 生活編
-, , ,

執筆者:

関連記事

子供が散らかす!片付かない!ストレスを溜めない4つの対策

    子供が生まれてから、イライラする様になったことの1つ、それは、家が片付かないという事!   子供が寝てから、どんなにきれいに片付けても翌朝子供達が起きてくると、ものの1分で …

幼児の公園でのトラブル|子供同士の喧嘩、親はどうする?

    子供が公園デビューをすると、子供は人との関わり方を覚えていきます。   それまではママと2人っきりであったり、大人との関わりが多く、子供は自分優先で、思い通りの行 …

寂しい、怖い!子供が一人で寝れない|子供の一人寝は何歳から?

  子供は一体、何歳から一人で寝ることができるのでしょうか?   先日、同じ幼稚園のお友達が「もう一人で寝ている」という話を聞き驚きました。私の娘は到底まだ一人で寝る事が出来そうにないなぁ& …

5歳の反抗期にイライラ!娘の生意気な時期を乗り切る方法

    2歳イヤイヤ期は多くのママさんが知っていて、皆覚悟をしている時期かと思いますが、5歳にも反抗期がある事をご存知でしたか?   私は正直5歳の反抗期というものを知らず、娘の変 …

挨拶する子供ってかわいい!挨拶しない子に育てないために

  挨拶してくれる子って大人から見ると本当にかわいいですよね! 元気に挨拶をしている子供に会うと、「明るい子だな」「健康的な子だな」「きちんとした子だな」「親のしつけがしっかりしてるんだな」 …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む