子供の症状・発達

食塩中毒から子供を守るために|一日の塩分摂取量と致死量

投稿日:2017年7月14日 更新日:

 child-1835045_640 食塩中毒から子供を守るために|一日の塩分摂取量と致死量

 

岩手県盛岡市の認可外保育施設で、悲しい事件が起こりました。

 

保育施設の経営者が、当時1歳の乳児に食塩を混ぜた液体を飲ませ、食塩中毒で死なせた障害致死の疑いで逮捕されました。

 

常識では有り得ない様な食塩の量、そして何を目的に?そんな不可解な事件を紐解いていきます。

 

スポンサーリンク
 

 

事件の概要

 2015年8月、盛岡市の認可外保育施設で、預かり保育中の下坂彩心(あこ)ちゃん(当時1歳)が父親に引き渡された後に嘔吐するなど体調が急変し、その後病院へ運ばれましたが、約3時間半後に死亡しました。

 

逮捕されたのは、この保育施設を経営していた吉田直子(33)容疑者で乳児に食塩を混ぜた液体を飲ませて食塩中毒で死なせた傷害致死の疑いで逮捕されました。

 

吉田容疑者は「液体に食塩を溶かして飲ませたが、死ぬとは思わなかった」「具合が悪そうだったので塩分補給のつもりで与えたが、危害を加えるつもりはなかった」と供述をしています。

 

吉田容疑者は2015817日午前10時半ごろから18日午前05分ごろまでの間に、預かっていた彩心ちゃんに食塩水を与え中毒を起こさせた疑いですが、この日、施設には吉田容疑者と彩心ちゃんしかいなかったということです。 

 

父親が彩心ちゃんを引き取る際、首や背中など全身に塩の結晶がつき、ベビー服も塩で硬くなっていたようです。

 

ここから盛岡赤十字病院の高野長邦医師によりますと、多量の汗をかいたまま放置された、または塩の入った液体をかけられたまま放置されたことなどが考えられるということです。

 

飲まされた塩の量は特定されていませんが、警察は血液の塩分濃度などから吉田容疑者の供述よりもはるかに多い量の食塩を飲まされたとみて捜査を進めています。 

 引用元:headlines.yahoo.co.jp

 

食塩中毒とは

■原因

食塩の過剰摂取または食塩摂取量に見合う水分を摂取できなかったことによる中毒です。

 

■症状

発熱、嘔吐、下痢、心機能障害、盲目、遊泳運動などの神経症状が現れます。

 

■中毒相当量

赤ちゃんの場合、5g程度の食塩(小さじ1杯分)の摂取でも中毒症状がでてくる事もあります。

 

食塩中毒のほとんどは、赤ちゃんに起こる事が多いようです。それは腎臓が未熟な上に食塩を過剰に摂取してしまって喉が渇いても自らの意思で水を飲む事ができないからです。

 

日常の生活の中で、赤ちゃんに小さじ12杯の食塩を与える事はまず考えられません。小さじ12杯で作ったコップ1杯の食塩水は、大人でもかなり塩辛く、ごくごく飲めるものではありません。

 

離乳食に使用する分量を間違えたとしても、小さじ12杯の塩を入れて調理する事はありえないでしょう。

 

このような事件が起きると、「我が子の食塩摂取量は大丈夫?」と心配になりますよね。そこまで塩に対して神経質になる必要はないですが、子供に害を与えないための摂取量を意識する必要はあります。

 

スポンサーリンク
 

 

1歳児の致死量

 1歳児ならば小さじ1杯程度(5~6グラム程)の食塩を摂取すると、致死的になる恐れがあります。

 

また、食塩をそのまま摂取するより水に溶かす方が一気に小腸に吸収されるため、より危険です。心不全や肺水腫の状態になったり、高ナトリウム血症から不整脈を引き起こし、最悪の場合、死に至る事もあります。

参考:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170711-00000103-asahi-soci

 

*まとめ*

 赤ちゃんを子育て中のママさんは、離乳食に味をつける事が怖くなってしまった人もいるのではないでしょうか。

 

実際、私も2人目の娘の離乳食作りが一人目の時よりも随分と雑になっていたことが気になりました。時々、お味噌汁の具を取り分けてあげたりしてしまっていたので、このニュースを知った時にはかなりショックでした。

 

子供の一日の塩分の摂取量は、以下の通りです。(月齢・年齢別)

0~ 5か月 → 0.3g

6~11か月 → 1.5g

1~2歳     → 3.0g未満(女児は3.5g

3~5歳     → 4.0g未満(女児は4.5g

(厚労省のHP日本人の食事摂取基準より)

 

小さじ1杯(5g程度)の食塩は、かなりの量である事がわかりますよね。

 

その量を使う事は考えられませんが、少しの食塩でも赤ちゃんの体には負担があるという事を十分に心にとめておく必要があると改めて感じました。

 

今回のこの事件は、認可外の施設で起きた事もまた「これだから認可外は」と思われてしまう事も残念です。多くの認可外保育施設ではきちんと子供の安全を考えた保育をしているはずです。

 

また、容疑者は殺意を否認していますが、中毒を起こすほどの量の食塩水を子供がごくごく飲むはずがありません。本当に子供の為を思って食塩水を飲ませたのでしょうか。

 

子供の体中に食塩のあとが残っていたり、洋服も食塩で固まっていたという話からも、大量の食塩水をこぼしながら子供が嫌がっている中、無理矢理に飲ませたとしか考えられません。

 

謎が多い事件ではありますが、亡くなった1歳の女の子は食塩水を飲んでいる時も、その後体調が悪くなった時も苦しかった事には違いありません。

 

本当に可哀想な事件だと感じます。お父様がコメントされているように、二度と同じ事件が起こらないようにこの事件の当日、本当は何があったのかを明らかにして欲しいと願います。

 

child-1835045_640 食塩中毒から子供を守るために|一日の塩分摂取量と致死量

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

-子供の症状・発達
-, , , ,

執筆者:

関連記事

子供が言葉を喋らない|喋るきっかけを上手に与える方法

  子供は2歳を過ぎる頃から途端に「おしゃべり」をするようになります。   喋り出しは個人差が非常に大きいのですが、自分の子がなかなか喋らないと不安になりますね。

子供の風邪の終わり頃によく見る黄色い鼻水を見逃さないで!

    子供はよく鼻水を出します。風邪の時もあれば、アレルギーなど原因は違いますが、鼻水を垂らし始めたら病院にどのタイミングで連れて行くのか、いつも迷います。   鼻水が …

子供の大きないびき!原因から分かる良いイビキと悪いイビキ

    お子さんは夜、スヤスヤと眠っていますか?   まさか、こんな小さな子供が?!と耳を疑う様ないびき!本人は何も知らず幸せそうに寝ていますが、ママとしては心配ですよね …

「食事はよく噛んで!」子供に伝えたい噛む意味と効果

    「よく噛んで食べる事は大切」これは、大人なら誰でも知っている事ですよね。   だから、子供にもよく噛んで食べるように習慣付けたいと思い、食事中には「よく噛んで食べ …

子供に愛情伝わってる?もしかしたら伝わっていないかも

      子供に愛情がきちんと伝わっていると実感して育児をしていますか?   私にとって子供は、今までこんなに誰かを愛おしいと思った事がないくらい大切な存在です。   私に限らず …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む