中学生 生活編

勉強・将来・部活・友達|中学生は最も悩みの多い時期です

投稿日:2017年6月23日 更新日:

 microphone-1209816_640 勉強・将来・部活・友達|中学生は最も悩みの多い時期です

 

中学生のみなさんは、今どんなことに悩んでいますか?

 

友達のこと、勉強のこと、将来のこと、部活のこと…そして家族のこと。中学生は、人間が一生の中で、一番「悩みを持つ」という経験をする最初の時期です。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
  

 

小学生の頃に比べると、「色んな悩みが増えているな」と、今までに味わったことのない感情に気がつく中学生も多いはずです。

 

それは、小学生の頃より成長して考えることがより多く、より深くなったからです。だからと言って、高校生や大学生ほど大人には近づけていなくて、まだまだ自分の中で解決策がみつからない。

 

中学時代って、そんなもどかしい、中途半端な時期なんですよね。

 

勉強と将来のことで悩んでいる人へ

microphone-1209816_640 勉強・将来・部活・友達|中学生は最も悩みの多い時期です

 

勉強するのは何のためですか?親のためですか?それとも、成績表で良い点数をもらうためですか?

 

大人になったら、「そんな些細なことで、どうして悩んでいたのだろう。」と思うくらい小さな事ですが、今の中学生にはすごく大きい事ですね。

 

中学生になったら、勉強をするのは自分のためだと、考えられるようにしましょう。決して親や先生にやらされてやるものではありません。

 

そして「何に向かっているのか」も考える時期です。「年金問題」「少子高齢化問題」「介護問題」こういった辛い将来も、高校生になれば学び、考えることにもなります。

 

ですから、今だけでも希望をもって、自分のために勉強をして下さい。そして、「なりたい自分」を見つけ、親を説得してでもそれに向かって頑張って下さい。

 

自分が決めた事なら頑張れるはずです。ダメでも後悔することがあっても、また違う事に向かえば良いのですから。

 

部活や友達、人間関係で悩んでいる人へ

microphone-1209816_640 勉強・将来・部活・友達|中学生は最も悩みの多い時期です

 

本当に一人ぼっちですか?お母さんやお父さんは?先生は?

 

イジメにあっていると、悲観して命を絶つ人の中には、担任の先生だけが頼りだった、と残す人がいますが、先生はあなただけではなく、全員を公平に見る義務があります。

 

そのために、学校では必ずみなさんの悩みを聞く、相談員という人がいます。

 

担任の先生や校長先生が、例えば裁判官なら、相談員の先生は弁護士さんになります。自分を守ってくれる人を探して下さい。

 

また、SNSなどで自分の写真などを公開している人は絶対に止めましょう。友達とのトラブルが起こったときに思いがけない、事件に巻き込まれることになります。

 

誰とでも良好な関係を持てる人間はいません。友達は「他人」です。昨日までの親友が、いじめの主犯になる話は珍しくないのです。

 

特に中高生は、これを繰り返しながら、人間関係を学んでいます。仕事の駆け引きは、これをさらに難しくしたものです。

 

商社や金融、営業で仕事をしている大人なら解ると思います。

 

「まだ子供なのに、そんなことを…」と言う親もいますが、子供だからこそ、学ぶ時期です。ここでちゃんと学べなければ、大人になっても、社会で生き抜くことは困難になります。

 

私自身、中高と友人関係を上手く作ることが出来ず、考え過ぎて眠れないこともよくありました。

 

しかし大学で、出会った友人の「来る者は拒まず、去る者は追わず」の考え方に、気持ちの中の何かが、ストンと落ちた気がして、それ以降、人間関係はこういうもの、と割り切れるようになりました。

 

その友人達とは、数十年の間、ずっとずっと良い関係を保っています。

 

スポンサーリンク
  

 

家族に悩んでいる人へ

反抗期だからこそ親にぶつける

microphone-1209816_640 勉強・将来・部活・友達|中学生は最も悩みの多い時期です

 

中学生は最後の反抗期です。お父さんの嫌な面、お母さんの欠点、が大人になってきたからこそ、見える年頃です。

 

なのに、そんな子供の成長を認めることなく、いつまでも子供扱いをして、小学生の頃と同じ様に細かいことを注意したり、否定してくるものだから、余計に反抗もしたくなりますよね。

 

もし、今、将来に対する夢・希望があれば、親とぶつかっても、話し合ってください。

 

「何を子供じみた夢を言ってるの?」と返ってくるかもしれません。「現実を見なさい!そんなこと言うなら勉強しなさい!」とごもっともな事を言われるかもしれません。悔しいですよね。

 

正々堂々と伝えて下さい。その代わり、沢山学んで、それがただの願望や夢物語ではないことを、証明して下さい。将棋や囲碁のプロ棋士の中には中学生がいます。高校へ行かずゴルフやテニスのプロを目指す人もいます。

 

高校生との違いはありますが、「ベイビーステップ」というテニス漫画に出てくる主人公は、自分がプロテニスプレイヤーになるための企画書を親に出します。

 

私が知っている知人の息子は、親に猛反対されながらF1のメカニックになりました。

 

離婚を選択する親を理解する

microphone-1209816_640 勉強・将来・部活・友達|中学生は最も悩みの多い時期です

 

また、子どもにとって悲しい選択を親がするのもこの時期です。子育てに一段落と、お父さんとお母さんが離れて暮らすことを決める人もいます。

 

でも、両親の気持ちを理解し、嫌なまま一緒にいるなら、別々に生きる方が幸せと、理解出来るのも中学生くらいからです。

 

自分自身も悩みがいっぱいなのに、親は身勝手だと思うかもしれませんが。そういった親の気持ちを理解することで、自分の悩みにも何か答えが見えてくるかもしれません。

 

*まとめ*

中学生の悩みは、人生の悩みの第一歩です。つらいことに負けることもあります。足を止めることもあります。廻り道をしてもいいです。でも、下を向き続けることなく、前を向いて歩いて下さい。

 

明るい未来が待っています… 

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…
microphone-1209816_640 勉強・将来・部活・友達|中学生は最も悩みの多い時期です

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

-中学生 生活編
-, ,

執筆者:

関連記事

中学生の生活リズムを整える睡眠と栄養を家族で改善しよう

    私学の中学生に聞くと、中には朝5時半に起きて、6時には家を出るという子がいます。中学生で!?…と心配になりますが、「朝ごはんは、きちんと摂っている」と言うので、ちょっと安心 …

中学生のニキビ|やばい!嫌われる!と悩む子に親ができること

    中学生の息子さんや娘さんが「ニキビ、やばい!」と悩んでいませんか?ニキビは思春期の代名詞とも思える程、この時期の代表的な悩みの1つですね。   ほとんどの人が通る …

多感な時期を迎える中学生の子育て|父親の役割と関わり方

    昭和のお父さんのモデルと言えば、磯野波平さん。平成のお父さんのモデルと言えば?どんな父親が理想ですか?野原ひろしさん?

中学生の一人称が僕・私以外の人(ウチ・アタシ・名前など)

   一人称(自分自身を呼ぶときの名称)は、色々ありますが、何を使っていますか?   一般的な「僕」「私」以外には「ウチ」「アタシ」「オレ」など、人によっては「自分の名前」を呼ぶ人もいますね …

親離れ・子離れは中学がスタート!タイミングを見逃さないで

    只今、現役大学院生の私の息子。今でも仲良しの息子が中学生の時、あまりの仲の良さに、周囲の人から「マザコン」と言われていました。   それに対して、本人は「マザーコ …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む