ママの悩み・対策

二人目は何歳あける?兄弟姉妹の年齢差による育児の違い

投稿日:2017年6月22日 更新日:

 family-457235_640 二人目は何歳あける?兄弟姉妹の年齢差による育児の違い

 

二人目の子供を持つ事に抵抗がありましたか?それとも、すぐに二人目が欲しいと思ったでしょうか?私は長女が生まれた時に、もう子供は要らないと思いました。

 

それは育児が辛かったからではありません。長女以上に愛せる子供は生まれてこないと思ったからです。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
  

 

1人の子供を育てている時に、「何度も育児って本当に大変だな」と感じる場面はありました。そんな中で二人目を出産し、二人育児をしているママさんを心から尊敬していました。

 

実際、自分が二人目を生んでみて大変だった事は、子供が2歳差のママさんから聞いていた大変な話と多少の違いがありました。(我が家の子供は4歳差です)

 

二人育児の大変さはその年齢差によって異なるんですね。それぞれの大変さについてご紹介します。

 

二人の子供の年齢差による育児

 ■年子の場合

family-457235_640 二人目は何歳あける?兄弟姉妹の年齢差による育児の違い

 

ちゃんが二人いる様なものです。まだおむつも外れていなければミルクを飲んでいる場合もあります。

 

そこにもっと何も出来ない赤ちゃんが増えるという事は、オムツやミルク代が倍になるという事で経済的にも大変です。

 

「上のお兄ちゃん、お姉ちゃん」と言ってもまだ1歳の赤ちゃんで我慢などできません。

 

2人同時に抱っこしなければならない場面も多く、私の友人は家を訪ねると、抱っこ紐とおんぶ紐で2人を抱っことおんぶしていました。ママの体力的な負担はかなりのものです。

 

寝かしつけも「2人同時に寝てくれる事は奇跡に近い、時間が掛かる!」との事でした。年子の子供を持つママは初めの1年は大変過ぎてよく覚えていないようです。

 

「記憶にあるといえば、一日中オムツを変えていたという事位かな!」と笑っていましたが当時は笑える状況ではなかったそうです。

 

1歳までの予防接種や健診は頻繁にある為、「1年中小児科にも通っていた気がする」とも言っていました。

 

■2歳差の場合

family-457235_640 二人目は何歳あける?兄弟姉妹の年齢差による育児の違い

 

上の子がイヤイヤ期真っ最中に下の子が生まれるという事になります。

 

歳といえば色々な事が自分で出来るようになってくる年齢で、何でも自分でやりたがる割に、殆ど自力では出来ず、ママの手助けを必要とする時期ですね。

 

トイレもトレーニング中であったり、ご飯も自分で食べれるけれど、食べこぼしがあるなど、まだまだ大変です。

 

「自分でやりたい!」という自我が芽生えてくる頃ですので、ママとしてはその気持ちを汲んであげたいけれど、下の子のお世話もあるし、ママがやってしまった方が早い!と思ってしまいます。

 

2歳なので、まだ自分もママに甘えたいのにママは下の子のお世話ばかりしていると、いたずらやワガママを言ってママを困らせたりします。

 

イヤイヤの対応をしながら下の子の面倒をみる事が2歳差の一番の大変さになります。

 

スポンサーリンク

 

■3歳差の場合

family-457235_640 二人目は何歳あける?兄弟姉妹の年齢差による育児の違い

 

ある程度の事が自分で出来る年齢なので、2歳に比べると、大分楽になってきます。また、こちらの言っている事も理解する事が出来るので、子供なりに少し我慢をしてくれるようになります。

 

しかし、我慢が出来るからこそ、こちらが気を付けないと、赤ちゃん返りが酷くなってしまいます。自分で出来るはずなのに、赤ちゃん返りであれもこれも出来ないと言われるとママもイライラしてしまいますね。

 

また、3歳差は学校の入学が重なるので、その年はかなり費用がかさむという点を忘れてはいけません。

 

幼稚園入園と小学校入学、中学進学と高校進学など受験を考えている場合は、費用の事を頭に入れて計画的に貯金をしておく必要があります。

 

■4歳差の場合

family-457235_640 二人目は何歳あける?兄弟姉妹の年齢差による育児の違い

 

ぎりぎり兄弟姉妹で遊んでくれる年齢ですね。上の子は、殆ど自分の事は自分で出来ますし、親の言っている事や状況を、きちんと理解して行動してくれます。

 

「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」という意識も持ち合わせているので、ママのお手伝いを積極的にしてくれたり、下の子の面倒をみてくれます。

 

大変な事は、下の子が生まれた時には上の子の幼稚園生活が始まっている為、ママは赤ちゃんを連れて行事などに参加しなければなりません。

 

上の子の友達と遊ぶ時も、赤ちゃんを連れて参加するので、荷物も多く、動きも悪くなります。

 

また、4年ぶりの赤ちゃんのお世話は以外に大変でした。

 

上の子とは意思疎通もしっかり取れるようになり、ワガママはそれなりにあるものの、色々な状況を理解できるような年齢になっていて育児が大分楽になっていた為、意思疎通が取れない赤ちゃんのお世話をする事が、とても大変だという事を忘れていたからです。

 

そして、4年ぶりの赤ちゃんのお世話は、4年前の自分の体力ともかなり差があり、体力的にも、精神的にも大変な部分がありました。

 

*まとめ*

長女は本当に寝ない子供で一人でも遊べない手の掛かる子供でしたが、そんな育児の辛さ以上に愛おしい存在でした。

 

「この子(長女)との時間を大切にしたい」「下の子が生まれて寂しい思いをさせたくない」「とにかく3歳の幼稚園という社会に出る迄は、ママに甘えたいだけ甘えさせてあげられる環境を作りたい」そう思っていました。

 

周囲で次々に二人目の子供が、年子や2歳差で生まれたと聞いた時には、少し戸惑い、焦りも感じました。それでも、長女との時間をいつまでも大切にしたいと思っていたのです。

 

二人目の子供を考え始めたのは、長女が「自分にはなぜ兄弟がいないの?」と言うようになったからでした。

 

2人育児の葛藤と幸せ!

→続きはこちらです

二人育児は大変!不安や葛藤はあったけど、やっぱり幸せ!

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…

family-457235_640 二人目は何歳あける?兄弟姉妹の年齢差による育児の違い

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

-ママの悩み・対策
-,

執筆者:

関連記事

兄弟姉妹を比較して劣等感を抱かせないために親ができること

    同じ兄弟姉妹だからと言って、必ずしも性格や背格好が似ているとは限りません。勉強も同じです。   かたやスポーツ万能だけど成績はいま一つ。一方、もう一人は運動音痴だけど、頭脳 …

出産時のトラブル!不測の事態が起きた時の費用は自己負担?

   待望の妊娠!元気に生まれてくる赤ちゃんを心待ちにしている妊婦さんの姿は、本当に幸せそうです。   病院の検診に通ってすくすくとお腹の中で育っている赤ちゃんを見ると、「早く元気に出ておい …

子供の交通事故が心配!注意散漫な子供を守るためにできる事

    春から夏に向けて、子供達が外で遊ぶ時間が増えます。段々日が長くなってきて、夕方まで目一杯、遊ぶ事ができますね。     体力を消耗してしまった疲れた体は注意力が散漫になった …

洋服の泥汚れ解決方法|砂埃も泥んこ遊びもへっちゃら!

    子供に思いっ切り泥遊びをさせていますか?泥遊びは、免疫力を高めたり、想像力を高めたりと、子供にとって良い効果が沢山あります。   しかし、泥遊びをさせた後の事を考 …

夏休み中の子供のお昼ご飯を解決!簡単時短ランチ4選

    子供の夏休み、ママにとって頭を悩ませるのが昼ごはんです。   平日は子供を送り出した後、自分のためにちゃんとした昼食を作るママは、あまりいないのではないでしょうか?(私は作 …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む