中学生 学校編

今、イジメと戦っている中学生のためにできる親の対応は?

投稿日:2017年6月9日 更新日:

 teen-453100_640-e1497017344854 今、イジメと戦っている中学生のためにできる親の対応は?

 

なんでボクが?私が?学校でいじめられやすい中学生のタイプ より続いています。

 

もし、あなたの子供がいじめられていたら?

 

本当に悲しくて辛くて…同じ子供を持つ親として考えただけでも胸が痛くなります。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
 

 

子供がいじめられていると知った時、私達に何が出来るのでしょうか。いじめられている子のタイプ別に対処法をご紹介します。

 

いじめられている子の親が出来ること

★先生と話をする

teen-453100_640-e1497017344854 今、イジメと戦っている中学生のためにできる親の対応は?

 

まず、担任の先生とよく話し合いましょう。本人の話だけを鵜呑みにせず、先生からのお話も冷静に聞きましょう。

 

その上で、納得がいかないことがあれば、主任→教頭→校長と順番に話を進めて行くべきです。

 

我が子がいじめられていると知って、心中穏やかな人はいません。しかし、感情を剥き出しに学校側と話すことは、なんの解決策にもなりません。

 

それどころが、我が子の立場が余計悪くなってしまいます。親が学校に協力的であれば、先生と相談していじめから脱する方法を考えることができます。

 

「一体どうなっているんですか!どうしてくれるんですか!」

 

学校での状況を知ろうともせずに発するこの言葉は、親として余りにも無責任過ぎます。

 

この場合、学校側が対応しようにも親が、現場に対して拒絶的で非協力的なために根本的な解決が困難となってしまいます。

 

★相談室を利用する

 teen-453100_640-e1497017344854 今、イジメと戦っている中学生のためにできる親の対応は?

 

いじめが原因で教室に入れない場合は「相談室」などを利用して登校をしながら、卒業まで、または学年のクラス替えまで学校で過ごすことで、緩和されることもあります。

 

クラスが変わると、気の合う友人ができて教室に入れるようになることもあります。

 

また、クラス内では傍観者だった友人の中に、いじめボスがいなければ普通に接してくれる子もいます。「相談室」はそのための避難場所です。

 

高校に行って、いじめがあったことを感じさせないくらい元気になる子もいます。しかし、前述したように、親の協力が得られないと益々悪化してしまう場合もあります。

 

公立でも私立でも学校任せでは解決しません。親の協力があってこそ、です。

 

★環境を変える覚悟1

teen-453100_640-e1497017344854 今、イジメと戦っている中学生のためにできる親の対応は?

 

「優等生」の子がいじめられるケースです。昭和の時代は、生徒会選挙やクラス委員を選出する時、選ばれることは名誉でした。誰もが憧れた友人たち。今やマンガの世界です。

 

平成になると、面倒だからやりたくない、という理由で優秀でも受けてくれる子がいない、という時代になりました。

 

今は「目立つとイジメられる」という理由で受ける子がいません。教員が優秀な子にお願いしています。公立中学では、高校入試時の内申点と引き換えに受けてもらう、ということも耳にします。

 

この様な、優等生へのいじめを回避するためには、頑張っている人を正しく評価する環境に身を置くべきです。

 

公立中学でこういった経験をしている場合は、高校受験を経て、高校に進学すると、同じようなレベルの友人ができるため、緩和して行きます。

 

それが小学校から続いているようなら、思い切って私学の中学に転校するということも選択肢の1つです。その子と同レベルの友人たちに囲まれるので少なくとも、ひがみ、妬みのいじめはなくなります。

 

私の幼なじみも国立大の付属高校に入ってから、やっと学校が楽しくなった、と言っていました。

 

スポンサーリンク
 

 

★環境を変える覚悟2

teen-453100_640-e1497017344854 今、イジメと戦っている中学生のためにできる親の対応は?

 

現在、一般の中学では学習障害を持っている子を受け入れています。

 

実は小学校入学時には、ある程度わかっているのですが、「まさか我が子が」という気持ちが先立ち、親はどうしても「普通」でないと不安になり、普通の学校への入学を希望してしまいます。

 

明らかな障害ではないため、区別できず学校側でも線引きが難しいのです。

 

この場合は、大人になるにつれて周囲が理解し、受け入れるようになりますが、それは早くても中学三年生、高校生になってからです。

 

小学生や中学生の前半は、子供自身が幼いので「自分たちと違う、自分よりも弱い、低い」と感じる子をいじめの対象にしてしまいます。

 

そのため、学習障害を持つ子供達は成長するまでの間に酷いいじめにあうこともあります。結局、登校拒否になってしまい、そのまま社会から取り残される可能性があります。

 

少し厳しい言い方になりますが、もし学習障害と分かっているなら、専門の特別支援学級への編入をお勧めします。

 

現在、日本の労働基準では、企業が新入社員を募集する際に何割か障害者を受け入れることになっています。仕事内容によっては、車いす、全盲、聾唖など向き不向きが出てきますが、学習障害や性同一性障害なども対象になっています。

 

そのため、一般に普通の大学を出ても入れない大企業への就職の可能性が広がるのです。

 

*まとめ*

中学生でイジメにあった場合、一番に考えることは「その場」でなく、その子の長い人生です。

 

しかし、環境を変えるという選択、特に、特別支援に我が子を入学させるということは、親としてはかなりの覚悟が必要になります。

 

学校が近隣にない場合もありますし、普通学級でないことの引け目も感じてしまいます。

 

しかし、人生は80年以上あるのです。10年後20年後、子どもが幸せになることを考えると、その時にできる選択の中で、親ができることがあればそれを選ぶのも大切なことです。

 

いじめと戦っている子供達へ

teen-453100_640-e1497017344854 今、イジメと戦っている中学生のためにできる親の対応は?

 

いじめは永遠には続きません。長いと思う時間も、大人になるとあっという間だったと感じます。今、辛い時間もいつか、大切な経験になります。

 

ちゃんと学校へ行けているのなら、自分なりにその原因を理解し、それに対して向き合っている証拠です。

 

大人になればなるほど「辛いこと」は増えてきます。でも、今頑張っていることは、絶対に無駄になりません。きっと大人になった時、様々な逆境に勝てる能力が身につきます。逃げない自分を育てています。

 

未来は辛いことも苦しいことも沢山あります。でも、未来はあなたが味わったこともない程の幸せも待っています。

 

少し遠くから周囲を見回して下さい。きっとあなたを理解し、応援している人がいるはずです。下を向いていては、その人の姿が目に入りません。

 

中学生という時代は、二度と来ない時間です。どうかその時間を大切にしてください。

 

あなたの成長を心から願っています。
teen-453100_640-e1497017344854 今、イジメと戦っている中学生のためにできる親の対応は?

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

-中学生 学校編
-, ,

執筆者:

関連記事

中学校の運動会はいつ開催?様変わりする時期や種目について

    運動会と言えば、秋に行われるのが定番でしたが、最近は5月~6月のはじめに行う中学校も多くなりました。   また、秋でも9月の後半に集中して、10月に運動会を行う学校は少なく …

なんでボクが?私が?学校でいじめられやすい中学生のタイプ

  「小学生時代にいじめにあったから、別の中学に行きたい!」そう言って、受験して私立中学校に進学希望する子がいます。   ところが、原因によっては、またいじめにあうという可能性が潜 …

我が子はいじめの加害者?反省しない子供と認めない親の特徴

  子供が中学生になってから、あまり話をしてくれなくなった。そんなご家庭が多いですよね。何も話してくれないと、つい色々なことを心配してしまいます。   とくに、心配なのが「いじめ」 …

学校という職場で起こる先生同士のいじめ

    学校内で先生同士のいじめってあるの?と驚かれるかもしれませんね。   大人の社会にも、いじめはあります。例えばママ友、会社内、パート社員同士…テレビでは国の代表と …

友達がいない!寂しい!友達ができないと悩む中学生へ

    友達って何だろう?どういう関係を友達と言うんだろう?中学校のクラスの中で「友達」と呼べる人がいない、そう感じている人は、そんな事を考えたりしませんか?   友達っ …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む