子供の症状・発達

暑いけど、行く?行かない?夏の公園ライフを楽しもうよ!

投稿日:2017年5月7日 更新日:


23dd722caaca1f58a281983db1f01f50_s 暑いけど、行く?行かない?夏の公園ライフを楽しもうよ!

 

夏、子供を公園に連れて行きますか?熱中症、日焼け、虫刺されなど、心配することばかりで悩む所ですよね。

 

今回は、夏の公園の危険を考えつつ、その対策と必需品について、私の実体験から得たことをご紹介します。

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク
 

 

夏の公園の危険 

■熱中症

1      めまいや顔のほてり

2      筋肉痛や筋肉の痙攣(けいれん)

3      体のだるさや吐き気

4      汗のかきかたがおかしい

5      体温が高い

6      読んでも反応しない、まっすぐ歩けない

7      自分の水分の補給ができない

 

これらの症状があらわれたら熱中症の恐れがあるので要注意です。

 

その際は躊躇せず、救急車を呼び、待っている間に涼しい所へ移動して体を冷やして体温を下げます。そして可能であれば塩分の入った水分を取りましょう。

 

■日焼け

 23dd722caaca1f58a281983db1f01f50_s 暑いけど、行く?行かない?夏の公園ライフを楽しもうよ!

 

紫外線を浴びると細胞のDNAが傷ついて免疫が低下し体力が落ちるだけでなく、日焼けを繰り返すと将来的に皮膚がんの原因になると考えられています。

 

また、紫外線は目にも悪い事が知られてきました。(NHK生活情報ブログより)その為、やはり抵抗力の弱い子供にはなおさら紫外線対策をしっかりして公園へ連れていくべきでしょう。

 

日焼け対策としては帽子と日焼け止めは必須です。

 

■虫刺され

 23dd722caaca1f58a281983db1f01f50_s 暑いけど、行く?行かない?夏の公園ライフを楽しもうよ!

 

夏の公園で特に多いのがやはりです。その他にも自然がある公園では毛虫や、蜂、ムカデ、蜘蛛など沢山の種類の虫がいます。

 

どの虫に刺されたかで症状が違うので、虫に刺された時はその時の状況を子供にしっかり聞いてください。

 

しかし、正直、刺された時に痛みや衝撃を感じたのでなければ子どもは刺された事に気づかない事が多いです。

 

蚊に刺されたと思って様子を見ていたらどんどん腫れてきたなどという事もあるので、様子がおかしいと思えばすぐ受診しましょう。

 

私の息子は、2年連続で謎の虫刺されを経験しました。

 

蚊に刺された跡のような腫れが毎日数個ずつ増えていったのです。おかしいと思い皮膚科を受診しましたが、先生にも何の虫がわからないけれど虫刺されだといわれました。

 

結局腫れが広がらなくなり、赤みも消えるのに3週間程度かかりました。先生は子供はひとつ虫に刺されるとアレルギー反応やじんましんのように腫れが増えていく事もあると仰っていました。

 

そして翌年も同じ症状になったのです。そして3週間程度で治りました。

 

その次の年からは息子も成長し体が強くなってきたのか虫刺されがあっても増えていく事はありませんでした。

 

 

スポンサーリンク
 

 

夏の公園での必需品

■帽子

23dd722caaca1f58a281983db1f01f50_s 暑いけど、行く?行かない?夏の公園ライフを楽しもうよ!

 

帽子は、つばが7センチあるものを着用すれば顔に当たる紫外線の60%をカットでき、目も同時にまもる事ができます。(NHK生活情報ブログより)

 

日焼け止めと同時に使用する事で日焼けを防ぐ事ができます。また、頭に直射日光を浴びる事も防げます。

 

私は真夏の暑い時間帯は帽子を被せ、更に数時間ごとに頭に水をかけていました。帽子をかぶっていても子供の頭はかなり暑くなっているので子供が嫌がらなければお薦めです。

 

■日焼け止め

23dd722caaca1f58a281983db1f01f50_s 暑いけど、行く?行かない?夏の公園ライフを楽しもうよ!

 

今は子供用の低刺激のものもあるので是非日焼け止めをしてあげて下さい。また、子供は汗をかきやすく、すぐ日焼け止めが落ちてしまうので、こまめに塗りなおす必要もあります。

 

私がいつも塗るのを忘れてしまうのが耳の裏です。ここは盲点でありながら、子供はよく下を向いて水遊びをしたり、砂遊びをしたりするので気を付けてください。

 

そして、特に直射日光を長時間浴びる海やプールでのレジャーなどでは日焼け止めと併用してラッシュガードなども利用する事をお勧めします。

 

■水分

 23dd722caaca1f58a281983db1f01f50_s 暑いけど、行く?行かない?夏の公園ライフを楽しもうよ!

 

水分補給は一度に沢山よりもこまめに何度も何度も飲ませる方が良いでしょう。それは子供は公園で走り回ったりして遊ぶので、タプタプのお腹だとお腹が痛くなってしまうからです。

 

私が何度もそれで失敗しました。又、市販のスポーツドリンクは味が濃いので水でだいぶ薄めて持ち歩いていました。真夏は水よりもスポーツドリンクの方が安心だと思います。

 

■虫よけ

最近の蚊は私達大人が幼い頃よりもパワーアップしているとよくママ友さんと話しています。

 

それは、服の上からも刺してくるからです。どう考えても服の上から刺されたとしか思えない場所を刺されている事が多々あります。

 

その為、虫よけスプレーは仕上げに服の上からもしてください。肌が露出している部分は念入りに虫よけをすると思いますが、レギンスの下や、Tシャツの下を刺されますので要注意です。

 

また、顔も何もしないと容赦なく刺されます。一度、息子は目の上と頬と鼻の上を刺された事があり、顔がパンパンに腫れてしまいました。

 

目の上はムヒも塗る事ができなかったので子供は痒くて大泣きをしていた思い出があります。

 

それからは、邪道ですが顔にも虫よけを塗っています。スプレーを顔にかけるとむせたりしてしまうので、一度大人の手のひらに吹きかけてよくなじませ、その手で子供の顔に塗り付けるというやり方です。

 

虫よけスプレーには「顔には使用しないでください」と注意書きがしてあるので、刺激に弱い目の周りは控えた方がよいでしょう。

 

時間帯を考えてみる

真夏は、10時頃から14時頃は非常に暑いです。できればその時間帯に公園にいる時間を少なくする工夫をしてみてはどうでしょうか?

 

いつもより早く家を出発し、9時前から遊びだし11時には帰宅します。帰ってからシャワーを浴びせたりすると、もうお昼の時間になってしまいます。

 

たっぷり遊ばせれば、お昼寝もすんなりしてくれますよ。そして午後は16時頃からまた公園へ連れて行きます。

 

帰宅してすぐ夕飯を食べれるように夕食の支度、洗濯物をしまう、お風呂の準備は午後の昼食後に全てやってしまっていました。そうすれば夏は18時位まで遊ばせる事ができます。

 

ママは少し大変ですが、思いっきり遊ばせた方が夜もぐっすりです。しかし、ママが倒れてしまっては元も子もないので無理のない程度にママのやりやすいスタイルで夏の公園ライフを過ごして下さい。

 

*まとめ*

夏に公園へ連れて行くには準備や注意する事が沢山あり大変です。

 

しかし、夏にしか体験できない、水遊びや虫取りを思う存分体験させてあげたいですよね。夏の公園での危険をしっかり理解し、その準備をきちんとしていけば真夏であっても沢山遊ばせてあげることが出来ます。

 

ただ、暑い太陽の下にいると子供だけでなく、大人も本当に疲れます。つい子供の事ばかり気になってしまいますが、大人は子供と違って「寝れば元気回復!」とすんなりいかないものです。

 

子供と同様、大人も水分を沢山とって、帽子をかぶってしっかり寝て、夏の公園ライフを楽しみながら、暑い夏を乗り切りましょうね。

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…

23dd722caaca1f58a281983db1f01f50_s 暑いけど、行く?行かない?夏の公園ライフを楽しもうよ!

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

-子供の症状・発達
-, ,

執筆者:

関連記事

子供の大きないびき!原因から分かる良いイビキと悪いイビキ

    お子さんは夜、スヤスヤと眠っていますか?   まさか、こんな小さな子供が?!と耳を疑う様ないびき!本人は何も知らず幸せそうに寝ていますが、ママとしては心配ですよね …

アスペルガーの子供が相手を怒らせる、謝らないには訳があります

    先日、娘が学校から帰って来た際、ある友達のお話をしてくれました。何やらその友達のことをえらく怒っている様子。   その子は、アスペルガー症候群です。   …

食塩中毒から子供を守るために|一日の塩分摂取量と致死量

    岩手県盛岡市の認可外保育施設で、悲しい事件が起こりました。   保育施設の経営者が、当時1歳の乳児に食塩を混ぜた液体を飲ませ、食塩中毒で死なせた障害致死の疑いで逮捕されまし …

生理痛で学校に行きたくない|緩和の方法と対策

  生理痛というと、ひどい腰痛やお腹の痛み、頭痛などが主な症状です。   我慢できる人もいれば、「学校に行きたくない!」そう思う程、辛いという人もいます。生理痛が軽い人からすれば、「生理痛で …

好き嫌いが激しくてイライラ!子供の偏食は怒るべきなの?

     子供の偏食についてお悩みですか?   「野菜を食べない」、「決まったものしか食べない」、「離乳食は食べたのにある時期から食べなくなった」など、沢山のママが悩まれています。 &nbs …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む