小学生

夏休みの小学生の預け先|学童?実家?共働きママどうする?

投稿日:2017年5月27日 更新日:

child-2086910_640 夏休みの小学生の預け先|学童?実家?共働きママどうする?

 

子供達にとっては、待ちに待った夏休み!でも、共働きのご家庭にとっては、この長い長いお休みが不安と悩みの種なんですよね。

 

働いている間、子供達、どうするの?

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
 

 

子供が夏休みに入っても、共働きの親が子供と同じ様にお休みとは限りません。殆どのご家庭が、その間の子供の居場所に頭を悩ませます。

 

今回は、共働き家庭の子供の夏休みの過ごし方をご紹介しますね。

 

共働き家庭の子供の夏休みの過ごし方

(1)学童

child-2086910_640 夏休みの小学生の預け先|学童?実家?共働きママどうする?

 

共働きのご家庭では、夏休みに限らず、普段でも学童に通わせているご家庭は多いですよね。

 

低学年のうちは学童に行かせて、 学童のお友達と遊ばせる。親の目の届かない場所でも、正しい生活リズムを身につけるためには、家で子供だけで過ごすよりも断然良いです。

 

高学年になると、家で留守番もできますし、交友関係も成立してくるので、友達の家や、近所の公園などに遊びに行く子もいるので、学童をやめる子もいます。

 

ただ、学童はお金がかかりますので、 学童に入れるのならばフルタイムで働かないと意味がなくなってしまいます。

 

フルタイムで働いて学童に行く場合は、お昼のお弁当を持参して学童に行けるので親も安心です。(お弁当作りはチョット大変ですけどね。)

 

学童に行けば、夏休みの間、会うことのない友達にも会えますし、一緒に夏休みの宿題をしたり、遊んだりと、子供は親がいなくても、友達と楽しい夏休みを過ごすことが出来ます。

 

(2)実家

child-2086910_640 夏休みの小学生の預け先|学童?実家?共働きママどうする?

 

実家が近くにある人は、 実家にお願いする人もいますね。

 

ただ、一日フルタイムで働いている場合、毎日お願いするのは…と躊躇してしまうママもいると思います。

 

お願いする相手が、実父母であるか、義父母であるかも大きな違いがあります。

 

私の場合は、毎日では子供を預かる方も大変だと思い、休みを取れる時は取っていました。

 

一日仕事ではなく半日の仕事など、長時間ではない人は頼みやすいですね。時々、自宅で留守番、時々、実家に預ける、と分けているご家庭もあります。

 

ただ、ハッキリと「大変だから無理」と言われている場合は別ですが、大抵のおじいちゃん、おばあちゃんは、孫を連れて行くと喜んでくれます。

 

こちらが甘え切ってしまうことなく、いつも感謝の気持ちを伝える様にすれば、悪い気はしていないでしょう。

 

こちらは子供を預かってもらえる、祖父母たちは、孫に会えると一石二鳥ですよね。

 

また、私の場合、姉の子供(甥っ子)を預かって家に泊まらせたり、逆に我が子を姉の家に泊まらせてもらったりと、交互に泊まり合いをさせます。

 

姉も共働き家庭なので、お互い様です。

 

甥っ子を頻繁に預かるのは大変!?と思いがちですが、身内ですので、お友達が泊まりに来るより気を遣うこともなく、夕飯も普通で良いので楽ちんですよ。

 

何より、いとこ同士である子供達が大喜びです!

 

スポンサーリンク
 

 

(3)塾の夏期講習

child-2086910_640 夏休みの小学生の預け先|学童?実家?共働きママどうする?

 

少々フトコロは痛みますが…実は、夏期講習はすごく有難いのです。

 

我が家の場合、親が共働きで昼間家に親がいないとずっと家でゲームなどして引きこもるので、習いに行っている塾の夏期講習に申込みします。

 

お昼間のほんの数時間ですが、そのために子供は準備をして出掛けるので、ずっと自宅に居るだけにはならずに済みます。

 

また、近所のお友達も同じ様に通っている場合が多く、塾が終わってから遊ぶ約束が出来ます。

 

学校がないと、どうしても勉強もせず、遊びにも行かなくなるので親子共にありがたい夏期講習です。

 

(4)お母さんも夏休み

child-2086910_640 夏休みの小学生の預け先|学童?実家?共働きママどうする?

 

実はお仕事しているお母さんにも夏休みがあるお仕事があります。それは… 学校の給食職員です。

 

市で募集、採用を行っているので、一年契約の場合が多いです。このお仕事は、給食がない日は、お休みになります。

 

子供達の学校がお休みの日は必ずお休みなので、夏休みや冬休みが、ちゃんとあります。

 

ただ、子供と同じ日に休みが取れるという好条件は、子供を持つママに大人気なため、申し込みをしてもなかなか採用されることはありません。

 

それでも、子供と一緒にお休みを取りたい!と願うママは、ぜひ申し込みをしてみて下さいね。

 

*まとめ*

年々、共働きのご家庭が増えていますが、まだまだ子供を持つママにとって働きやすい環境が整っている訳ではないのが現状です。

 

家族のために働いている、はずなのに特に夏休みは、なぜか罪悪感を感じてしまうママが多いのではないでしょうか。

 

だからこそ仕事選びも迷いますが、一番に考えるべきはやはり「子供のこと」です。仕事だからという理由で、ずっと家でお留守番だけしててねとも言えませんよね。

 

とはいえ、仕事をずっと休むわけにはいかないし…ママのジレンマは続きます。

 

共働きのご家庭は、どうしても子供に「我慢させること」が多くなってしまいがちです。でも、子供達は働くママの背中を見て成長しています。

 

小さな頃から一生懸命なママの姿を見て育ってきているのです。「我慢」だなんて感じていないはずです。

 

それでも、1ヶ月以上もある夏休みの中で、パパとママの夏期休暇を合わせて、たまには家族みんなで過ごして下さいね。

 

限られた日数だからこそ、家族全員で充実した休暇を送ることが出来ます。それが、共働きのご家庭にとって、最高に幸せな夏休みになると私自身も感じています。

 

ご家族にとって最高の夏休みでありますように…

child-2086910_640 夏休みの小学生の預け先|学童?実家?共働きママどうする?

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

-小学生
-, ,

執筆者:

関連記事

小学生の友達関係|子供同士のトラブルに、親は介入する?

     子供の友達関係、気になりませんか?どんな友達と付き合っているんだろう、どんな関係を築いているんだろう、こんな事まで親が心配するのは「過干渉」ですか?   ママ友ありきでお付き合いし …

小学生の夏休み|予定も予算もなくてつまらないご家庭に提案

  『子供たちには待ちに待った夏休み!』   この時期、1ヶ月以上ある小学校の長~い夏休みをママはどう乗り越えるかが悩みですよね。

夏休みの自由研究|いらない!なんて言わずに親子で楽しもう

  小学生の子供の夏休みの宿題「自由研究!」   まさに「自由」というだけあって、逆にテーマが決まらずに頭を抱える子供が多い悩める宿題の1つですよね。こんな宿題いらない!そう思って …

中学受験は誰が決める?親の見栄やエゴで後悔しないために

「受験」と言えども、子供の成長過程によって様々あります。   その中でも、幼稚園や小学校の受験は「親の受験」と言われています。まだまだ本人が自分の進路を決める段階には至らず、ほとんど親が決め …

小学校一年生の娘が不登校|親が子供の気持ちに歩み寄る対応

    我が家の娘が小学生になり、小学1年生から不登校が始まりました。   子供が悲しい顔をしている姿は、ママにとって身を引き裂かれる想いです。なんとかしてあげたい。そう …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む