中学生 学校編

無視!仲間外れ!学校という職場で起こる大人のいじめ

投稿日:2017年11月5日 更新日:

people-2587420_640 無視!仲間外れ!学校という職場で起こる大人のいじめ

 

学校内で先生同士のいじめってあるの?と驚かれるかもしれませんね。

 

大人の社会にも、いじめはあります。例えばママ友、会社内、パート社員同士…テレビでは国の代表と呼ばれる人たちが、公然といじめをしています。

 

スポンサーリンク

 

それは、「学校」という職場でも例外ではありません。

 

大人同士がいじめをしているのに、子供に「いじめをするな!」ということ自体無理なのでは?と、思ってしまいますよね。

 

今回は、私の経験も交えて、中学生の先生方の舞台裏をご紹介したいと思います。

 

他の先生をバカにする先生

people-2587420_640 無視!仲間外れ!学校という職場で起こる大人のいじめ

 

私が以前いた私立の学校は、先生方のいじめが明らかに行われていました。

 

女性の先生が多いということもありましたが、影口、悪口の応酬で、先生が生徒の前で他の先生をバカにする、といった行為も見られました。

 

「先生」という仕事を選ぶ人の中には、勉強・学習能力は高いけれど、生活能力や常識が「0」という人も多くいます。

 

「企業経験」や「一般の社会経験」がないのに、社会を教えるという先生も多いのです。

 

未婚で子育て経験がなく、親に依存していながら「家庭科」を教える先生もいました。

 

その先生は、自分の学歴や学問に対する意識の高さを強調する余り、家庭や生活を大切にしている家庭科の先生方を馬鹿にするようなことを頻繁に口にしていました。

 

数学や理科の先生の中には、いわゆる紙一重の先生も多くいます。

 

優秀な大学を出ても、コミュニケーション能力がないために、一般企業での採用がないのです。

 

特に先生という仕事に就く人は「プライド」が高い人が多いため、自分の評価を高めるために、周囲を馬鹿にするようなことを口にしてしまいます。

 

先生によるいじめの特徴

people-2587420_640 無視!仲間外れ!学校という職場で起こる大人のいじめ

 

先生同士のいじめは、暴力やセクハラ行為は少ないものの、悪口や影口、からかうといった言葉を使ったいじめ、無視、仲間はずれ、といった陰湿なものになります。

 

もちろん、セクハラ行為がないわけではなく、以前いた学校では、実際に過激な事件もありました。

 

前述した学校では、先生から生徒へのいじめも行われていましたが、当時は今ほど煩(うるさ)くはなく、問題が水面下で解決されていました。

 

解雇された先生の中には、生徒へのストーカー、セクハラ、暴力もありました。

 

運動部の先生の中には、生徒に対して「ブス」「デブ」という言葉を発する先生もいました。

 

このような教師は、暴力をしなければ、児童虐待にならないと思っていたのです。言葉の暴力も、れっきとしたいじめや虐待になります。

 

スポンサーリンク

 

指導?いじめ?複雑化する境界線

people-2587420_640 無視!仲間外れ!学校という職場で起こる大人のいじめ

 

完全に生徒が悪い場合

本当に生徒たちのことを考えているからこそ、出てしまう行為です。

 

授業中に座れない、妨害をする、他人を傷つけるということは、真面目な子たちにとってはとても迷惑です。

 

それを制するためには、必要な行為となります。

 

ある学校では定期試験の時間になっても生徒が席に座れず騒いだ状態で、先生が怒鳴って初めて、問題用紙が配布できるそうです。

 

先生が生徒をいじめている場合

前者はいじめの場合があります。しかし、それも先生自体が大人気ない、というより、子供の親に責任がある場合が多いです。

 

先生も人間ですから、自分を貶(おとし)めるような子どもや親に好意は持ちません。

 

先生を貶める親に対して、やり場のない気持ちの矛先はその子供へと向いてしまいます。

 

子供が悪いことをしても、親が理解し謝罪や感謝の気持ちを持っていれば、悪い気持ちにはなりません。

 

「仕方ないな、お母さんも悩んでいるようだし、一緒に頑張ろう」という気持ちになります。

 

しかし、

 

「ウチの子は悪くない」

「ウチの子になんてことをしてくれたの!」

 

と一方的に先生を責めるような親や、それを学校に苦情を言うような親であれば、子どもに対する悪い印象は深くなり、他の子よりも距離を置くようになります。

 

「この子と関わると面倒」

「親がうるさいから、何があっても放置しておこう」

「どうせ何をしてもダメだから無視しよう」

 

となっていきます。それが、先生から生徒へのいじめに繋がっていくのです。

 

 *まとめ*

大人の社会でも、いじめはあります。

 

先生も人間です。ロボットではないし、そして完璧な訳でもありません。

 

先生同士のいじめがない学校は、人間らしい先生を理解している保護者や生徒、そして先生間によって成り立っています。

 

そして、先生同士のいじめがない学校は、そういった煩(わずら)わしい問題がないため、生徒間のいじめや不登校問題に真摯に取り組んでくれます。

 

私が今いる学校がそうです。

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…

 

people-2587420_640 無視!仲間外れ!学校という職場で起こる大人のいじめ

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

トップページへ

-中学生 学校編
-, , , ,

執筆者:

関連記事

今、いじめと戦っている中学生のために親ができること

    なんでボクが?私が?学校でいじめられやすい中学生のタイプ より続いています。   もし、あなたの子供がいじめられていたら?本当に悲しくて辛くて…同じ子供を持つ親 …

中学校の運動会はいつ開催?様変わりする時期や種目について

    運動会と言えば、秋に行われるのが定番でしたが、最近は5月~6月のはじめに行う中学校も多くなりました。また、秋でも9月の後半に集中して、10月に運動会を行う学校は少なくなっています。体 …

中学生は先生に敬語を使わない?注意しない先生もいて戸惑う

  「目上の人に敬意を払い、敬語で話す」小学生までは、ごく普通に教えられてきたこの道徳観が、中学生になると、少し変わってくるようです。   小学校の時に比べると、子供達は先生方の年齢に少し近 …

友達がいない!寂しい!友達ができないと悩む中学生へ

  友達って何だろう?どういう関係を友達と言うんだろう?中学校のクラスの中で「友達」と呼べる人がいない、そう感じている人は、そんな事を考えたりしませんか?   友達ってどんな人なの …

学校によってテーマは様々!「総合的な学習の時間」を知ろう

     中学生のお母さんは、「総合的な学習の時間」という授業をご存知ですか?中学生にもなると、授業内容などを家で話すことも少なくなり、そんな授業があることすら知らないお母さんもいるのではな …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!子供がすぐ怒ってふてくされる心理と親の行動

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえずくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|親子面接の最重要人物、それは父親です!

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。

→続きを読む

子供が父親を嫌い始める「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む