中学生 勉強編

2020受験制度改革に向けて中学生の勉強法を見直そう!

投稿日:2017年5月11日 更新日:

 board-1273128_640 2020受験制度改革に向けて中学生の勉強法を見直そう!

 

大学受験について考えていますか?

 

「中学生には、まだ早いよ。」「その前に高校受験でしょ。」「なんだかセンター試験が変わるって聞くけど…。」そんな声が聞こえてきそうです。

スポンサーリンク

 

  

スポンサーリンク
 

 

今回は、中学生には少し早めの大学受験についてお話しますね。

 

これからの受験制度(大学受験)

board-1273128_640 2020受験制度改革に向けて中学生の勉強法を見直そう!

 

高校生になると、進学校では文系・理系に分かれます。大学入試の科目選択によって無駄な勉強に時間を割くことなく、効率よく勉強するためです。

 

しかし、2021年、大学入試が大きく変わります。今までの「大学入試センター試験」方式から「大学入学希望者学力評価テスト(仮)」になります。(これまでのセンター試験は、2020年1月実施を最後に廃止されます。)

 

それは、これまでの丸暗記で答える、「マークシート」から、子供の思考力、判断力、表現力などを求める問題になります。

 

アドミッションポリシーに基づく様々な評価方法も取り入れられ、面接、集団討論、小論文、高校での学習・活動成果なども評価の対象となります。

 

私学の中高一貫校では、こういったことをいち早く授業に取り入れるよう、先生方にも周知されています。

 

しかし、公立中学では、その前に大きな難関、高校受験があり、大学受験の問題は高校に行ってから考えればいいと、大学受験のことまで浸透していないのが現実です。

 

各都道府県は様々な取り組みで、公立高校の入試制度を見直していますが、その度に、子供と親が振り回されているのが現状です。

 

 

スポンサーリンク
 

 

受験に必要不可欠な能力

■英語

board-1273128_640 2020受験制度改革に向けて中学生の勉強法を見直そう!

 

まず、高校受験でも大学受験でも絶対に必要な能力が「英語」です。

 

現代社会では学校でも社会でも、普通の暮らしでも英語が浸透しています。そしてそれは、ただ英文法や英単語を覚えるだけでなく、英語で自分が伝えたいことを表現する力を求められています。

 

英単語や文法を覚えるのはそのためなので、「テストのためだけに覚える単語」という印象が強いかもしれませんが、単語を覚えることに意味がないわけではありません。

 

集団討論で「英語の集団討論」を取り入れる大学が今後出てくる可能性は十分あります。その際、自分の中の英単語や英文法の幅が広ければ広い程、討論の内容も広がります。

 

■国語

二つ目は国語能力です。

 

とくに理系に進む学生の中に「国語」を必要と思っていない学生がいますが、数学でも英語でも問題を理解する能力があってこそです。文章が理解できなければ数学の解析問題など解けるわけがないのです。

 

board-1273128_640 2020受験制度改革に向けて中学生の勉強法を見直そう!board-1273128_640 2020受験制度改革に向けて中学生の勉強法を見直そう!

 

もちろん漢字が読めることも必須です。

 

グローバル社会に反していると思われるかもしれませんが、外国人の日本語能力が年々高くなっている今、日本人の私たちが、日本語がわからないというのは、いずれ仕事をしていく上でも支障が出てきます。

 

■道徳

board-1273128_640 2020受験制度改革に向けて中学生の勉強法を見直そう!

 

自国の文化をしっかり学ぶことも大切です。和食、マナー、和装、礼儀作法は道徳にも繋がり、面接態度にも生かされて来ます。

 

なぜ宗教を教えない日本人が、礼儀正しいと諸外国から見られていたかというと、「道徳」という教科があり、「柔道、華道、剣道、茶道…」という「道」という文化があったからです。

 

しかし日本の学校では、こういったことを学ぶ教科が「家庭科」だけです。

 

しかも、多くの子供達は親世代に「副教科は受験に必要がない教科」という刷り込みをされてしまい、熱心に取り組まない子がいます。

 

また、指導する教員の資質も様々で、自身が身についていない教員が多いのも事実です。

 

語学と同じで、日本と取引がある外国人の方は日本人以上に日本文化に精通しています。本当にこちらが恥ずかしくなる程です。

 

*まとめ*

中学生の中には、英語や数学はもちろん、日本語も芸術も優れており、和装もでき、日本文化の礼儀を幼少期から学んでいる子も多くいます。

 

それらは、そのご家庭の親御さんが我が子の将来を想い、備えた能力と言えます。これからは各家庭でも「この教科は受験に関係ない」と切って考えるようでは、大学受験を目指すことは難しくなると思われます。

 

昔の普通が、普通ではなくなっている現代、親も一緒に子供の将来について考え直してみる機会だと私は考えます。

 

だからと言って、中学生は、親の考えを押し付けても通らない時期です。

 

暗中模索しながらも進む我が子の主張を重視しながら、良い方へ向かえる様サポートしていきたいですね。

 

子供さんの成長を心より願っています…
board-1273128_640 2020受験制度改革に向けて中学生の勉強法を見直そう!

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

-中学生 勉強編
-, , ,

執筆者:

関連記事

中学生の「理科と社会が苦手」を「面白い!」に変えていく方法

  できる子を真似よう!中学生の勉強法<英語・数学・国語編> より続いています。   理科と社会は好きですか?中学生時代、私は嫌いでした。主要3教科(英・数・国)と5教科(+理・社 …

ナンバーワンになりたい子供!親にとって子供はオンリーワン

    中学生の間に実施される様々なテスト、もちろん結果が良いに越したことはありません。   誰だってテストで良い点数を取りたい!上位を目指したい!口には出さなくったって …

勉強しないとどうなる?やる気のない中学生に親ができること

  いつもダラダラとしている子供を見ると、「やる気あるの?」と聞いてしまいますよね。「勉強しなさい!」は、親も先生もつい言いたくなる言葉です。   中でも一貫校や付属校は中学と高校 …

勉強しても点数が取れない中学生|それってホントなの?

    中学生のお子さんは、勉強していますか?   「ウチの子、毎日毎日机に向かって真面目に勉強してる、けど点数取れないのよね。」そんな愚痴が聞こえてきそうです。   一 …

中学生になっても自主性がない|自主的に勉強できる方法

    自主勉強とは、その言葉通り、他人に指図されず、自分がその日に取り組む学習の内容を、自分で決めて行うことを指します。   子供達は、先生に「家庭では、自主勉強をしま …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む