中学生 学校編

負けるな中学生!劣等感は言い換えれば負けず嫌いってこと!

投稿日:2017年10月18日 更新日:

little-2824163_640 負けるな中学生!劣等感は言い換えれば負けず嫌いってこと!

 

クラスの中で目立つ存在と言えば・・・

成績優秀! 勉強がずば抜けて出来る子

大会出場! 部活動で大活躍しているスポーツマン

とにかく面白い! お笑いのセンス抜群で、周囲の友達の心を鷲掴みにしてしまう子

 

そんな目立つクラスメートを内心「羨ましいな」と思いながら、自分の長所を見つけられないでいる中学生はいませんか?

 

スポンサーリンク

 

周りのことなど何も気にせずに、過ごしていけたらどんなに楽か!

 

特に中学生の時期、クラスという小さな世界の中で、そんな気持ちと格闘している子供は少なくありません。

 

言い換えれば、自分に自信がない子程、周囲が気になり、そして自分と比べてしまうのです。

 

人って比べられてしまうもの

little-2824163_640 負けるな中学生!劣等感は言い換えれば負けず嫌いってこと!

 

幼なじみや同級生、ママ友の子供同士など、親の仲が良ければいいほど、子供同士は親の比較の対象になります。

 

その差が歴然と違ったり、または、方向性が違えば互いにあまり気になりません。

 

例えば、片や勉強がもの凄くできる優等生、片や勉強はさっぱりでも運動がずば抜けている、となれば、親同士も互いを励まし合い、関係は上手く成り立っています。

 

しかし、片方が、勉強がずば抜けてできるだけではなく、運動もそこそこできるAさん、一方、それなりに勉強はできるが、常に二番手三番手で、運動は苦手なBさん。

 

2人が幼なじみや親同士の仲が良いと、そこから、比較が始まります。

 

幼稚園、小学校と同じ習い事、同じ学校と比較するものが多ければ多いほど、互いの親は仲良く付き合いながらも、子供を比べてしまいます。

 

中学生になれば、テストの点数や学年順位が数字として確実に表面化されます。そして、いよいよ高校受験、大学受験ともなれば、志望校が比較対象となってくるのです。

 

 

前述したAさんとは裏腹に、Bさんの立場で比較されてきた場合、それらが自己嫌悪に繋がり劣等感を持ち始めます。

 

お母さんは「Aちゃんはできるのに、どうしてあなたはできないの?」「Aちゃんはもう○○番まで進んでいるよ。練習が足りないんじゃないの?」

 

まさに私がそうでした。

 

ピアノ、ソロバン、英会話、習字…常に隣りにいる幼なじみと比較されていました。彼女は国立の高校、大学に進学し、国家公務員になるほどの優秀さでした。

 

それだけでなく、母の兄、姉、弟の子達(私の従妹たち)までも優秀で、全員が国立大、私学の有名W、K大学を卒業していました。

 

私にとって母の存在は、大学に入るまでプレッシャーの連続でした。もちろん、自己嫌悪に陥ることは、もう日常茶飯事というくらい!

 

しかし、そこで劣等感の塊となり、自己嫌悪に陥って諦めてしまえば、もしかしたら今の私は存在していなかったかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

プライドと本の世界

little-2824163_640 負けるな中学生!劣等感は言い換えれば負けず嫌いってこと!

 

私がその当時、諦めずに済んだのは、自分なりに持っていた小さな小さなプライドと、他の人とは違う自分を探すきっかけになった、たくさんの本のお陰でした。

 

読書が苦手という人もいますが、本の中にはたくさんの言葉が詰まっています。

 

その言葉が私たちを励ましてくれます。自分と同じ経験をしている主人公にオーバーラップしたり、夢を描いたり。

 

私は、「赤毛のアン」や「少女パレアナ」に出てくる「しあわせ探し」や空想をすることで、他人と比較して自己嫌悪になった自分を励ましていました。

 

*関連記事*

本が嫌い!読書が苦手な中学生「本を読め!」と言われても…

☝こちらの記事も良かったらどうぞ!

 

追いつけ!追い越せ!切磋琢磨できる環境

little-2824163_640 負けるな中学生!劣等感は言い換えれば負けず嫌いってこと!

 

周囲と比較することは決して悪いことではありません。周囲と比較することで、自分に足りないものに気がついたり、自身を励ますことができます。

 

「自分は自分だから!」と、周囲との違いを強みにするのは大切なことです。

 

しかし、周囲との共存をすることもまた、人には大切なことです。共存をする中で競争し、比較していいんです。

 

比較するライバルがいるから、人は成長していきます。比べる相手がいなければ人は孤独になってしまいます。そうやって切磋琢磨し合える環境が中学生の間は必要不可欠と言えます。

 

冒頭で記載した通り、クラスの中の様々な分野で目立つ存在であるクラスメートを「羨ましい」と思う気持ちは、決してネガティブな感情ではありません。成長するための原動力なのです。

 

また、前述したAさんの立場の様に、小さな世界の中でいつも一番でいる子は、「孤高」になり、孤独になります。これは子供にとってやがて大きな世界で生きるすべを学ぶことができません。

 

そのためにも、その下にいる子達が頑張って、いつでも追い抜く勢いがある姿を見せることで、一番でいる子も孤高にならず、さらに努力をすることができます。

 

孤高とは ただひとり、他とかけ離れて高い境地にいること。 「 -の精神」 「 -を持する」 コトバンク:引用

 

*まとめ*

周囲と比較し、劣等感を持ち、自己嫌悪になることは、子供にとって自分を励ます一歩です。

 

その気持ちは言い換えれば、「負けず嫌い」という強固な気持ちであり、自分を奮い立たせるエネルギーにもなるのです。

 

中学生は繊細で敏感な時期、自己嫌悪に陥った後、投げ出してしまうこともあるかもしれません。それでも諦めない、そんな気持ちが将来に大きく繋がります。

 

大人になった今、立場が大逆転している同級生を沢山見てきました。「大逆転」はきっと全ての人に与えられているチャンスなのです。

 

お父さん、お母さんはそんな子供の成長を温かく見守ってあげて下さい。そして時折、子供の頑張りを褒めてあげて下さいね。

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…

 

little-2824163_640 負けるな中学生!劣等感は言い換えれば負けず嫌いってこと!

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

スポンサーリンク

 

 

トップページへ

-中学生 学校編
-, ,

執筆者:

関連記事

今、いじめと戦っている中学生のために親ができること

    なんでボクが?私が?学校でいじめられやすい中学生のタイプ より続いています。   もし、あなたの子供がいじめられていたら?本当に悲しくて辛くて…同じ子供を持つ親 …

部活の悩みに負けないで!中学生が部活動を続ける意味とは

    中学校から始まる部活動。先輩方の部活紹介を見て、どの部活に入ろうかとドキドキしましたよね。あなたの子供さんは、今も辞めずに部活を続けていますか?

将来が不安|高校生になるのが怖い中学生の進路の決め方

     中学生のお子さんに将来の夢、やりたい仕事はありますか?幼い頃に大きな声で自信満々で言っていた将来の夢を未だ持ち続け、追い掛けている子もいます。   しかし、大半の中学生は、少しだけ …

本当に美味しい給食を望みます!私の市の中学校給食

  中学校は義務教育のため、中学三年生までの昼食は、「給食指導」という授業になります。 私が中学生だった頃は、給食の時間が楽しみで仕方がなかったです。でも、今思えばあれは「授業の一環」だった …

中学校の運動会はいつ開催?様変わりする時期や種目について

    運動会と言えば、秋に行われるのが定番でしたが、最近は5月~6月のはじめに行う中学校も多くなりました。また、秋でも9月の後半に集中して、10月に運動会を行う学校は少なくなっています。体 …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!子供がすぐ怒ってふてくされる心理と親の行動

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえずくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|親子面接の最重要人物、それは父親です!

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。

→続きを読む

子供が父親を嫌い始める「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む