中学生 生活編

学校に遅刻してしまう癖は治らない?親がしてあげられる対策法

投稿日:2017年7月29日 更新日:

0a11264cada05ddfc5e1ac8a015056aa_s 学校に遅刻してしまう癖は治らない?親がしてあげられる対策法

 

最近の子供達の中に、夜型の子供が増えています。それは幼児の頃からの生活習慣が大きな原因の1つと言えます。

 

親が夜遅くまで仕事で帰宅しない、テレビを観ている、本を読んだり、友達とスマホでやりとりしているなど。

 

親が、夜遅くまで電気をつけて作業をしているため、子供達もそれに合わせて、夜遅くまで起きていることが多い様です。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

幼児期からの習慣とその後の影響

0a11264cada05ddfc5e1ac8a015056aa_s 学校に遅刻してしまう癖は治らない?親がしてあげられる対策法

 

幼児は、10~12時間程度、そして小学生は、8~9時間の睡眠時間が必要です。幼稚園や学校へ行くことを考えると、遅くても夜10時前には消灯し、眠る必要があります。

 

しかし、幼児の頃から遅寝に慣れてしまうと、そういった生活習慣が身に付き、徐々に酷くなっていきます。

 

親が「幼稚園だからいいだろう」、「小学校は近いので8時に起きれば大丈夫」と思っていると、中学はもちろん、遠方の高校に入学した時、子供自身、朝起きることが辛くなり、学校へ行けなくなります。

 

高校、大学は義務教育ではないので、遅刻が続けば、留年、退学になります。

 

遅刻のほとんどの原因は「夜型」

0a11264cada05ddfc5e1ac8a015056aa_s 学校に遅刻してしまう癖は治らない?親がしてあげられる対策法

 

遅刻をする子は、生活習慣が「夜型」になってしまった、というタイプの子がほとんどです。

 

小学校まで夜型を続けている子は、徐々に親と同じことで夜遅くまで起きているようになります。友達とスマホやパソコンのネットでやり取りをしている、ゲームをしている、テレビを観ているなど。

 

大人と子供の境界線がハッキリと分からず、親がしている事は、自分もしても良いと思ってしまうのです。

 

逆に、親は自分もやっていることなので、怒らない場合もあります。

 

「子供は勉強しなさい!」「子供は早く寝なさい!」と口だけで促したとしても、子供に自室を与えれば、益々自分の部屋でゲームやパソコン、ネットと自由にできるようになります。

 

「夜型」の余波は朝にやってくる

0a11264cada05ddfc5e1ac8a015056aa_s 学校に遅刻してしまう癖は治らない?親がしてあげられる対策法

 

また、朝の時間の過ごし方に問題がある子もいます。

 

子供が学校へ行く時間には、親が仕事で既にいない、出掛けてしまっているという家庭です。

 

親も子供を起こしていけば良いのですが、早朝出勤の場合は、「子供が可哀想、もう少し寝かせておいてあげよう。」と、そのまま出掛ける人もいます。

 

一人でもしっかりと起きて出掛けられる子なら何の問題もありません。ただ、親の居ない所で眠たい体を起こすことは中学生にとっては大変な事です。余程、自分に厳しくない限り、眠気に勝てない子供は多いのです。

 

ましてや、深夜遅くまで起きている子に一人で早起きなど、できるはずもありません。いつの間にか遅刻の常習になっていたり、ひそかに引きこもりになっている場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

親ができる対策法

0a11264cada05ddfc5e1ac8a015056aa_s 学校に遅刻してしまう癖は治らない?親がしてあげられる対策法

では、こういった子は治らないのか?というと、もちろん治ります。しかし、それにはやはり、親の協力が必要なのです。

 

★朝はいくらでも早く起こす

 

前日遅くまで遊んでいた子は、親が出る時間にはまだ寝ています。「まだ寝かせておこう。」と、起こさないのではなく、早過ぎても子供を起こして、出掛ける支度を一緒にしましょう。

 

私は、子供が中学生の時はこの方法を取っていました。そのまま、子供は自宅よりも中学に近い、祖父母の家に行き、そこから学校へ登校していました。

 

家から出ることで、頭も冴え、自分の部屋がなければそこで二度寝はしません。そのため遅刻することはありませんでした。

 

早く寝る習慣をつけるのも大切ですが、「長年の夜型」の習慣を変えることは、心にも体にも抵抗があるはずです。特に勉強ではなく、自分の楽しみのために起きていた子にとっては、全力で拒否するはずです。

 

まずは、お母さんが毎朝同じ時間に起こすことから始めましょう。

 

「早く寝る習慣」をつける事に抵抗があっても、最初は無理にでも起こし、「早く起きる習慣」が身につけば、必然的に夜は遅くまで起きていられなくなります。

 

中学生の中には、超朝型の子もいます。夜10時には眠り、朝4時に起きて勉強をします。その後、6時に朝食を摂り、6時半に家を出ます。

 

私立や国立中学の生徒は地元の子ばかりではないので、遅刻しないことを考えると、こういった超朝型の方法もありですね。親が早朝出勤する人もこの方法が良いと思います。

 

★遅刻の重大さを理解させる

 

遅刻をしてしまう、もう一つの原因は、根本的に遅刻することが悪いことと思っていない子です。こういった子は、学校はもちろん、友人との約束にも遅れます。

 

我が子の友人がそうでした。高校の時も遅刻が多く、留年ぎりぎりでした。友達同士で出掛ける時には、常に彼にだけ、待ち合わせ時間を30分早く伝えるのだそうです。

 

遊ぶ約束の場所に来ないので、電話やLINEをいれると、「今起きた」との返事に、息子はよく怒っていました。

 

彼は決して友人に嫌がらせをしようなどという気はありません。ただ、遅刻=悪い事という認識がないのです。その原因は、やはり親の対応です。

 

遅刻をすることがどういう事なのかを子供に諭すどころが、親自身があまり重要視していない場合があります。

 

★朝のタイムスケジュールを組む

中には、子供が何時までに学校に登校しないといけないのか、何時には教室に入って席に着いていないといけないのか、その時間すら把握していない親もいます。

 

「ウチの子、遅刻ばかりで困るの」と言うお母さんは、一度きちんと朝のタイムスケジュールを組み、子供にも分かる様にしてみましょう。

 

登校するべき時間から逆算していけば、

学校までに掛かる時間 ← 家を出る時間 ← 準備する時間 ← 朝食の時間 ← 朝起きる時間

が自ずと決まってきます。

 

*まとめ*

中学は義務教育です。多少遅刻しても問題にはなりません。しかし、そのままの状態が続けば、高校は単位を落とします。就職することもできません。今のうちにしっかりと遅刻をしない生活習慣を身につけましょう。

 

そのためには、親自身が、遅刻の重大さを意識する必要があります。

 

「何がなんでも遅刻だけはさせない!」その気持ちを継続的に持ち、子供と接することにより、お母さんの懸命さは必ず子供に伝わります。

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…
0a11264cada05ddfc5e1ac8a015056aa_s 学校に遅刻してしまう癖は治らない?親がしてあげられる対策法

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

-中学生 生活編
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

「出て行け!」と言ってしまった親と家出を考えている中学生へ

    人生の中で、「家出」の経験ありますか?   親と口論になって「もう出て行け!」と言われたり、兄弟姉妹と喧嘩したりと、何か家の中で原因があって家を飛び出してしまうん …

子供の将来や職業を決める親|子供のためにと敷くレールとは

  「子供が将来こんな人になってくれたら!」、「我が子がこんな職業に就いてくれたら!」という気持ちは親なら誰にでもあります。   それは理想の自分の姿であったり、我が子の幸せを考え …

中学生にはストレス?親がうざい程ガミガミいう理由と必要性

    自分の親がガミガミ怒る…という経験を嫌という程した人と、そうでない人。そして自分自身も親として、ガミガミと怒る人と、そうでない人。   あなたは、どちらの親に育てられました …

中学生の生活リズムを整える睡眠と栄養を家族で改善しよう

    私学の中学生に聞くと、中には朝5時半に起きて、6時には家を出るという子がいます。中学生で!?…と心配になりますが、「朝ごはんは、きちんと摂っている」と言うので、ちょっと安心 …

勉強・将来・部活・友達|中学生は最も悩みの多い時期です

    中学生のみなさんは、今どんなことに悩んでいますか?   友達のこと、勉強のこと、将来のこと、部活のこと…そして家族のこと。中学生は、人間が一生の中で、一番「悩みを持つ」とい …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む