ママの悩み・対策

子供がせがむ「ママ抱っこ」で腰痛が辛い!いつまで続くの?

投稿日:2017年9月6日 更新日:

 people-220039_640 子供がせがむ「ママ抱っこ」で腰痛が辛い!いつまで続くの?

 

子供への愛情表現で最も大切な事の一つは「抱きしめること」

 

ところが、ママにとって毎日の事となると、これがまた大変!1歳近くになれば10キロ程の体重になります。10キロを超えると途端に抱っこが辛くなり、腰痛に悩むママも増えてきます。

 

しかし、成長してきたとは言え、まだまだ子供を抱っこしなければならない場面も多いですよね。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

何より、子供からの「ママ抱っこ!」の要求は永遠に続きそうな程です。いつまで続くんだろう…抱っこが辛いなと感じているママへの対処法をご紹介しますね。 

 

抱っこの効果

people-220039_640 子供がせがむ「ママ抱っこ」で腰痛が辛い!いつまで続くの?

 

子供は抱っこが大好きですよね。私の長女は5歳ですが、いまだに抱っこをされると本当に嬉しそうな顔をします。その顔から抱っこがもたらす影響がよくわかります。

 

抱っこは子供の心を落ち着かせ、安心させ、愛されていると実感する事ができるようです。

 

また、理科学研究所の研究内容にママが赤ちゃんを抱っこしながら歩くと心拍数が低下しだし、赤ちゃんがリラックスすることを科学的に証明したというものがありました。

参考:理化学研究所

 

 座って抱っこするより、歩きながら抱っこする方が赤ちゃんはリラックスするようです。

 

泣いている赤ちゃんを座ったまま抱っこしても泣き止まないのに立って動きながら抱っこすると泣き止むのには理由があったのですね。

 

抱っこは子供に愛情を言葉ではなく、行動で伝えられる手段の一つです。

 

言葉で「大好きだよ」と伝えるよりも抱っこをしてあげる、ハグしてあげる方が子供へ愛情がストレートに伝わると同時に、子どもの精神状態もリラックスさせ、落ち着かせてあげる事ができるのです。

 

スポンサーリンク

 

抱っこ時期はほんの一瞬

people-220039_640 子供がせがむ「ママ抱っこ」で腰痛が辛い!いつまで続くの?

 

子供の成長は本当に早く、その時はとても辛いけれど、振り返ってみると一瞬だったと思う事が少なくありません。

 

特に「ママじゃないとダメ、抱っこもママがいい!」と言ってくれる期間は本当に短いのです。

 

この時期はママにとっては大変な時期でもありますが、幸せな時期でもあります。

 

赤ちゃんの人見知りは「ママ以外はイヤ!」な特別な時期です

☝こちらも良かったらどうぞ

 

いつからかママと手を繋ぎたがらなくなったり、「自分でやるからあっち行ってて!」など言われ、子供は成長と共に親から離れていきます。

 

成長は嬉しい反面、毎日「ママ抱っこ!」と言っていたあの時間はもう二度と戻ってこないのかと寂しくなります。

 

ママは毎日一生懸命働いて、子供のお世話をして、子供の遊びに付き合って、それから家族のお世話もして、くたくたですよね。

 

慌てて夕食の支度をしている時に「ママ抱っこ!」と言われたら、つい「忙しいから後で」と言ってしまいます。

 

断ると子供はもっと要求をエスカレートさせてきて、泣きだしたりしませんか?するとママも心の余裕がなくなってイライラしてきて、つい怒ってしまったりするものです。

 

私も長女の時はそんな感じでした。長女が眠くなる時間までにやらなければならない事をやってしまいたいのに、「抱っこ抱っこ」とせがまれイライラする日が続いていました。

 

そんな時に友達から育児本を貰い、その中に「30秒でいいから、その場で抱っこしてあげよう」という言葉がありました。

 

子供は何かしらの理由(眠いや痛いなど)があって甘えたい時に「抱っこ!」とせがむ事が多いけれど、ママの方は、その時に「後で!」と言ってしまいがちです。

 

やっていた事の手をほんの少し止めて、30秒ぎゅっと抱きしめたり抱っこしてあげる事で案外、満足してすんなり、自分の遊びに戻ったりする事が多いのです。

 

その言葉を目にした時に胸に刺さるものがありました。子供はずっと抱っこして欲しい訳ではなく、ただ、ママに抱っこされて安心したいだけなのだと気づきました。

 

その日から子供の抱っこ要求があった時には敢えて家事の手を止めて子供と向き合うようにしてみました。

 

するとこれが本当に効果があり、ちょっと子供の要求に応えただけなのに、子供もニコニコで、またリビングへ戻っていったりする様になりました。

 

「後でね」と言っても言う事を聞いてくれず、イライラしていた時より遥かに私の精神面でも良い結果になりました。

 

勿論、毎回必ずそうなる訳ではありません。時には駄目な時もありますが、そんな時は「もう家事はやめ!!」と割り切ってしまう事も大切ですよ。

 

抱っこが必要なのはお姉ちゃん?

people-220039_640 子供がせがむ「ママ抱っこ」で腰痛が辛い!いつまで続くの?

 

子供が成長するにしたがって抱っこする時間は徐々に減っていきます。子供からも12歳の時のようにすぐ「抱っこ!」という要求はなくなります。

 

しかし、だからと言って抱っこをすべき時にも「お姉ちゃん(お兄ちゃん)なんだから!」と突き放してはいないでしょうか。

 

4~5歳の子供が抱っこをせがむ時は子供の心が不安定な時です。何かしらの不安があるから抱っこして欲しいのです。

 

ママは子供の安心基地のようなものなので、ちょっとギュッとしてもらえるだけで心が落ち着く事もあります。

 

私の長女は34歳頃よりも5歳の今の方が抱っこをせがむ時が増えています。それは妹が産まれてからの事なので、やはり子供ながらに不安があるのでしょう。

 

下の子はまだ1歳になっていないので、どこへ行く時も常に抱っこですし、家でもまだおっぱいを飲んでいたりママに抱っこされている時間が多いです。

 

それを目の当たりにすると「自分もちゃんと愛されているのか」を確かめたくなってしまうのでしょう。

 

上の子にはどうしても我慢させたり、注意したりする事が増えている為、心が不安定な状態なのだと感じています。

 

だからこそ、娘から「ぎゅーしよう!」と言われたら、すぐにすることにしています。下の子が泣いていても上の子とぎゅーを先にします。

 

本当にちょっとの時間だけれど、少しは安心してくれているようで、とても嬉しそうです。大きくなっても抱っこしたり、ハグする事はとても大切なスキンシップです。 

 

まとめ*

 子供を抱っこをする時期が続くと、ママは腱鞘炎になってしまったり、腰痛になってしまったり、体に負担が掛かって、とても大変ですよね。

 

もしそのような状態になってしまった時には早めに医者に行きましょう。遅くなると治りも遅くなってしまします。

 

子供を抱っこできる時間には限りがあります。大変だけれど、今しかないその時間を大切にして下さい。いつまでも子供からの抱っこの要求が続く訳ではありませんし、抱っこできる訳でもありません。

 

私の知り合いに、あまり赤ちゃんを抱っこしないママがいます。その家では、パパがお休みの日はほとんどパパが子供を抱っこして、パパが仕事の時は実家へ帰り、祖父母が代わりに抱っこしています。

 

ママの腰が痛いことが理由の様ですが、新生児期の時からずっとそのような状態だったので、祖父母が「最近ママが抱っこすると泣く事がある」「本当はもっと抱っこしてあげて欲しい」と不安を口にしていました。

 

その家庭には家庭の事情があるので何とも言えないのですが、大切な子供から抱っこを拒否されてしまったら悲しいですよね。子供もちゃんと誰が自分の事を一番かまってくれているのか察知しています。

 

people-220039_640 子供がせがむ「ママ抱っこ」で腰痛が辛い!いつまで続くの?

 

「抱っこしたくないな」と思い始めたら、是非思い出して下さい。

抱っこできる時間は長くない

ほんの少しの抱っこだけでも十分

という事を。子供の可愛い可愛い時期を、どうぞ大切に!

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…

people-220039_640 子供がせがむ「ママ抱っこ」で腰痛が辛い!いつまで続くの?

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

-ママの悩み・対策
-, , , ,

執筆者:

関連記事

出産後の手続き|医療費助成の対象や範囲・地域差について

    子供が生まれると、病院から退院してすぐに届出をしなければいけない書類がたくさんありますね。その中に乳幼児医療費助成制度があります。

子供のためにすぐに実践できる暑さ対策(室内編・室外編)

  暑い夏がやってきます!   小さなお子さんを持つママにとって、この暑さで一番気掛かりなこと、それは熱中症。育児をする上で、子どもの暑さ対策に悩む方も多いと思われます。

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

  子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。   子供にはパパが嫌いなのではなくて、とにかくママがいい時期があるだけの事です。

子供が犯罪に巻き込まれないために子供に理解させておくこと

    日本は他国と比較すると、非常に犯罪が少ない国でした。しかし、ニュースを見ていると毎日のように重犯罪が報道されています。   殺人事件は年間の発生数が世界197位、誘拐監禁事 …

子供の交通事故が心配!注意散漫な子供を守るためにできる事

    春から夏に向けて、子供達が外で遊ぶ時間が増えます。段々日が長くなってきて、夕方まで目一杯、遊ぶ事ができますね。     体力を消耗してしまった疲れた体は注意力が散漫になった …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む