中学生 学校編

なんでボクが?私が?学校でいじめられやすい中学生のタイプ

投稿日:2017年6月9日 更新日:

boy-1606222_640 なんでボクが?私が?学校でいじめられやすい中学生のタイプ

 

「小学生時代にいじめにあったから、別の中学に行きたい!」そう言って、受験して私立中学校に進学希望する子がいます。

 

ところが、原因によっては、またいじめにあうという可能性が潜んでいます。

 

スポンサーリンク
 

 

いつもいじめられる、どこででも、誰とでも…どうして僕は、私はいじめられてしまうんだろう。

 

もしあなたのお子さんがそんな風に悩んでいるとしたら、読んで見て下さい。少しでもお役に立てれば幸いです。

 

「他人の不幸は蜜の味」

boy-1606222_640 なんでボクが?私が?学校でいじめられやすい中学生のタイプ

 

この言葉は事実で、他人の不幸を聞くと人間の脳に蜂蜜を口にした時と同様の脳内メカニズムが見られる、ということが科学的に解明しています。

 

この感情は、他人をあざ笑うためではなく、自分も努力をし、他人と競うことで、自己進化して行くために必要な感情だと私は考えます。

 

ところが、「いじめ」は、ただ他人を不幸にすることで自分の不幸を打ち消したり、優位に立ちたい、そんな感情から生じてしまうのです。

 

「赤毛のアン」という物語が長年愛され続けてきたのは、その考えの逆、自分がポジティブに考えることで、周囲の人も幸せにしていくという物語だったからです。

 

ポジティブな考えをする子は、たとえ、いじめにあっても周囲にとってはつまらないものになってしまうため、イジメが長続きしません。

 

では、どんな子がいじめられやすいのか、タイプ別にみていきたいと思います。

 

タイプ その1 「ずれている」

boy-1606222_640 なんでボクが?私が?学校でいじめられやすい中学生のタイプ

 

他人と少し考え方が違い、その「ずれ」に本人は気がついていない、または気がついていても、あまり気にしないタイプです。

 

マンガ「君に届け」のヒロイン黒沼爽子もそのタイプです。

 

実は私もそうでした。女の子はともかく群れたがるので、仲間と違う趣味や考えの子を排除したがります。それが無視や仲間外れといういじめになります。

 

しかし、本人は気にしていないので、高学年になるにつれて徐々になくなります。

 

本人も大人になり、周囲と折り合うことを覚え、周囲も大人になるので、そこをわきまえて、お付き合いできるようになります。

 

中には、そのずれがあまりにも大きく、さらに周囲に合わせようとしないと、いじめはエスカレートし、進学などで環境を変えても、またいじめに合うことになります。

 

その子と「合う友人」が現れるか、本人が周囲と折り合いをつけることを学ばない限り、いじめを回避することは難しくなります。

 

タイプ その2 「弱者」

boy-1606222_640 なんでボクが?私が?学校でいじめられやすい中学生のタイプ

 

例えば、体のどこかに障害を持っている、家庭環境が不安定、運動や勉強が極端に苦手な子が当てはまります。

 

ドラえもんの「のび太くん」タイプです。

 

昔からこういった子は、いじめの対象になります。しかし、最近は道徳教育などにより障害などを理由にいじめをするということは減少しました。

 

特に中学生くらいになると、理性が発達しますので、このタイプの子をいじめるのは小学生までで、徐々に対象外となっていきます。もちろん、ないわけではありません。

 

中学生になっても、このタイプの子をターゲットにいじめを続ける子は、自分自身に「いじめにあう」要素がある子で、自己防衛の一つとして他人をいじめることで、いじめの矛先が自分に向かないようにします。

 

しかし、学力とともに精神面も成長している中学生の多くは、こういった子に加担することなく傍観することの方が多くなります。

 

スポンサーリンク
 

 

タイプ その3 「良い子」

boy-1606222_640 なんでボクが?私が?学校でいじめられやすい中学生のタイプ

 

成績が良い。真面目。先生が目をかけている。昔なら、生徒会長や部長などを務めると、周りの友人たちから羨望の存在となりました。誰もが憧れることはあっても、いじめられることはありませんでした。

 

しかし最近は、良い作品などでコンクールなどに出展することを嫌がる子もいます。

 

目立つといじめられるからです。

 

それは大人も同じです。正に、出る杭は打たれるのです。判官贔屓(ほうがんびいき)ならまだしも、頑張っている人をいじめるなんて「人間」として間違った方向に行っているとしか言えません。

 

判官贔屓(ほうがんびいき)とは

「弱い立場に置かれている者に対しては、あえて冷静に理非曲直を正そうとしないで、同情を寄せてしまう」心理現象  「Wikipedia」引用

 

*まとめ*

タイプ別に「いじめられやすい子」をお伝えしました。残念なことに、環境を変えてみても、またその場でいじめにあってしまう子がいることは否めません。

 

それでも、それがいじめをしても良い理由にはなりません。誰であろうと人の心や体を傷つけることは許されないのです。

 

では、いじめにあってしまったら、どうしたら良いのでしょう。どこにいってもいじめにあう子は一体どうすれば良いのでしょうか。次のページで解決法をご紹介します。

 

いじめの解決法を考えよう!

→続きはこちらです

今、いじめと戦っている中学生のために親ができること

 

 

子供さんの成長を心より願っています…

 

boy-1606222_640 なんでボクが?私が?学校でいじめられやすい中学生のタイプ

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together

 

-中学生 学校編
-, ,

執筆者:

関連記事

中学生の不登校|今と将来が不安な子供に親ができること

  突然、学校に行かなくなる子、徐々に行かなくなる子…不登校のきっかけも理由も様々です。誰でもたまには、さぼりたいという気持ちになりますけどね。   日曜日や祝日など、休みが正当な …

中学生は先生に敬語を使わない?注意しない先生もいて戸惑う

  「目上の人に敬意を払い、敬語で話す」小学生までは、ごく普通に教えられてきたこの道徳観が、中学生になると、少し変わってくるようです。   小学校の時に比べると、子供達は先生方の年齢に少し近 …

友達がいない!寂しい!友達ができないと悩む中学生へ

  友達って何だろう?どういう関係を友達と言うんだろう?中学校のクラスの中で「友達」と呼べる人がいない、そう感じている人は、そんな事を考えたりしませんか?   友達ってどんな人なの …

中学校の運動会はいつ開催?様変わりする時期や種目について

    運動会と言えば、秋に行われるのが定番でしたが、最近は5月~6月のはじめに行う中学校も多くなりました。   また、秋でも9月の後半に集中して、10月に運動会を行う学校は少なく …

進路が決まらない中学生は憧れの高校を見つけてみよう!

    中学生にとって最大の試練、それは高校受験。受験日当日を迎えるまでの間に自分が一体どの学校に入学希望するのかを、先生や両親を交えて決定しなければいけません。   ところが、進 …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む