ママの悩み・対策

いらない!産まれてみると結局不要だった育児グッズ<体験談>

投稿日:2017年9月17日 更新日:

 

speaker-1305537_640-1 いらない!産まれてみると結局不要だった育児グッズ<体験談>

 

もうすぐ出産!産まれてくる赤ちゃんをイメージしながら、ネットで「赤ちゃん準備リスト」を検索したり、育児本や雑誌の情報から沢山の育児用品を準備するママが多いですね。

 

しかし、実際に赤ちゃんが産まれてみると、使わなかった育児グッズって案外たくさんありませんか?

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

今回はこれから出産を迎えるママの為に、使わなかった育児グッズについてご紹介したいと思います。

 

ただ、今回ご紹介する商品は、私の家庭では出番のあまりなかった商品でしたが、人によってはヘビーユーズな物もありますので、ご了承下さい。

 

 買ったけれど使わなかった商品

 ① ミトン

speaker-1305537_640-1 いらない!産まれてみると結局不要だった育児グッズ<体験談>

 

「赤ちゃんの爪は薄くて鋭いので、顔を引っ掻いてしまう」と聞いていたので、我が家はミトンを買っていました。しかし、実際は一度も使う事がなく、子供のおままごとの道具になりました。

 

赤ちゃんの時は手に何かを付けられることを嫌がりましたし、爪を定期的に切ってあげていれば、顔への傷もあまり気にする必要はありません。

 

また、嫌がらなくても手を無意識のうちに動かしているので、すぐに取れてしまう事も多いようです。

 

② ベビーベッド

speaker-1305537_640-1 いらない!産まれてみると結局不要だった育児グッズ<体験談>

 

私は最初からレンタルにしたのですが、ベビーベッドは高いですし、場所も取る為、購入する前にはよく考えた方が良いアイテムの一つです。

 

「ベビーベッドの使用期間は、案外短かった」という声もよく聞きます。夜中に頻繁に起きる子の場合、夜中の授乳が大変でベビーベットを使用しなくなった人も何人もいました。

 

私の娘達も寝ない子だった為、授乳の際に起き上がらなければならない回数が多く、ベビーベットで寝かせるよりも横に寝て添い乳をして寝かせる方が断然楽でした。

 

そのため、次女の時は最初からベビーベットは使用しませんでした。

 

③ スリーパー

speaker-1305537_640-1 いらない!産まれてみると結局不要だった育児グッズ<体験談>

スリーパーは必需品」と言われて事前に購入してあったのですが、私は娘二人ともほとんど使用した事がありません。

 

子供は全員と言って良いほど、布団を掛けてじっとして寝ている子はいません。ほとんどの子がバタバタと寝返りをうったり、動き回ったりして何度も布団をかけてもすぐに剥いでしまいます。

 

そんな時に、「スリーパーを着させて寝かせていれば布団をかけていなくても安心」という事を聞いて購入しました。

 

しかし、子供は寝入りにとても汗をかきます。スリーパーを着せていると、寝付く時に暑いようで、汗の量が凄いし、嫌がってなかなか寝付かないしという事が続き、スリーパーをやめました。

 

勿論、布団は何度掛けても次見ると掛かっていません。しかし、それが原因で風邪を引いた事もありません。

 

④ 長肌着

speaker-1305537_640-1 いらない!産まれてみると結局不要だった育児グッズ<体験談>

 

出産前に準備する赤ちゃんグッズの中に必ずあるのが長肌着です。

 

赤ちゃんは汗をかきやすかったり、うんちやおしっこが漏れて汚してしまう事が多い為、多めに持っていた方が安心」と育児雑誌に書いてあったため、沢山購入してありました。

 

しかし、実際には長女は長肌着を一度も着せる事はありませんでした。それは誕生月が6月だったからです。すでに梅雨のジメジメした蒸し暑い時期で、すぐに真夏になります。

 

ただでさえ汗を良くかく赤ちゃんに長肌着を着せて、ロンパースを着せるなんて暑過ぎました。

 

夏に向かって生まれた赤ちゃんの場合は肌着1枚で過ごしても十分なのですが、長肌着は着物のような形になっている為、長肌着だけでは赤ちゃんの足の動きによって足が完全に露出してしまいます。

 

するとお腹も出てしまう為、お腹の冷えにつながってしまいます。ですから長肌着1枚で過ごす事はなく、ロンパースの形をした肌着1枚を着せていました。

 

また、次女は9月生まれで少しずつ寒くなっていく時期に産まれました。しかし長肌着は裾が長く、ロンパースの中にいれるとお尻付近がゴワゴワしてしまう為、次女の時も長肌着の出番はほぼありませんでした。

 

冬も長肌着よりもロンパース型の肌着の方がお腹もでませんし、重宝しました。

 

⑤ 赤ちゃん用靴下

speaker-1305537_640-1 いらない!産まれてみると結局不要だった育児グッズ<体験談>

 

一番使用頻度が低いです。赤ちゃんは部屋の中では裸足ですし、外出する際は、靴を履く訳ではないので、靴下を履くより、足の先までついているジャンプスーツの方が暖かいです。

 

また、赤ちゃん用の靴下は本当になくなりやすいです。

 

赤ちゃんの足がまだ小さい事、足にフィットしない事、足をバタバタ動かしている事ですぐに脱げてしまいます。1足あれば十分だと感じました。

 

スポンサーリンク

 

子供によって不要だった物と便利だった物が違う

私には2人の娘がいますが、長女の時には全く使用しなかったものが、次女の時には必要不可欠になったアイテムもあります。

 

    バウンサー

speaker-1305537_640-1 いらない!産まれてみると結局不要だった育児グッズ<体験談>

 

長女はバウンサーに乗せただけで大泣きするほど嫌がりました。物凄く機嫌のよい時に乗せても数分で泣き出してしまうため、赤ちゃんの時には数回しか使用しませんでした。

 

しかし、次女は家にいる時間の殆どをバウンサーで過ごしていたと言っても良いほどバウンサーに乗せられていました。

 

本人も嫌がっていなかった事が最も大きな要因ですが、上の子が部屋で走り回っていた為、床に寝かせておくことができなかった為です。

 

    バンボ

speaker-1305537_640-1 いらない!産まれてみると結局不要だった育児グッズ<体験談>

バンボも長女は反り返って大泣きするほど嫌がったため、返って危ないので使用しなくなったアイテムです。バンボは結構場所を取るので、当時は購入した事を後悔しました。

 

しかし、次女の時に本当に重宝しているのです。腰が座っていない時にも、お風呂から出た時に座らせておけましたし、少しじっと座っていて欲しい時に座ってくれていました。

 

    赤ちゃん用おもちゃ

speaker-1305537_640-1 いらない!産まれてみると結局不要だった育児グッズ<体験談>

 

長女は、おもちゃに見向きもしない子でしたので、ほぼ綺麗な状態で次女が使う事になりました。

 

長女はおもちゃに全く興味がなく、なめたり、噛んだりして遊んでくれる時間がなく、一人で遊ぶ事をしない子だったため、私の手が空く事がありませんでした。

 

しかし、次女はそんなほぼ新品のおもちゃを自分で掴んで噛んだり、なめたり、一人でおもちゃを使って遊んでくれる時間がかなりあります。

 

その時間で家事ができるので、とても助かっています。

 

   ポンチョ

speaker-1305537_640-1 いらない!産まれてみると結局不要だった育児グッズ<体験談>

長女の時には上手な使用の仕方がわからず、ほとんど着ないままサイズアウトしてしまいました。ポンチョはマントのような形になっているので、肌寒くなってきた秋頃から重宝します。

 

長女の時はマント型の為、風が入ってきてしまい、寒いのではないかと思い、使うタイミングがわかりませんでした。

 

しかし、次女の時に抱っこ紐の際にぽんちょはとても便利なアイテムだと知りました。

 

子供は抱っこされていると寝てしまう事が多いのですが、この時、コートやジャンパーだと抱っこしたまま脱がす事ができません。

 

冬は、外は寒いけれど、室内は暖かいという事が多く、その気温差で子供は汗をかき風邪をひいてしまう原因になりかねません。

 

そんな時、ポンチョは抱っこ紐の中で寝ている時も上からスっと抜きとる事ができます。暖かい室内に入った時は汗を熱がこもっていまう前に脱がせることができますよ。

 

*まとめ*

育児グッズは子供よってとても便利になったり、全く不要なものになったりします。

 

どの商品も子供の事をよく研究して考えられて作られた物なので、子供によっては、なくてはならない育児グッズになる事もあるでしょう。

 

しかし、どの育児グッズが自分の子供に合うかは出産前にはわからない事です。出産前にあまり買い込まず、産まれてから買っても遅くはないものも沢山ありますよ。

 

ベビーベッド初めから購入するか悩む場合はレンタルするという手もあります。肌着も足りなかったら買い足す事はいくらでもできます。今はネットですぐに購入する事ができる時代なので、あまり焦る事もないですよ。

 

絶対に必要な物はオムツとママの元気な体ですね!

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…

speaker-1305537_640-1 いらない!産まれてみると結局不要だった育児グッズ<体験談>

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

-ママの悩み・対策
-, ,

執筆者:

関連記事

子供の写真撮りすぎ注意!スマホ写真の撮り方と保存方法

    子供の写真がどれ位あるか把握していますか?   今はスマホでも簡単に綺麗な写真が撮れるので気軽にどんどん撮ってしまい自分でも把握できない程の写真がある人も多いのではないでし …

出産時のトラブル!不測の事態が起きた時の費用は自己負担?

   待望の妊娠!元気に生まれてくる赤ちゃんを心待ちにしている妊婦さんの姿は、本当に幸せそうです。   病院の検診に通ってすくすくとお腹の中で育っている赤ちゃんを見ると、「早く元気に出ておい …

二人育児は大変!不安や葛藤はあったけど、やっぱり幸せ!

    二人目は何歳あける?兄弟姉妹の年齢差による育児の違い より続いています。   今回は、一人の子供の子育てから二人の子供の子育てをするようになってからの心の葛藤や、 …

育児日記どうしてる?過去の記録が今の子育てを応援してくれる

    赤ちゃんが生まれると、毎日が忙しく日記をつけている暇なんかないと思っていませんか?   確かに少し頑張らないと続けていく事ができないかもしれません。しかし育児日記をつける事 …

我が家の姉弟は仲良し?姉弟きょうだいの特徴と育て方の違い

  母親になるまで、自分が男の子のママになるのか、女の子のママになるのかなんて想像も出来ません。   思い描いていた性別の子供を授かる人もいれば、思い掛けない性別の子供が我が子にな …

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む