中学生 生活編

中学生女子は誰にも聞けない!ムダ毛の脱毛法と薄くする方法

投稿日:2017年8月5日 更新日:

74ace2a936b42bac5c4ded4dd0c32b40_s 中学生女子は誰にも聞けない!ムダ毛の脱毛法と薄くする方法

 

中学生になると男性ホルモン、女性ホルモンの働きが活発になり、男子は筋肉や肩幅、声変わりと同時に体毛が濃くなって髭も生えてきます。

 

女子は、胸やお尻が丸みを帯び、毛髪が豊かになり月経が始まります。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

中学生にとって、この頃に生えてくる「毛」にはとても違和感を覚えます。これまでなかった所に毛が生えてくるのだから、やむを得ない感情ですよね。

 

男性も女性もこれらの毛を「ムダ毛」と総称して呼び、処理に時間を費やします。

 

第二次性徴期の発毛

74ace2a936b42bac5c4ded4dd0c32b40_s 中学生女子は誰にも聞けない!ムダ毛の脱毛法と薄くする方法人間は進化の過程で、毛の代わりに衣服をまとうようになりました。

 

しかし衣服で覆えない部分や大切な部位は毛を残す機能が遺伝的にあり、頭や目は生まれてすぐに発毛します。そして次に大切な部分が、第二次性徴で発毛するようになります。

 

男子は髭や胸毛などむしろ男らしい象徴ですから気にしない子も多くいます。

 

しかし女子は、見えない部分はともかく、ノースリーブになった時のワキ、さらに女子でも男性ホルモンが影響するため、腕や脛(すね)の発毛もあり、中には背中にも発毛する子もいます。

 

女子には大きな悩みの種

74ace2a936b42bac5c4ded4dd0c32b40_s 中学生女子は誰にも聞けない!ムダ毛の脱毛法と薄くする方法そのため、体育の着替えの時に気になってしまう、夏に水着や腕を出した服を着る時に気になる、という理由で早い子では中学生の内から脱毛やムダ毛の処理を始めています。

 

特に今の子はおしゃれなので、学校は制服とジャージ、家に帰ってもジャージ、友達と会う時もジャージという子は少なくなっています。(我が家は田舎なので、今でもいますが)

 

特に、夏に友達と映画に行く、遊園地に行くとなれば、誰でも可愛い服を着た自分を見せたいという気持ちになりますね。女の子なら当たり前のことです。

 

ところが、スカートやショートパンツをはいて、いざお出掛け!となった時に見える腕や脚がモジャモジャだったら…テンションも下がってしまいますよね。

 

スポンサーリンク

 

ムダ毛の処理方法

74ace2a936b42bac5c4ded4dd0c32b40_s 中学生女子は誰にも聞けない!ムダ毛の脱毛法と薄くする方法74ace2a936b42bac5c4ded4dd0c32b40_s 中学生女子は誰にも聞けない!ムダ毛の脱毛法と薄くする方法

毛抜きや脱毛テープ、ワックスで抜く

 

 

74ace2a936b42bac5c4ded4dd0c32b40_s 中学生女子は誰にも聞けない!ムダ毛の脱毛法と薄くする方法74ace2a936b42bac5c4ded4dd0c32b40_s 中学生女子は誰にも聞けない!ムダ毛の脱毛法と薄くする方法

カミソリや除毛クリームで表面だけをカット、または溶かす

 

 

74ace2a936b42bac5c4ded4dd0c32b40_s 中学生女子は誰にも聞けない!ムダ毛の脱毛法と薄くする方法

脱色をして色を抜く

 

 

という方法があります。しかし除毛クリームやワックスは、皮膚がデリケートな思春期の子供にはあまり向きません。炎症を起こしてしまう場合もあります。

 

毛抜きや脱毛テープで抜いた場合、抜いた後しっかりと皮膚のケアをしないと、毛穴に菌が入って「毛嚢炎」(もうのうえん)という皮膚の炎症を起こすことになります。

 

毛嚢炎(もうのうえん)とは

1本或いは数本の毛の根元が、小さな白ニキビのような状態になる。毛穴より下にある髪の毛を取り囲む組織の浅い部分だけに生じることもあれば、皮膚のさらに深い構造部にまで及ぶ事もある。皮膚の衛生状態が悪い人、慢性の皮膚病罹患者、鼻腔にブドウ球菌がいる人などは、当該疾患や皮膚膿瘍を起こしやすいとされている。糖尿病の人に好発するが、免疫機能の低下、肥満、高齢、も危険因子である。原因が不明なまま、感染を繰返す事もある。Wikipedia:引用

 

表面だけを溶かしたりカットする方法は、またすぐに生えてきます。脱色は毛根のメラニン色素に働きかけるだけで、目立たないけどムダ毛そのものは残ったままです。

 

このように、様々な脱毛方法がありますが、どのムダ毛の処理法にも一長一短があることを知っておく必要があります。

 

「自分で処理をするのは面倒」「どの方法も不安で怖い」と、プロによる永久脱毛やムダ毛処理をする学生が増えています。

 

「え、学生が!?」と思われてしまいがちですが、考えてみれば、この時期の女子が一番肌の露出度も高い年頃です。気になるのは当然のことですし、永久脱毛を懇願する気持ちも理解出来ます。

 

ある女子校では、中学から高校への進学祝いで「永久脱毛」を親にお願いするという話も聞きます。学割で1万円弱だそうです。 

 

*まとめ*

「ムダ毛」と呼ばれる毛は、中学生にとってはとても厄介で煩わしいものですよね。

 

最後に脱毛の他に、そもそも生えてくる毛を減らすという方法をご紹介しておきますね。

 

少し時間は掛かっても、安全な方法が「女性ホルモン」を増やす方法です。男性でも、線が細く少し女性っぽいタレントさんなどは、あまりモジャモジャしていませんよね。

 

女性ホルモンが多い人は、ムダ毛は少ないです。女性でも肥満ではないのに胸が大きい人は、あまり脇や腕に毛がなくツルツルな人が多いです。

 

では、どうやって増やすかというと、食事です。

 

女性ホルモンを多くする食品は、大豆食品、海藻、鶏肉、サツマイモ、玄米などです。

 

男性ホルモンを多くする食品は、赤身の肉、ニラ、ニンニク、塩分の多い食事です。

 

実際にこの方法でムダ毛が薄くなったという例もあります。

 

ムダ毛は気になる。でも、中学生にあまり体の負担や経済的負担はかけられない、と考えているお母さん。まず食事で取り組んでみてはいかがでしょうか? 

 

ママの幸せと、子供さんの成長を心より願っています…
74ace2a936b42bac5c4ded4dd0c32b40_s 中学生女子は誰にも聞けない!ムダ毛の脱毛法と薄くする方法

I hope that you will have a very sweet time when you and your child can grow together.

 

 

 

-中学生 生活編
-, ,

執筆者:

関連記事

中学生女子の体の悩み|小さい胸も大きい胸も恥ずかしいんです

   中学生の女の子の悩みの1つである「胸」。   人それぞれ成長の早さが異なるため、自分の胸は大き過ぎるのではないか、逆に小さ過ぎるのではないか、と悩んでしまうんですよね。

「ムカつく」と拒否されそう!中学生の親はどこまで介入する?

    中学生のお子さんは、親に悩みを相談してきますか?   反抗期を迎えていて、言葉すら交わさない子もいるかもしれませんね。自分はどうだったかな?!振り返ってみると、思春期のお悩 …

褒めると調子に乗る子供は大人が褒め方を間違っています

    「褒めて育てる」という言葉を良く聞きますね。   親から褒められて育った子は自分に自信があり、いつも積極的でポジティブに考えることができる様になります。 &nbs …

太ってる?!思春期に体型を悩み始めた中学生向け食事管理法

  中学生になると体型を気にする子供達が出てきます。   「なかなか背が伸びないなぁ」「あの子に太ってるって言われた!」そのために、ダイエットに興味を持つ女の子も出てきますね。

性に興味を持ち始めた中学生に親からきちんと伝えたい事

  親が中学生の我が子に教えることで最も難しいテーマが性教育です。   子供達は友人や先輩から、不要な情報を耳に入れ、テレビやインターネットから間違った知識に興味を持ちます。

スポンサーリンク

*スポンサーリンク*



*大人気*おすすめの記事

 

*大人気!おすすめ記事*

なぜか母親にイライラする!中学生は母が大好きだけど大嫌い

私は子供と仲良しです。夫もですが、小学校、中学校…そして大学院の今も、買い物や食事とよく出掛けます。さすがに映画に行くことは最近ありませんが。

→続きを読む

子供を怒鳴ってしまう度に後悔!怒鳴ることをやめたいママへ

子供が言う事を聞いてくれない時、子育ての大変さを実感しませんか?子供は、何もわからない、反抗しない可愛い赤ちゃん時期から成長するに従い、自我が芽生えてきます。

→続きを読む

4歳の反抗期!すぐふてくされる子供に気持ちを伝える接し方

「魔の2歳児」と呼ばれるイヤイヤ期がようやく終わって、なんだか穏やかな育児の予感…と思っていたのも…

→続きを読む

赤ちゃんがえづくオエッが心配!吐きそうになる原因と対策

赤ちゃんが「オエッ」と吐きそうなしぐさをする事はありませんか?私の娘は、離乳食を始めてすぐの頃から…

→続きを読む

「ワンオペ育児」ママは限界!夫は、やる事が中途半端なの!

ワンオペ育児をママの生活スタイルで2種類に分けました。1つ目が、パパが単身赴任などで家に居ない…

→続きを読む

小学校受験|呑気な夫にハラハラドキドキしているお受験ママへ

日頃、小学校受験に向けて頑張っている子供さんのために、ママもパパも努力を惜しまず奮闘されていることと思います。と言いたい所ですが…

→続きを読む

赤ちゃんが急にパパを嫌がる「パパイヤ期」を乗り越えよう!

子供に嫌われてしまったと感じるパパ、結論から言うと子供はパパが嫌いではありませんよ。

→続きを読む